キャラクターケーキ集合しました

【お知らせ】
8月は、現在ご注文、お問い合わせをいただいているお客様をのぞいて、
ご注文を締切らせていただきます。

※プチスイーツを提供させていただいているママカフェMaru。さんは9日からお休みです。かぼちゃのおうちは4日から8月末まで基本的にお休みです。

なお、お問い合わせは、引き続き承ります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


最近のキャラクターケーキをご紹介します。

トトロのケーキ。
まっくろくろすけもいます。
パパのお誕生日でしたが、お子様も一緒に楽しめるケーキということで、トトロのケーキになりました。ご主人もお子様も、おおーっと喜んでいただけたそうです。
d0236399_20414628.jpg

トトロは、ちょっと間違うとかなりこわい顔になってしまうので(笑)、緊張しました!
※ご希望によりお名前部分を修正しています。


プーさんのケーキ。
大人気キャラのプーさんなだけに、参考となるイラスト画像は計り知れないほど出てきます。が、かぼちゃのおうちのケーキのイメージと合うプーさんは、なかなか見つからず・・・
こんなキュートなイラストに出逢えた時は、とっても嬉しくなりました。
d0236399_20412516.jpg

リピーターのお客様で、2種類のクリームたっぷりをご希望でした。
お客様より:「かわいいプーさんに娘は大喜びし(中略)、キャロブとバニラのクリームが、リクエスト通りたっぷり入っていて、スポンジもクッキーもフルーツもそれぞれにおいしくて、大満足でした。まずは見た目で盛り上がって、食べてみて、これが豆腐?チョコも使ってないの?と驚きの声で、楽しいバースデーの演出に一役買ってくれました。」


くまさんと女の子のケーキ。
くまさんと女の子、あとはお任せで!と、細かい指定やご相談はなかったものの、お渡し後「イメージぴったりでした!」と喜びのお声をいただき、ホッ。
キャロブ生地のふんわりくまさんは、頼りがいがありそうでしょう?
d0236399_20405523.jpg

お客様とは、青葉台のウィズの森前に出店されている【リアルフード森の扉】さんにお買い物に行った時にお会いし、お話させていただいたのがきっかけで、お嬢様のお祝いのご注文をいただきました。こういう出逢いって、嬉しいですね。
※ご希望によりお名前部分を修正しています。


サリーちゃんのケーキ。
お子様のお名前とかけて、あの魔法使いサリーちゃんをケーキに!とのご要望。カラフルに、夏らしく、お花のイメージ・・・などのリクエストがあり、側面にはひまわりのモチーフも。
このような試みは初めてで(いつも初めて尽くしではありますが笑)、緊張しましたが、終わってみるとまた新しい世界が広がっている楽しさ。自分自身も子どもの頃に見ていた懐かしのサリーちゃんということもあり、お受けして良かったです。
d0236399_20402169.jpg

お客様より:「家に帰ってケーキの箱を開けたら、あまりの可愛さにビックリ!感動です!!(中略)味もとても美味しく、主人も市販の生クリームケーキよりも美味しいとバクバク食べてました。
娘もクッキー・クリーム・フルーツを美味しそうに食べ、素敵なお誕生日を過ごす事が出来ました。
本当にありがとうございました。」

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

色々なリクエストによって、確実に成長させていただいている、かぼちゃのおうちです(笑)。

キャラクターのご依頼も増えてきましたが、私なりにポリシーがあります。

それは、まず第一に、見た目がケーキとしてとして美味しそうであること、もちろん美味しいこと。
第二に、誰が見てもそれとわかり、愛らしい姿であること。
第三に、キャラに無理して自分が合わせるのではなく、あくまでも、かぼちゃのおうちの世界に、キャラを連れてきて、仲良く共生してもらうこと。

特に具体的なキャラ指定の場合は、参考にするイラストの選別に最も時間をかけます。

私は食紅やお砂糖などをたくさん使った人工的なカラフルさで、忠実にキャラを再現することには興味がありません。お客様のお口、そしてお身体に入ることを思うと、できないのです。
それはケーキではなく、紙にペンや絵の具で描ければというのが個人的な思いです。
(たとえば空や海を表現したい時に、絵の具なら迷わず青を使いますが、ケーキでは使いません。身近な青い食材がないからです。また、あったとしても、青いケーキは美味しそうに見えないので作りません。)
これだけは譲れないなあと思う部分です。

あくまでも、自然で無理のない形で、しかも小さなお子様が召し上がるとなるとさらに限られた原材料になります。
でも、使えるものをフルに生かして、色や質感の表現など、どこまでできるだろうか・・・
そうやって新しい可能性を考えることが楽しさであり、やりがいでもあります。

こうした想いに共感してくださる方の応援メッセージも、いつでもお待ちしております♪
by rapisblue2 | 2012-07-24 21:42 | お知らせ
<< おとながこどもにできること 愛がいっぱいのケーキたち >>