<   2011年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ケーキのお問い合わせ  ※クリスマスケーキについて追記あり

お誕生日ケーキのお問い合わせをたくさんいただいています。

このブログをご覧になり、これまでかぼちゃのおうちとして作らせていただいたケーキのことや、お子様への想い、悩み、期待など、想いがいっぱいのメールをいただき、とても感動しています。
ありがとうございます。

順番にお返事してまいります。
すこしお時間をいただきますが、かならずお返事させていただきますので今しばらくお待ちください。

心からの感謝をこめて。

Reiko.

※追記 クリスマスケーキは、とても限られた台数になりますが12月5日より詳細お知らせ&受付いたします。なお、一人での作業のため、お渡しはママカフェMaru。さん及び私の自宅前まで来ていただける方、日時を明確にしていただける方優先となります。(どちらも、最寄り駅は小田急線新百合ケ丘駅または百合丘駅です)
また、クリスマス当日がお誕生日で、クリスマスケーキではなくお誕生日ケーキをという方も、ご相談ください。

よろしくお願いいたします。
by rapisblue2 | 2011-11-29 17:28 | お知らせ

ケータリング初体験

今日はケータリング初体験!
CAFE KIRAKIRAでお世話になっているTOMOKAさんのお仕事に、お手伝いでついていっただけなのですが!とっても新鮮で刺激的で、キラキラうれしいたのしい時間でした。
新作ジュエリーのお披露目パーティにいらしたお客様に、TOMOKAさんのマクロビオティック料理(軽食)&スイーツを召し上がっていただきました。地下のステキな空間です。
d0236399_0314497.jpg

d0236399_039088.jpg

お店とはまたちがったTOMOKAさんのお仕事ぶりや魅せ方、気配り心配りに感動しながら、きれいなジュエリーや美しい女性たちに触れ、隣の女性バーテンダーの方の姿勢や仕草のかっこよさに見とれ、途中でおいしい賄いもいただき(TOMOKAさん、賄い用に玄米おむすびを作ってきてくださっていました!感謝・・・)、なんだかひと味違う充実感と高揚感を味わいました。

自分の好みや趣味、ジャンルを限定することなくいつも色んなものを見て、外で美味しいものを食べて、そうやっていつでも新しいもの、きれいなもの、はっとするものに振れること、自分を磨くことの大切さをたくさん感じている今日この頃です。

TOMOKAさんといると、「ああ、好きなんだった!わたしもこういうの!」と思い出すのです。
服の着こなしはあまり得意ではないけれど、絵や料理の中のカラフルでわくわくする感じが大好きで。学生時代にカラーを勉強した時に心を鷲掴みされた感覚が、TOMOKAさんのお料理を見ていると蘇ってくるのです。

R「きれい!!」「かっこいいー!!」「わあ、それいい!!」「なるほどー!!」
T「でしょー!」「はい、れいちゃん味見」
R「うふっ(もぐもぐ)美味しい〜!!」
T「ねーっ♪」

なんてことをしています(笑)。


10時半ごろ帰宅してもしばらく興奮状態。

でも空腹で無性に、濃い野菜・・・春菊が食べたくなり、玄米麺と一緒に美味しいスープで煮込んで一束たいらげました!(そのあと、いただきもののラフランスまで・・・しあわせ♪)

明日はいよいよわが家でワークショップです。
早起きして仕込みします!

改めて、今日はほんとうに、勉強になりました。
by rapisblue2 | 2011-11-27 01:14 | 彩り

空、虹、雲のケーキ

今日は、3歳になる男の子のお誕生日ケーキお渡しでした。
ちょうど最初にご連絡いただいたのがVege&Fork Marketの直前だったので、ご案内したところ本当にお子様と一緒に足を運んでくださり、「よろしくお願いします」とうれしいご挨拶。

お母様からお伝えいただいたイメージは、空、虹、雲。
お子さんは「ひこうきがいい」とのことでした。

色素を使えば簡単に、それこそとっても楽しく表現できる世界なのですが・・・
できれば使いたくないのと、無理に7色にしなくても、背景をブルーにしなくても、空や虹を表現してみたいと思い、チャレンジしました。
d0236399_17391572.jpg

フルーツがあまり得意ではなく、使うならりんごで。
そして甘いお豆さんが好きということで、考えた結果、こうなりました。

蒸し煮で甘いグリーンピース、スポンジクラム、かぼちゃペースト、ぶどうジュレ、デーツ小豆などを使っています。
紫はぶどう、赤はいちご、オレンジは柿、・・・とフルーツならいくらでもカラフルにできますが、たとえきれいにできても、好きではないものがのっていて食べられなかったら悲しいので、考えました。

