私のこれまで※2014年1月、本文最後に現状を追記※

こんにちは!
ようこそ、かぼちゃのおうちへ。

かぼちゃのおうちは、
ちょっぴり恥ずかしいくらいに
愛がいっぱい詰まったピースフルなところです。

ブログのアドレスは
squash (英語でかぼちゃを意味します)と
happy(これは、ご存知ですね♪)をつなげました。

とっても気に入っています。

かぼちゃへの想いは少しずつ記事にしていきますので、
ここではちょっとまじめに【私のこれまで】をご紹介しますね。
なかなかおもしろい(と自分でも思う)経歴です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Reikoのこれまで

大学で児童教育を学び、保育士資格、幼稚園教諭免許状を取得。
ルドルフシュタイナーの思想、幼児教育に強い関心を持つ。


自然豊かな環境にある障害児入所施設にて、寮生活をしながら4年勤務。
仕事は、子どもたちの衣食住に関わるすべてのこと。

おむつ替えから食事介助、幼い子の授業や調理補助までなんでもござれ。
併設のお茶室、文学館、喫茶店、美術館などでは
おもてなしの心、心地よい環境づくりの重要性など、さまざまなことを学ぶ。


学生時代からのパートナーである彼の留学、遠距離を乗り越えて結婚。


パートナーの両親が経営する幼稚園に、週1〜3程度で補助教員として勤務。
1年目はプレクラス(2歳児)、2年目は4歳児、3年目は5歳児・・・

2年目以降は特に広汎性発達障害の子との関わりを深く持ったのち
彼らと一緒に卒園し、新たな世界へ踏み出す。

(この間に、ABCクッキングスクールにて製菓マスターコース修了。シュタイナーの思想を実現する【ひびきの村】での幼児教育プログラム参加、マクロビオティックスクール【g-veggie】、川崎市やパルシステムの食育リーダー養成講座などで、食や健康について学ぶ)


結婚3年目にして、創業期真っ只中のマクロビオティックのパティスリーに就職。
お客様対応全般、スイーツ製造、スクール運営補助などに関わる。
スタッフのための自己啓発(引き寄せの法則、ストレングスファインダーなど)、成功哲学、マクロビオティックの啓蒙に熱心な一風変わった代表のもとで働く中、価値観に変化が訪れる。

直感のままに、したいことをして、行きたいところに行って、会いたい人に会う。
そうやって日々動くことで、想像していた未来が現実になって、しあわせが集まってくるのを実感。
ベジライフを送る人たちとの嬉しい出逢いが増えていく。
地元 川崎市麻生区で友人が主宰する【vege&fork market 】を応援。

そして卒業。
お店での経験がなかったらありえなかった、感謝いっぱいの新たなステージへ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かぼちゃのおうちは、
こんな私自身が私らしくいられて、ほっとできる場所にしていきます。

そんなおうちに、もしよかったら、あなたも遊びにきませんか?

あなたが公園のブランコをこいでいても、
電車で知らない人たちと一緒に揺れていても。
ふと思い出してくれたら、そこがかぼちゃのおうちです。

さあ。
ゆっくりしていってくださいね。

おいしいおはなし、はじまるよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【おしらせ】

2011年8月より、卵、乳製品、砂糖不使用(ご希望によってナッツや小麦なども対応可)のアニバーサリーケーキ(お誕生日、記念日など)の受注販売を始めました。
子どもの成長、人と人のつながりに関わる仕事をしてきたからこそ、特別な想いがあります。

得意分野は、ストーリーのあるスイーツ。
お客様から当日のお祝いに向けた想いやお名前の由来を伺うなど、丁寧なやりとりを経た上で、和やかで幸せなひとときのお手伝いができることに誇りをもって、世界にひとつだけの作品を作るようにな気持ちで一件一件、気持ちをこめて。
このスタンスに共感してくださる方からのご注文が少しずつ増えてきました。
そのストーリーは本当に十人十色で、わたしは毎回、感動と感謝の想いに包まれながらキッチンに立っています。

通常は・・・
ご近所にあるママカフェMaru。さん(助産師の丸岡さんがひらいた、プレママやママたちの集いのカフェ)にて、親子で食べられるスイーツを担当。

2011年10月より、マクロビオティック料理家 稲葉知香オーナーのCAFE KIRAKIRA(水曜、木曜のみ営業@新百合ケ丘)スタッフ。

麻生区、多摩区を元気にするフリーペーパーohanaにて、かぼちゃのおうちコラム担当。

・・・色々なことをしてきましたが、どんな職種でも自分のしたことは同じだということに気づきました。たくさんの人たちと関わりながら、得意分野を活かし合い認め合えるような、みんなが輝く場やきっかけづくりに携わりたいということ。
そのためのツールが、わたしにとってはたまたまスイーツだったのだと、今、思っています。

かぼちゃのおうち という名前は、大好きなかぼちゃのまあるくて黄色くてほっこりした忌め0時と、誰もがホッとdきるおうちのイメージを大切にしたくて、個人で活動するときにつかうことにしました。

どうぞよろしくお願いいたします。


※これまでの経験をいかして、お子様向けに託児を兼ねたおやつづくりの会、もちろん親子でご参加いただく会も可能です。また今後、同じく新百合ケ丘を中心に活動しているFIKAの戸田希さんとのスイーツビュッフェパーティ、アドベンチャー教育ファシリテーターである夫とのコラボレーションイベント(ふじかしさんちdeワークショップ)なども開催していきます。

※2014年1月追記※

【2013年の出来事】
8月・・・ オーダーケーキの休止のお知らせ
9月〜11月・・・ 夫とともに米国カリフォルニア州サンフランシスコ郊外の日本語保育室にて研修、サポートをする 人生初の海外生活で大きな自己変容を体験する オーガニックのアンテナが高いサンフランシスコ周辺の様々なファーマーズマーケット巡りをする 
12月・・・ 帰国 オーダーケーキの終了を発表 【かぼちゃのおうち】の屋号とブログは継続

【2014年の出来事】
1月・・・ これまでの「サービス提供者」という立場上書き控えていたことなどもその必要がなくなったため、「表現者」として自分のアンテナにひっかかったものをすべて記事にし始める 
[PR]
by rapisblue2 | 2011-06-17 22:40 | プロフィール
<< 「好きなこと」の、好きなぶぶん