<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

菜食美麺vol.2 玄菜麺×ハワイアン1日目ありがとう!

昨日は、第二回目の玄菜麺PRイベント、一日目でした!
これはレポートというより、個人的な感想、印象に残ったことのメモです。
新鮮なうちに。

●人のあたたかさ、つながり
朝、第一号のお客様は、施設勤務時代の同期!
静岡で出逢い、一緒に4年働いた後、私は結婚し新百合ケ丘へ。彼女は海外青年協力隊でウガンダへ。帰国後、落ち着いた場所は、なんととなりの柿生でした。
連絡をもらったときは本当に驚いたものです。今は養護学校の教師をしています。
まさか、退職数年後に こんなところで、ラーメン食べながら語り合うなんて・・・当時はみじんも考えられなかったこと。ただただ感慨深く、うれしかったです。
新百合ケ丘OPAにはよく来るのにハートリーフには初めてとのこと。とても美味しい!と、ゆっくり味わっていました。ロミロミマッサージは感動ものだったようです。


桜上水のオーガニック七菜に勤める友人も、仕事の前に遊びに来てくれました。
彼女自身マッサージをする技術を持っていて人にやってもらったのは久しぶりだったそう。ほわあー♪と緩んだいい顔をしてマッサージブースから出てきたのが印象的でした。
何も言わなかったのに、本棚から手にとり読んでいたのが、私が特に大切にしていた本だったのでとても嬉しかったです。寄付したのは、ステキな本だから自分だけじゃなくたくさんの人に読んでほしかったから。いきなり、感受性の高い彼女に読んでもらって幸せです。
お店のパンフレットをハートリーフに置いていってくれたのですが、夕方には残り数枚になっていました!
皆様、やはり自然食品への関心が高いのですね。


おなかがすいたので、焼き菓子で出店していたあんこときなこのあんこちゃんと一緒に、並んで玄菜麺をいただきました。
今までも何度か会う機会はあったものの、ゆっくり話せたのは初めて。
ほんわか×さばさば感が絶妙で、自然体で。話していて心地よい女性でした。こういう出逢いって本当に嬉しいなあ。住まいは千葉かと思っていたら実は近いことが判明♪また会いたいです。


前日、東銀座のアインソフでの交流会でご一緒した松田さんも、かわいいお嬢さんと一緒にさっそく来てくださいました!
お嬢さんは、昨日設置したばかりのフリーノートに、色々お話しながらイラストや文字をたくさん描いてくれましたよ。イベント後にそのノートを見たスタッフの頬がゆるみ目尻が下がっている光景は、ほんとうにあたたかく、じーんとするものでした。


何年も文通をしていて結婚してからよく会うようになった友人も来場。
彼女はアメリカ、タイ、韓国と経て帰国。都内の大学で日本語教師をしています。
とてもとても友達想いで、丁寧でやさしい。会うとホッとします。
いろいろな話をしているうちに、イベントのチケットの【massage】という字を見て、「aがeだったら【message】?」と気づいて、ふたりでちょっと興奮。あの瞬間を共有できたのが彼女だったことは、私にとってとても意味深かったです。
話が思わぬ展開になり、ふたりで涙しちゃったりなんかしました。熱い涙でした。

3月のVege&Fork Marktで知り合った、フラワースタイリストの小野みほこさんご夫妻も来場。
最近、お会いしたい気持ちが高まっていたのもあってうれしくて、気づいたらどっぷり話し込んでいました。ブログについて、好きの本質について、人生のタイミングについて、思いもよらず原発や自然エネルギーに関することまで。同じものを食べたり飲んだりしながらだと、心の距離がぐっと縮まるような気がします。夕方の時間があっというまでした。


他にも、Vege&Fork関連のイベントの常連さんや、新百合ケ丘をはじめ各地でパフォーマンスをしているひぃろさん、百合丘の妊婦さんや子育てママの憩いの場、Maru。の丸岡さん、もちろん、たまたま通りがかりで入ってきてくださった方など・・・
ひとりひとりのお客様に支えられているんだなあということを、しみじみ感じた一日でした。


寄付した本が読まれている嬉しさ
私が寄付させていただいた本の中に、特別思い入れのあるものが数冊あります。
それをお客様が手にとり、それぞれの時間を過ごしていらっしゃるのを目の当たりにすると、内心「ひゃっほう!」です。ほんとうに嬉しいです。
古本屋さんに売ったら、その時点でその本との縁は切れてしまうけれど、ハートリーフさんに置かせてもらうことで、さらに本のパワーが育っていくのを感じることができる。かなりマニアックな楽しみを見いだしてしまいました(笑)。きっと、本たちも喜んでいると思います!