中身はかぼちゃ&りんご&ソイクリームの段と、デーツ小豆&ソイクリームの段。

ソイクリームは通常レモンの風味が残る味ですが、今回はお豆や南瓜を使うので、製造工程で念入りにレモン抜きを行いました。
小豆は米飴や甜菜糖で普通に炊くことも考えましたが、このクリームとの相性を考えデーツにしました。
結果、フルーツメインの基本のケーキとはひと味ちがうけれど、調和する味わいになったと思います!

側面にも、雲のクッキーやお豆さんが並んでいるんです。
d0236399_1746244.jpg

飛行機雲はずーっとケーキのまわりをくねくねと走っています!

今日は新月。
あたらしい始まりの日ですね。
たいせいくん、おめでとう!!


おまけ・・・

Maru。さんのランチスイーツも、こちらの材料を使ったミニサイズのケーキになりました。
d0236399_1833781.jpg

by rapisblue2 | 2011-11-25 18:07 | お知らせ

かぼちゃのおうちは早足?!

昨日は充実していましたが、ちょっと省みて、大切なメッセージをもらった日でもありました。

予定が詰まっていたので、移動の時は急ぎ足。
ハイペースで歩いているところで、通りの向こうから、先日英語教室のハロウィンイベントでコラボレーションさせていただいた藤澤さんが。

「いってらっしゃ〜い。うふ。いつも急いでる。」

と言われてしまいました。

そうなのです、よくMaru。さんに出入りしていますが、わたしは確かに急いでいることが多いような気がします。

「お代はあとで〜!いってきます!」

「あとでメールします!」

「のちほど〜!」

なんて言って、スイーツをお渡ししたらいなくなる。

あるいは、かぼちゃのおうちさんはいつも走っている、なんて噂も?!

・・・いえ、それはさすがに言い過ぎなのですが、でも子どもの時から歩くのはとても速いのです。
これは才能なのではないか?と、競歩の選手になるにはと調べたこともある(笑)!!
そして夫も焦るくらいです。

雰囲気はおっとりしているので、一人で移動中の高速足さばき中のわたしを見た方には、驚かれてしまうこともしばしば。
もちろん、ゆったりお散歩していることもありますが。


昨日、藤澤さんに言われたことと、先日出会ったばかりのアメリカ人の方がおっしゃっていた「わたしの家の前を、毎朝人々は走っている。みんな急いでいる。わたしは皆に笑顔で手を振るんだよ」「もっとスローに生きよう」という言葉がリンクして、なんだか反省してしまいました。

できればこのまま駅に直行して直近で発車の電車に滑り込みたい、という思いだったのですが・・・

駅前の広場に、アニマルセラピーの宣伝のため大きなわんちゃんたちが3頭も座っていて、そこにとても落ち着いた雰囲気を感じて。

どっち?行く?立ち止まる?

うーん、と葛藤しながらいったんは通り過ぎたものの、電光掲示板を見たら電車は行ったばかりで、次は8分後。

わたしは納得してわんちゃんたちのもとに戻り、スタッフの方に「こんにちは」と声をかけ、募金をし、なでなでなでなで、おとなしく座っているわんちゃんを触らせてもらいました。
親戚でアニマルセラピーに携わっている人がいるので、興味があったのです。

とっても大きかったのですが、まだ子ども。この倍くらいになると伺ってびっくり。

なでなでしながら、わんちゃんの訓練のこと、アニマルセラピーのことなどおしゃべりして、パンフレットをいただいて深呼吸。その場をあとにしました。

ほんの数分でしたが、あれして、これして、次はこうして、とせわしなかった頭の中がすーっと静かになり、落ち着きを取り戻すことができました。



また、夕方、体操祭から自由が丘の元職場へ向かう時には、いつもしないような勘違いで急行電車に乗り遅れ、各駅停車になりました。
その時にわたしは、「これは、何か意味があるような気がする」と思ったのです。
早く着くことよりも大切なことがある。この電車で向かうことで、何かはわからないけれど、大切なことに気づけるように時間調整されているのではないかと。

