天然の微炭酸ジュース

cafe utokuさんで酵母トークをして、すっかり酵母の面白さにはまってしまったわたし。

先日、梅干しと梅ジュースを仕込んだあとに、熟しすぎていたり傷があったりしてはじいた梅で、
酵母液を仕込んでみました。

梅、水道水、はちみつ。

しばらく冷蔵庫に入れていて変化がないように見えましたが、
ぷくぷく・・・と泡が出ているのに気付き、室温に出してみました。

そしてそのまま外出し、夜になって帰宅したら、このような状態に!!
d0236399_95268.jpg
とはいえこれは落ち着いてからの写真です。

蓋を開けた瞬間は、ぷしゅー!!しゅわしゅわしゅわもくもくもくもく・・・
慌てて、近くにあったマグカップを受け皿にしましたが、けっこうな量があふれたようです。
でも、すご〜くいい香り・・・うっとり。
思わず、氷を入れてそのまま飲んでみました。

!!!

目をぱちくり。

お、お〜いし〜・・・!!!

舌の上でしゅわしゅわ、ほんの少しだけどパチパチ弾ける感じ。
まさに天然のサイダー!爽快!

普通の炭酸飲料は、添加物やお砂糖もたくさん入っているし
炭酸がきつすぎて鼻が痛くなってしまうので子どものころから苦手なのですが、これならおいしくいただけます。生きた乳酸菌もいっぱい。
こんなに簡単でおいしくて身体にも良いのなら、もっとたくさん仕込めばよかった〜と思いました。

そして翌日。
酵母のことをもっと知りたくて・・・2冊購入してしまいました♪

ウエダ家 【あたらしいごはん】【ウエダ家のえがくスープ】

どちらも、とても素敵な本です。
酵母にも、自分にも、愛情が湧いてきます。

とくにわたしは スープをえがく という表現がとても気に入りました。

そうだよね。

料理が得意とか不得意とか、よく言うけれど、
ほんとうにおいしいものは人が作ったり決めたりするのではなくて
もう最初からそこにあるということ。
自然界には、調和=おいしい という方程式がすでに存在していて、
それに気づけるかどうか、なんですね。

偶然にも、最近このようなことを言っている人が、近くに2人いました。


こういうスタンスで土を耕し、キッチンに立ち、食べることができる人生。

ゆたかだなあ。
by rapisblue2 | 2011-07-15 09:24 | おいしい!
<< 焦がしねぎとかぼちゃ いちばん >>