かぼちゃのれいちゃん
朝、ハートリーフに「おはようございまーす」って入っていったとき、オーガナイザーのトッティに「かぼちゃのれいちゃんだ^^かぼちゃのれいちゃん^^」と言われたのが地味に嬉しかったのでした。


はっとした一言
夕方、ものすごい豪雨になり、なんとなくみんなが帰宅の心配などをして不安げな空気感の中、トッティが明るく「夏っぽくていいね」と言ったのがすごく印象的でした。同じ物事でも捉え方によって人生が変わるって本当だなと思います。


自分のビジョンを聴いてもらう
私はたまたま車で来ていたので、戸田夫妻をお送りしました。その時、なぜか話したくなって、今思っていることこれからのこと、ふたりに聴いてもらいました。ありがとう。
キーワードは地元密着。私はまだまだ甘いというか、ベジというくくり任せなところがあったなと思います。ベジの輪をつなげ広げる。その種まきや水やりはしてきたと思うけれど、実は土づくりがまだまだだったな、という実感です。視野を広く持とう。客観的な視点が必要。
じわりじわりと、私らしく!


ハイビスカスの3人娘
娘って言わせてもらって良いでしょうか!!
のんちゃんが、ステキな髪飾りを作ってくれて、あんこちゃんとのんちゃんと私と、おそろいでハイビスカスをつけて記念撮影しました♪


フレッシュなスムージー
濃厚でトロピカルだけど甘すぎず、ほんのりミントでさわやか!!お願いしたら、一回ずつその場で作ってくれました。今日もまた飲んじゃおうかな〜♪

米粉の焼きドーナツ
店主自慢のムームードーナツ。
アロハショコラ、ハワイアンナッツ、ソイミルクの3種類!
ハワイアンナッツは、このイベントのために店主が開発。マカダミアナッツのつぶつぶクランキーな食感、とっても美味しかったですよ!!
米粉のよさが存分に味わえる、やさしい甘さのヘルシードーナツです♪


ロミロミマッサージ
私はマッサージ券だけ今日に繰り越したので、今日これから受けるのがとっても楽しみです。
何しろ昨日のお客様は皆さん本当に気持ちよさそうだったので!!
ハートリーフの店内は、イベント中に限りハワイアンテイストの布でカーテン風にして仕切り、マッサージブースをつくっています。
ラーメン食べてる横でマッサージ?!というとちょっと異様かもしれませんが、心地よいハワイアンミュージックも流れる中、マッサージブースは独立感があって落ち着いて受けていただけているようです。


さてさてもうすぐ2日目が始まります!
今日はどんなお客様がいらっしゃるのか、とーっても楽しみです。
by rapisblue2 | 2011-07-31 10:58 | お知らせ

菜食美麺vol.2 玄菜麺×ハワイアン♪です!

今週末です!いよいよ、第二回目の、玄菜麺PRイベントです!!
詳細お知らせの前に・・・
ぜひ、読んでいただきたいことがあります。
d0236399_9321813.jpg


玄菜麺とは、玄さんが開発した究極のベジラーメン!
私は特に【豆乳玄菜麺】がお気に入り。コクがあって本当に美味しいスープなんです。
このスープを残すのがもったいなくて、雑穀ごはんも追加してしまうことが多い・・・。

こんなに美味しいのに確実に他のラーメンと違うのは、あっさりとした食後感。
そして、まったくもたれません。感動です。
その秘密は・・・? 以下、玄さんのホームページからです。↓↓

動物系素材はもちろん、魚介系素材も一切使用せず、野菜の旨みだけで構築したラーメンです。
[開発秘話]
きっかけは、BSE問題でした。
畜産系素材の安全性に疑問を感じていた時期にBSEの問題が発生し、野菜だけでラーメンをつくるということに挑戦しなければと強く感じ、その後、永い歳月を費やして開発を続けました。
たまたま覗いたマクロビオテックのメーリングリストで、ラーメンが話題になっていたため、「野菜だけでも、ラーメン作りは可能なり」と宣言してしまい、本格的な研究をすることになりました。
MLを介して、多くのマクロビオテック関係者から、野菜だしの方法について情報提供がありました。福井の料理研究家のあい先生が、夜を徹して、「重ね煮」の調理方法を伝授してくれたことを感謝しています。
野菜だけでも充分にコクのあるスープが完成した時は感動しました。
完成当時、全国からマクロビオテック関係者が来店、「玄菜麺」の誕生をともに祝ってくださいました。