その直感はあたりました。

・・・ようやく自由が丘に着いて改札に向かう階段を降りて行ったその時。

なんと、特に思い入れのあった常連さんがすーっと私の視線の先に歩いてきて、ぴたと立ち止まったではないですか。

誰かがセッティングしてくれたとしか思えないような出来事に心震え、わたしは思わず走りよっていって、お名前を呼びました。

「あー!!!!!」

ふたりして、この再会に歓喜の声をあげました。

「うれしい!!」「うれしいー!!」



わたしが退職する2ヶ月前くらいからご来店が途絶え、気になっていたもののそのまま何も言えずお店を去ったのが心残りだったのですが、やはりあちらも気にしてくださっていたとのこと。

本当に、人生で5本の指に入るくらいの出来事でした。

会えなかった半年があって、ここでちゃんと再会できるようなストーリーだって、知っていたらしょんぼりすることもなかったのに。

でも、わからないから人生面白いですね。



ついつい焦ったり忙しく見えたりしてしまうのは、イメージした理想の通りにしたい気持ちが強いからかもしれません。
あれこれ思いついてしまうのです。でも、時間の使い方がうまくないので、なかなか難しくて、ぎりぎりのところになってくる。それでも諦めたくなくて、やろうとしてしまう。実際、できてしまうことも多いのです、へんに根性があって。


それも、わたし。

でも、もう少し手前でふっと力が抜くこともできるようになったら、つまり客観的にひいてみて、突き進むか緩むか選べる自分になれたら最強だな、なんてにやけてみたりして。


と、昨日のふたつの出来事で、気づかされました。

ありがとう。




皆さんは、いかがですか。
by rapisblue2 | 2011-11-24 20:40 | まじめなお話

充実の一日

昨日はお昼前にお誕生日ケーキのお渡しがありました。
d0236399_22595877.jpg

いつもMaru。さんで かぼちゃのおうちのスイーツを召し上がってくださり、CAFE KIRAKIRAにもすでに2度も足を運んでくださっている、大切なお客様からのご依頼でした。

フルーツのご希望はりんごとバナナ。
蒸し煮りんごと生バナナをたっぷり。
デコレーションに少し苺を使いました。

そして、真ん中に「1」のクッキーが立っているイメージ。
お名前には竹のようにまっすぐに・・・という願いがこめられていると伺いました。
ドーム型のケーキが「1」に向かって行く感じ、なのです。
男の子ということもあり、
迫力があって、まっすぐ!1歳おめでとう!ナンバーワン!(笑)・・・そして「竹」のイメージも!どーん!おめでとう!

・・・言葉で説明するのは難しいですね。
初めて、竹の形のクッキーも焼いてみました。我ながら芸がこまかいです(笑)。ちょっと笑っちゃうようなことを真剣にやる、こういう遊びがまた楽しいですね。これはケーキと別にプレゼント!


そのお客様のことだけを考えて集中して仕上げる時間は、毎回とても緊張しますが、もっともやりがいがあり、「わたしはこれがやりたいんだ!」と実感できる時間です。

今回のお客様からは「大喜びで、いつも以上に大きなお口をあけ、何度も何度ももっと頂戴と催促されました。結局10分の1を完食でした!」というご報告をいただきました。

ありがとうございました。


最近マンションのお隣さんに、かわいい女の子がお生まれになりました。
少しだけ残った同じ材料で、お祝いミニケーキを作りました。直径は7センチくらいでしょうか。
d0236399_23315012.jpg

先日ご挨拶にいらした時に対面した赤ちゃんが、本当に小さくてかわいくて、でもすでに女の子らしくて。きゅんとなった気持ちをこんな形でつくってみました。


・・・

午後は、体操部のOBOGチームが出演する体操祭を観に行ってきました。
夫婦で続けた体操も、お店に勤める前の1年半前の発表を最後に遠のいてしまいましたが、やっぱり観ていると動きたくなっててうずうず。
仲間の演技はもちろん、日体大や筑波大の現役体操部の演技も素晴らしかったです!魅せ方がさすがでした。
久しぶりに、身体の奥底からドキドキ、ワクワク、拍手喝采、とっても楽しい時間でした!