↑↑引用ここまで

・・・では、玄さんとはどんな方なのでしょうか? 以下ホームページより引用↓↓

私は、化学調味料に異常反応してしまう体質で、カップラーメンはもちろん、化学調味料漬けのラーメンを食べることが出来ません。生活のためとは言え、自分で食べることすら出来ないものを、日々、お客様に販売するのはつらい仕事でした。
いつの日か、自分が食べることが出来、自信を持って、人に提供できるラーメンを作りたいという思い、そんな小さなお店を持ちたいという夢を、常に持ち続けていました。


引用ここまで↑↑

アトピー患者でも食べられるラーメンをと全国の生産者を訪問して研究開発し、採算度外視ですべての原材料をオーガニックで作るなど、これまで様々なチャレンジを続けていらっしゃる方です。
昨年NPO法人「GEN Natural Factory」を設立され、 石神井の「玄菜院」にて研究開発が続けられています。

新百合ケ丘OPAのハートリーフは、この玄さんの玄菜麺をいつでも食べられる数少ないお店!!
【魅惑の女子ラーメン】として女性誌に掲載されたり、ラーメンマニアの方々の中でも話題になったりしたあの玄菜麺をミニサイズで気軽に味わえるチャンスが、明日、あさっての2日間です。ハワイアンマッサージやフレッシュジュース、米粉ドーナツをセットでお楽しみいただけます。
(もちろん単品でもOKですし、通常サイズや他のメニューもお召し上がりいただけますよ♪)

さらに、乳製品・卵・白砂糖なしのほっこり美味しいハンドメイドスイーツの販売(土曜のみ)まであるという、盛りだくさんのステキすぎるイベントです♪

・・・いかがですか?行きたくなってきましたか?
私は書きながら、もう〜ワクワクうずうずしています!間違えて今日行っちゃいそうなくらい楽しみです(笑)。

ではでは、お待たせしました!詳細です。

●菜食美麺 Vol.2
日時:2011年7月30日(土)31日(日)
場所:新百合ケ丘オーパ B1 ハートリーフ
時間:11:00〜17:00
料金:1,500円で4点セット!がおすすめ。
内容:ハワイアンマッサージ(15分)+ミニ玄菜麺、フレッシュジュース+米粉焼ドーナツ(1個)

☆1,500円パックではない場合
ハワイアンマッサージ(15分:1,000円)
ミニ玄菜麺(これは300円)
フレッシュジュース(1杯:300円)
米粉焼ドーナツ(1個:150円)


●なぜ、ハワイアンなのか?・・・夏だから♪そして、ハートリーフの元気な店主、窪谷さんがハワイ好きだから♪です。

●ハワイアンマッサージは、ロングライフロミロミ!caascocote(カサココテ)さんなど♪

●フレッシュジュースは、おなじみFIKAの戸田希ちゃんです!

●米粉焼ドーナツは、店主、窪谷さんのムームードーナツです!

●ヘルシースイーツは、こちらもファンの方が多いあんこときなこが出店します!


1500円チケットは2日間有効なので、お好きなタイミングでお使いいただけます。
まず玄菜麺食べて、ちょっとお買い物して、戻ってきてマッサージ。そしてジュースを飲んで、おみやげに米粉ドーナツ!
といった楽しみ方はもちろん、全部一気にでもOK、マッサージだけ2日目にとっておく、もOK。

今週末はお天気もパッとしないようですが、そんな時こそハートリーフで楽しんじゃいましょう♪
ご家族、お友達をお誘い合わせの上、ぜひご来場くださいね。
私も当日たくさんの方にお会いできるのを、心から楽しみにしています!!