お菓子づくり筋?!、飲食業の立ちっばなし&空腹感の忍耐力?!は、しっかりありますが、瞬発力や俊敏さ、柔軟性もちょっと落ちてしまったなあと思う今日このごろ。

でも、30という自分の年齢を考えたときに、いつも思い出すのです。
94歳で海外旅行に行く前、出発ロビーで「ヒマだなあ〜!」と腕立て伏せを始めたという伝説を持つおじいちゃん(夫の祖父、享年101歳)のことを。

90を越えても老人ホームにボランティアに行ったり、100歳になってから、英語に加えてドイツ語も勉強しだしたりと、とにかくスーパーおじいちゃんでした。
持って生まれた才能だけではなく、とにかく努力家、積み重ねの人だったと聞き、まだおじいちゃんの半分も生きていない自分はどうだろうと。
考えさせられます。

一応、Y字バランス(もどき)は健在!
身体の柔軟性は頭や心の柔軟性と比例する、どこかで聞きました。
男性の肩に立ってポーズしたり、ぐるぐる回ったりはできなくてもいいから、柔軟性は保っていたいなあ、みずみずしい感性を持ち続けたいなあと思います!


・・・

皆と挨拶したあと、自由が丘の元職場に行ってきました。
あの黒い扉に手をかける瞬間、うれしいような、恥ずかしいような、懐かしいような。
ひとりでにやけてしまったではないですか。

英国菓子のイベントを開催したい。
お店の名前をかえたいんだ。

昨年、店長が言っていたことがこんなにも早く実現していることに、ちょっと感動しました。

これからもどんどん変化、進化していく、そしてきっと、今よりもっとたくさんの方に愛されるお店になるはずです。

退職しても、チームの一員としてスタッフページに名前を残してくださったことに感謝しています。
それこそおばあちゃんになった時に、そこに名前があることを誇りに思う。そんな楽しみができました。

もちろんその前に、胸をはって「こんなことしています!」といつでも現役スタッフたちに伝えられる、いきいきとした自分でありたいと思います。


・・・

色々な方に会って、色んな気づきがあって、たくさん話していっぱい笑い、充実感にちょっと興奮気味な帰り道でした。
みんなに生かされているなあとしみじみ。


今週末に迫った、夫婦で開催のワークショップ。
とことん自分と向き合い、考え、夢を妄想して感じる一日!
今年最後の12月の過ごし方が確実に変わり、ミラクル?!がい〜っぱい起こります!参加者の方は楽しみにしていてくださいね。

3人の素敵な講師がそれぞれの得意分野を紹介してくれます。
夫はアイスブレーク&全体のファシリテート(本業ファシリテーターです)、わたしはランチとスイーツ担当。細部にわたって、我が家らしい、他にはない魅力をいっぱい揃えて準備中です。
カップル、ご夫婦でのご参加も心からおすすめします!


まだ若干名空きがありますので、ご興味おありの方は、ぜひご連絡ください。詳細お送りします。
squashappy☆gmail.com (☆を@にしてください)まで、お待ちしています!
by rapisblue2 | 2011-11-24 02:45 | お知らせ

秋のおさんぽ

今日のママカフェMaru。さんランチスイーツは、その名も【秋のおさんぽ】。
いつもタイトルつけているわけではないのですが、今日のはつけたくなりました。
このお山をお散歩したら楽しいだろうなーというイメージです。メルヘンでしょ(笑)。
d0236399_1027124.jpg

プレーンと、バニラやジンジャー、柿、りんごの入ったハーバルスパイスチャイの、2種類のスポンジのクラムを合わせ、和梨のソテーを包みました。
トッピングは、和梨のソテーと果汁をつかったナパージュと、サクッとしたほんのり塩気のあるクッキー、パンプキンシード。
赤いのは、ピンクペッパーです。これはその名の通り胡椒なのですが、ピリッとしたあとほんのり甘い後味です。

今日はご予約の人数分のみとなります。
明日は何を作ろうかな。
by rapisblue2 | 2011-11-21 10:35 | お知らせ

お義母さまへのサプライズケーキ/やさしいお兄ちゃんも嬉しいケーキ

d0236399_14542049.jpg

Maru。さんで、かぼちゃのおうちのことを知りました!と、メールをいただきました。

もうすぐ1歳になるお子さんがいらっしゃるママさんなのですが、今回は、週末にお呼びすることになっているお義母さまがお誕生日なので、サプライズでケーキを用意したい、できれば子どもも一緒に食べられるものを・・・ということで、ご依頼いただきました。

お義母さまへ・・・嬉しくないわけがないメッセージですよね。ハートマークもご指定です!
こんなサプライズケーキ、私ももらいたいです(笑)!