〜おまけ〜
●ハートリーフでは、ブックカフェ計画をすすめています。
読み終わった本や雑誌など、寄付していただけるものがある方は、ぜひ当日お持ちください。

●玄菜麺にのっている野菜は、相模湖近くで無農薬栽培されている野菜です。一般流通しておらず、レストランなどに卸すのみの美味しい野菜たちですが、どっさり送られて来ると、特別にハートリーフでもお客様向けに販売しています。
不定期になりますが、ぜひチェックしてみてくださいね。

●お教室、お店などのチラシ、ショップカードなどを置くスペースを設けています。ハートリーフにご来店のお客様が、また新たな美味しいものやステキな場所の情報を得て、つながっていくきっかけになればと思いますので、チラシ設置ご希望の方はお知らせください。

●今回のイベントのチラシを設置してくださったお店
cafe utoku
cafe AKARI
玉川珈琲倶楽部
明日葉
ナッチュ
MARU。

(現在私が把握しているもののみ.わかり次第追記します。ありがとうございます!)

●日程的にぎりぎりで設置はお願いできなかったものの大変興味を持ってお話を聞いてくださったお店など(vege&fork marketへの出店もお待ちしています!)
bio table mocha
せたがや縁側cafe
オーガニック七菜
m's natural foods studio
kiRiEクラブ

ありがとうございます!お話とっても楽しかったです♪

今後もvege&fork のイベント開催の際、チラシを置いてくださるお店やお教室、配ってくださる方などを随時募集しています。
by rapisblue2 | 2011-07-29 09:30 | お知らせ

だいすきな話

先月フルタイム勤務を退いてから、夫に「いってらっしゃい」「おかえりなさい」を言えることの幸せを噛み締めています。
以前の生活に戻ったといえば戻ったのですが、感じ方が違うのです。
夫婦が朝と晩の短い時間だけでも一緒にいられる『当たり前』がどんなにステキなことか・・・毎日、毎日、ありがたいなあと感謝の気持ちいっぱいです。
最近は、夫が眠ったあとにも ありがとうね〜 と頭をなでなでしたり、彼の手を自分の手でサンドイッチして 明日も元気でありますように〜 と念じたりしています。
されるがままの夫、もごもご言って動くので、実は眠りをさまたげられていないとも限らないですが(笑)!

さてわたしは、夫が仕事から帰って「ちょっと聞いて聞いて。今日さあ〜」と話してくれることがだいすきです。

☆夫はこんなことをしています。→R2のアドベンチャーの素

昨日は、小学4年生の3日間のサマープログラムの最終日。
語りきれない、いろいろなドラマがあったようです。
その中のほんの一部を聞かせてくれたのですが、わたしはすっかり感情移入して涙があふれてきました。
キラキラした目で嬉しそうに語る目の前の夫の純粋さ、その偉大さにも感動したし、
その出来事によって 小学生とその保護者がどんな気持ちになったかを想像するとたまらなく幸せな気持ちになりました。

よかったねえ、よかったねえ!!
うるうるうるうる・・・・☆☆☆ という状態。

もうこうなると、見ず知らずのその小学生を妄想の中でハグしたくなるほど、満ち足りた気持ちになります。

本当にすばらしいお仕事。
本人はとても謙虚な人だし、ふつう身内のことはちょっと卑下して言ったりするものかもしれないのですが、私は本当に心から彼を尊敬しているし、彼と関わる人たちはとっておきのギフトをもらえるはず、と信じています。
これからもたくさーんの人との出逢いがあり、彼のファシリテーションの心地よさを感じてもらう機会がどんどん増えますように♪
by rapisblue2 | 2011-07-28 08:02 | だいすきパートナー

お呼ばれランチ!

先日、仲良しさんの 戸田希ちゃん(以下のんちゃん)のおうちで、ランチをごちそうになりました。
わたしの大好きなパンプキンスープ作ってくれて感激!
スプーンがとまらないの。おかわりしちゃいました!
d0236399_7542994.jpg

お互い結婚して新百合ケ丘に越してきてから地元で知り合って、まだ2年半くらいなのですが・・・
出逢った瞬間わたしはビビビ!と来て、ぜったいに仲良くなりたい!と からだの底からわき上がるエネルギーを感じました。今思うとあれは恋心に似ていたかも(笑)。

出逢って日が浅い頃は、待ち合わせして彼女と会うとなると、もうウキウキしちゃって、まるで片思いが実ってデートしているような心持ち。

いろんな話をしているうちに、お互いの家族構成や、夫のこと、身体的な悩み、興味のあることなど、共通点がわんさか出てきて、親近感UP!!

今ではとーっても信頼している、何でも話したくなっちゃう、たいせつな大好きなお友達です。
わたしがマクロビオティックのパティスリーで週6日、朝から晩まで働いていた期間も、彼女の存在に何度助けられたかわかりません。
疲れきっていても地元だから気軽に会えたし、会えばいつもやさしい笑顔に癒され、別れぎわの握手やタッチ、ハグなどでパワーを充電することができました。


わたしは、こういう友達がほしいなあ〜・・・と、ずいぶん前から想像だけはしていたんです。
高校生くらいの時から!!

ヘルシーなお料理やお菓子作りが好きで(できればわたしよりずーっと経験があって上手なの)、
食べるのも好きで(おいしいもののためなら遠くにでも行っちゃうくらい)、
カフェや雑貨屋さんめぐりが好きで、
一緒に出かけたり 作ったものや出先で見つけた素敵なものを日常的にプレゼントし合い、
体と食べ物の関係について語り合ったりできて、
ほわんとしてるけど芯はしっかりしていて、きれいな子!
   ・・・まさにイメージぴったり♪

そんなすてきなのんちゃんの手料理です。

●キヌアときのこのブルスケッタ
●パンプキンスープ(冷製)
●コーンパスタの切り干しトマトソース
●枝豆と海苔のペペロンチーノ
●フルーツマチェドニアとレンズ豆〜豆乳アイス添え〜
d0236399_8201693.jpg

d0236399_8321358.jpg

d0236399_833389.jpg

パスタは熱々のものを目の前で盛りつけてくれるし、他に、美味しい天然酵母のパンも2種類ありました。トゥルーシー(インドでよく飲まれている、デトックス効果の高いバジルのお茶)やたんぽぽ茶などもたっぷり用意してくれていました。
自然体でさらりとおもてなしをしてくれる姿に、ホレボレしちゃいます!

ほんとうにどれも素材の味が生きていて美味しいし、食器や盛りつけもステキ。
見るだけで胸がいっぱいになるくらいでした。

この日は、もうひとりゲストがいました。
彼女は、のんちゃんが主宰するvegeyogaというワークショップで託児をしています。
わたしもその週末に一緒に託児をすることになったので、顔合わせという意味もこめてランチをセッティングしてくれたのでした。
歳も近いし、まだ子どもがいない主婦、元幼稚園教諭ということで話も弾み・・・
ゆったりのんびりとした幸せなランチ!

おかげさまで、週末の託児の際はお互い「おはよう〜♪」とリラックスして臨むことができました。
子どもたちには、やっぱりこちらの心のリラックス度、心の状態が伝わっていきます。
大人のチームワークはとっても大事ですよね。
ひさしぶりに保育士魂が目覚めた数時間。人様の子ですが本当にかわいいし、楽しかったです。
8月21日(日)も、託児担当させていただきます♪

vegeyogaについてはこちら
(ヨガ担当の浜田里佳先生のブログです)

のんちゃんのパートナー、戸田耕一郎さんのブログもぜひご覧ください。

のんちゃん、トッティ、いつも本当にありがとう!!



※おまけ※

どんな友達がほしいか、という質問の答えを、できるだけ具体的に箇条書きすると良いそうです。では、そのような人にどうしたら出逢い、親しくなることができるのか、ですが、自分自身がそのような人になれば良いのだそうですよ♪

確かに、結婚前までのわたしは、こんな友達がほしい!と思っていながら、自分は全然違うことをしていました。
からだ、こころ、たべもの
この3つの関係について考えるのが好きだったのに、家ではそんな本ばかり読んでいるのに、
そのことを人に隠していました。
同世代の友達はきっと興味がないと勝手に思い込んでいたからです。
福祉の現場には持ち込む隙のない別世界だと思い込んでいたからです。

休みの日にお菓子屋さんやパン屋さん、お教室に行くのが好きで、実はこれが仕事だったら素敵だなーなんて本心には気づいていたけれど「そんなこと言ったって今さら・・・」とフタをして、パティシエさんや先生を憧れの目で見つめている日々でした。

でも、わたしはこういうことが好きなのー!!って表現していったり
周りを驚かせながらもマクロビオティックの飲食店という世界に入ったことで、
お客様から「憧れだったんです!」と言っていただく立場になり・・・
叶った夢を生きているんだなあと実感できたことは、わたしの何にも代え難い体験となりました。

自分にできるはずない。
もうそんな歳じゃない。

・・・できない理由を並べる時間があるなら、やってみる!

これが、今のわたしのモットーです。


(そうそう、当時のお客様から、仲良しの友達になった人もいるんですよ♪彼女についてはまた今度、ブログで紹介します。)
by rapisblue2 | 2011-07-27 10:06 | ステキなおともだち

かぼちゃひこうせん ぷっくらこ

出逢ってしまいました♪
d0236399_1803536.jpg


【おおくまくんとこぐまくんは、なかよし。なんだかわからないけど、うえてみたたねから、おおきなかぼちゃができました。かぼちゃへひっこしして、うみへ、そらへとたのしいたびがはじまります】
【詩人L・ヘルシングと国際アンデルセン賞受賞画家のS・オットーによるこの作品は、幼い子どもたちに楽しい夢を送り、“かつて子どもであったおとな”の読者には、人生の哲学をも語りかけ、長く愛される絵本となるでしょう。】
 ・・・以上、背表紙より・・

別の用事で古本屋さんに行って、ふと かぼちゃの本あるかなあ・・・と絵本コーナーの前に立った瞬間に見つけました。探すというほどのことはしていないのに見つかったので、それはもう嬉しくって嬉しくって!
この子はわたしにところに来るために待っていてくれたんだ!
と思わずにいられませんでした。
日本での初版は1976年。わたしが生まれる前からある絵本ですが、30年生きてきて初めての出逢いです。


[おおきなくまは きんいろの ちいさなくまは ぎんいろの]

何度も出てくる韻を踏んだところは、愉快な気分にさせられます。

そして上記のとおり、大人にとっては人生の哲学教科書にも感じられます。
深い。かなり深いです。
こぐまは感受性豊か。見えたもの、感じたことをそのまま純粋に言葉にします。
おおぐまは、どんな状況においても動じることなく、目の前にあるもの、起きていることを受け入れ、いかに自分たちのチャンネルを合わせて過ごしていくかということに、驚くほど長けています。

ごちそうの中に種が入っていれば、植えてみる。
雨が降っていれば、「あめも また たのし、かささせば・・・」
たねを植え終わったら、「これでよし。もういちど、ごはんをたべよう。こぐまくん。」
おばけかぼちゃが成長して屋根にのしかかってくれば「ひっこしだ。ひっこしだ。」
あらしの夜に海に吹き飛ばされれば「こんなときは つりにかぎるぞ。こぐまくん。」

...と、ずっとこんなふうにお話がすすんでいくのです。
怒らないし、何を責めるわけでもない。困って悩むこともしない。

そして最後のページは・・・
まさに、まさに、名言としか言いようがありません。
参りました。言葉が出ません。

海外の絵本だけれど、日本語訳者の奥田継夫さん、木村由利子さんには心から敬意を表します。
日本語が、ほんとうにきれいだと思います。


☆ブックオフ新百合ケ丘店。定価1214円+税を→150円にて購入
わたしのところに来てくれて、ありがとう!
by rapisblue2 | 2011-07-22 18:37 | 絵本のせかい

元気が出る色!

d0236399_0295790.jpg

イエローズッキーニくんとオクラさん。
(幼い男の子と、やさしい30代女性のイメージ、親子・・・ではないかも笑)
黄色・白・緑。それぞれが相手の色を引き立てあっていますよね。
とっても素敵な関係です。



最近、いい感じです。たとえば、

フランス映画を観た翌日、入ったお店にフランス人の親子がいて、うれしい余韻。

お呼ばれして、友人の美味しい手料理をごちそうになる。なんとかぼちゃスープを作ってもらう!
(別でアップします♪)

行きたい、やりたいと思うことがブッキングしない。きれいにすとんと予定が立つ。
決めていた日程を変更した直後、空いたところに別の話が舞い込むなど。

以前からなんとなく、こうなるかなあ、こうするのかもしれない、とイメージしていたことが
実現に向けて動き出した。しかも自分は全然探そうとしていなかったのに、必然的に、導かれるかのように、ものすごく自然な流れで。(表面的には唐突かもしれないけれど、自分ではとてもきれいなストーリーになっている)


受け止めて流す、受け入れて循環させる、が、すこしできるようになってきたかな。
物事、出来事にたいして、良い悪いではなく、【わたしがときめくか、そうでないか】でスムーズに整理していけると 
引き寄せた〜♪ということがたくさん起こるようになってくるみたいです。
そしてそれが続くと、ますますときめきセンスが上がっていく気がします。
by rapisblue2 | 2011-07-22 01:33 | 彩り

cafe AKARI

下北沢の駅からすこし歩いた、落ち着いた住宅街の中にあるcafe AKARIさん。
元気でお話好きな店主が笑顔で迎えてくれます。初めて行っても、まるで親戚の子を迎えるかのように。そう、ちょうど親と同世代かもしれません。
小さなお店ですが、わたしは最初からすっかり安心して、リラックスしておしゃべりしながら
ごはんが出て来るのを待ちました。
その時間の、しあわせなこと・・・!

てきぱき準備しながら「待っててねー、さてどうしよう、ぜんぶ盛れるかな」
味見しながら「うん、美味しい!あー幸せ!!」
思いついたように「時間大丈夫?急に、餃子も出してあげたくなっちゃったんだけど、待てる?」

といった様子。
まったく飾らないし、ひとり言だったり会話だったり、お話がやむことはなく、明るくてあったかい風がどんどん吹いてくる感じ。

他店のチラシ、ショップカードなどが置いてある棚を見れば、
それらが挟んである木製のクリップひとつひとつに
「ありがとう!」という文字。黒ペン、手書きで書いてあります。

つい先日、「ありがとう」という言葉の持つパワーについてたくさん書かれていた本を読んだばかり。目の前に、まさにその大きなパワーを味方につけている女性が現れた!と内心とても嬉しく、にやけてしまいました。

植物性原材料のみの食事メニューは、店主のきまぐれ、日替わりのごはんセットのみ。
和食だったりエスニックだったり、いろいろみたいです。
ドリンクは工夫のあるものが色々あります。

わたしがいちばん感動したのは、無駄を出さない飲食店を意識されているということ。

お客さんが少ないとき、どうしても玄米ごはんが残ってしまう。
店主はひとり暮らしなので、頑張っても食べきれず、廃棄・・・それが開店当初はとても苦しかったんだそうです。
そのため、めん棒でよくのばして乾燥させ、揚げてチップスにしたものを洋風メニューの時に添えるなどの工夫をしたそうですが、今はほとんどすべてを自家製発酵で甘酒にしているとのこと!
(もちろんお砂糖は使っていない本物の玄米甘酒です)

甘酒にすれば長くもつし、ドレッシング、ドリンク、お菓子などにも使えてしまう。
これで、廃棄が格段に減ったというか、ごはんに関してはゼロ。
メニューを増やさず日替わりセット一本に絞っているのも、おひとりで大変だから、というだけではなく廃棄をなるべく抑えるためもあるそうです。

「食事を出すお店で、これだけゴミが少ないところはないと思う」
・・・その言葉には、誇りと愛とを感じました。

「うちのお客さんはみんな輝いてるの!」
「光のレベルが高いのよ」
というのも、店主ご自身が引き寄せているに他ならないと思います。

そんなすてきなお店。
ぜひ、すてきなお客さんとして立候補して行ってみてくださいね。
by rapisblue2 | 2011-07-19 21:58 | お気に入りのおみせ

つながりアート

夫が買ってきた古本、おもしろそうだったので先に読んでしまいました。
d0236399_20263859.jpg

となりのかぼちゃは追熟中ですよ♪


わたしは著者にお会いしたことはありませんが、
なんとなくわかるような気がしました。

というのも、わたしのメンター(元上司)が言っていたことと重なることがとても多かったからです。

この本に書いてあることはすばらしい。
ただ読後感としては、
著者よりも上司への尊敬の念を強くした、
そして、そんな上司に恵まれたこの1年が、わたしの人生にとってどれだけ大きなものだったかを再認識した、というほうが的確かもしれません。

上司は、こういった法則のようなものを、体現している人なのです。

あらゆる問題解決をし、アイデアを出し合い、お店を動かしていく過程を彼とともにやらせてもらった経験の数々は、言葉では表しがたいものがあります。

あえて法則という言葉を使うのは避けますが、これらはわたしがどんなに歳を重ねても時代が変わろうとも生き続け、助けとなっていくでしょう。
以前と比べ周りが変わったように感じることが多かったですが、自分の価値観が変わったのだと思います。


ほかに一冊、読み途中のかなり面白い本があって、実はこれも夫が買ってきたのに横取りして先に読んでます。(ごめんね)
とっても読みやすくて、あと少しで読み切っちゃいそう〜!というところで、
思いがけずストップがかかりました。

自分が生まれてから大人になり現在に至るまでの、人生の節目の良い出来事、印象的なものを書き出す、できれば100個!というワークがあるのです。
実際、著者のそういった出来事が、事細かに2ページにわたって書いてありました。
素敵でした。
で、あなたも書いてみましょうと。

でも読み進めたいので、「うんうん、あとで書こう」と思ってページをめくったらですね。

「今、あとで書こうと思ってページをめくろうとした人。ほんとにちゃんと、今すぐ本を置いて、書いてくださいね」

といったメッセージが!!
み、見透かされた・・・(苦笑)

うーん、それでも、やっぱりあとにするよ〜とちらりとめくろうとしたら、
念押し。「書かないうちにこの先を読むと弊害が起こります」

えー(泣)

まじめなわたし?は覚悟を決めて、その場で本をぱたんと閉じ。
4日たってから、やっとそのワークにとりかかりました。

思い出せば早いかな〜なんて思っていたけれど、予想しなかったことが起こりました。
年齢をたどっていくのですが、唖然とするほど記憶がほとんどない時期があるのです。
いろいろ、考えさせられました。

まだまだ100個にはほど遠いですが、ここまでのところで自分が感性の人間だということを再確認。
わたしの場合思い出すものは 書道、絵画、音楽、演劇といった芸術科目、あるいは子どもへの支援的な関わりについて評価されたことばかり。そういった体験の積み重ねによって、わたしは自分なりの美意識を磨いてきたんだなと思いました。そう、自分なりの、でじゅうぶんなんです。
美しいものがだいすきで、その美しいは、わたしが美しいと思うもの、でいい!
それを表現、体現していくことが、よろこびなのだと思います。

人と人がつながっていくことも、わたしにとってはひとつのアートなのかも。
今書いていて気づきました。
【自分と、会いたい誰かがつながるイメージ】を常に持っています。
そのイメージを、自分の足で歩いて尋ねていって、やりとりをして、現実のものにする。
点が線になり線が円になる、というのもあるだろうし、
画用紙にクレヨンで色を塗るように、ほんの少しずつ塗りつぶしていくケースもありますが、
どんな形であれとにかくその過程が嬉しいし幸せいっぱいなんです。
究極の自己満足!

うん。
ナイス気付き♪

おやすみなさい♪
by rapisblue2 | 2011-07-18 00:20 | プロフィール

あらゆることに・・・

d0236399_6401397.jpg

今朝は日の出とともに起き出しました。
ベランダで朝焼けをあじわったり、植物に水をやったり、深呼吸をしたり、
満月だった昨夜のことを思い出したりしました。

満月は、人生の豊かさを確認できる日と言われています。
ほんとうにそのとおりの日でした。

初対面の方に、
苦労が多かったはずだけどバランスとって、良い生き方をしてきたんだろうね
というようなことを 好意的に言われました。

ふたりで行きたかったお店でお茶した夕方の1時間があっというまなら、
お誕生日のお祝いをした夜の4時間もあっというま。
ぜいたくにも、だいすきな友達3人とそれぞれ過ごすことができました。
夜は夢をいっぱい語り合い、妄想大会。
顔はすっかりえびす様のようでした(多分)。


「満月だし迎えにいきましょう!」と夫からのメール。

見晴らしのいい公園で車を降り立ち、両手をひろげて めいっぱいの月光浴をしました。
ありがとう!!のエネルギーで満たされていました。

新しい朝。
からだが、心が、喜んでいます。d0236399_6222436.jpg
by rapisblue2 | 2011-07-16 06:44

焦がしねぎとかぼちゃ

とても好きな組み合わせ。

今回のかぼちゃは大当たりでした。
近所の八百屋さんで買ってきた、三浦のかぼちゃ。
甘みのしっかりある濃い味とほっくり感で、香ばしいねぎとよく合います。

かぼちゃ、ねぎ、お塩、オリーブオイル。
麻の実ナッツでちょこっとおめかし。

とまらない。夫の分までたいらげてしまいそうでした♪
d0236399_14584325.jpg

by rapisblue2 | 2011-07-15 14:59 | おいしい!