フルーツのご希望は旬のラフランスと、出始めた苺でした。
大人の女性を意識したデコレーションですが、ご相談でやりとりさせていただいたお客様が、いつもとってもかわいらしい絵文字いっぱいのメールだったので、その乙女なイメージもプラスしています。


こちらは、先週末お渡しした、友人のお子さん1歳のお誕生日ケーキです。
d0236399_19233954.jpg小さな写真なのですが、6号(18センチ)、フルーツも苺、梨、ぶどう、柿、キウイ、と迫力あるケーキになりました。

1歳になった弟のなおちゃんはもちろんですが、いつも親も感動してしまうくらいなおちゃんに優しく思いやりいっぱいだという4歳のお兄ちゃんにも喜んでもらいたい、ということで、球技の好きな彼のために、サッカーボールをクッキーで作ってみました。

どうかな〜と少し心配していたのですが、「すごーい!サッカーボールだー!!」という純粋な反応だったようで、ほっと一安心(笑)。
この他、バスケットボールや野球ボールなども作ってみて、おまけに差し上げました。

実はちょっと悩んだのです。
ケーキ自体がサッカーボールの形になっているようなケーキにしてしまったほうが喜んでもらえるのかな?なんて。

でも、わたしが作りたいのはあくまで「ケーキの形をしたケーキ」で、・・・「ボールだ!切ったらケーキだった!」ではなく、まず「美味しそう〜!」という姿でいてほしい。
ということを再確認して、作業に移りました。

豆乳が苦手だというご主人も「あれ?これなら食べられる」と召し上がっていただけたそうです。

本当に幸せなお仕事です。
by rapisblue2 | 2011-11-19 19:38 | お知らせ

結婚式で朗読/美味しいお食事

一週間前のことになりますが、大切な友人の結婚式がありました。
d0236399_13185225.jpg
余興を頼まれていて、わたしの大好きな絵本を、仲間とかわりばんこに朗読しました。
これは、わたしが4年半前に結婚式を挙げる頃(か、後だったか)に見つけた絵本です。

結婚式ってとても幸せなもの。

ただ、決めることが本当にたくさんあって、職場のあった静岡と会場の横浜を行き来しながら、引き継ぎ、退職、引っ越しと、とにかくめいっぱいでまったく余裕がなくて、今思うと周りへの配慮も欠けすぎていて、後悔も数えきれません!(もう一度したいくらい・・・笑)

大変な思いをして迎えた結婚式でしたが、この絵本は、花嫁の準備期間がとても丁寧に、すばらしく美しく描かれています。

ーそう、そう、こうしてひとつひとつ決めていくんだよね。たくさんの方に関わってもらったんだよねー
出逢って、プロポーズされて、友達に報告して、ドレスの生地を選び縫ってもらって、・・・とあたりまえの準備の様子が続くのですが、これがねずみさんといえど本当に共感できるのです。

式当日も、とてもあたたかくて、ゲストはおなかも心も満たされてみんな笑顔。

そしてしっとりとした幸福感が漂うような終わり方。


今回の主役である新婦からも、準備が大変だ〜と何度も聞いていたので、「それでも、今日が迎えられてよかったね。おめでとう。」の気持ちをこめて、この絵本を選びました。


マイクを通しての朗読は3年ぶりくらいでしょうか。
少しだけ、朗読のサークルにいたことがあります。

ほとんどがご親族というアットホームな披露宴。
とっても緊張したけれど、声を出しているうちに喜びに変わりました。
途中で感極まって、自分が泣いてしまいそうでした。

あとで新婦から、「朗読を聞きながらおばあちゃんがハンカチもって号泣してはったのがすごく印象的でした」と教えてもらって、ああ、よかったなあと。嬉しかったです。


「盛り上げて、お祭りみたいに楽しいことして!!」
と言われていた余興。

この後は、ガラッと趣向を変えて、人の前に立つことに慣れている(そしてアドリブのきく)夫にマイクをバトンタッチ!

誰もが知っているテンポのいいラブソングを流しつつ、ご親族も私たちもまだ知らないあんなことやこんなこと質問タイム!!とあいなりました。
いや〜、夫、さすがでした、ちゃんと笑いをとってました(笑)。
そして、照れまくる新郎新婦がかわいすぎました。
あ〜楽しかった!!

それにしても、普段は麻か木綿しか着ない、メイクもほとんどしないようなとってもナチュラルな彼女が純白のキラキラなウェディングドレスを身にまとっている姿は、言葉にならない感動。涙があふれて大変でした。



彼女と出逢ったのはちょうど1年前。

わたしはパティスリーで週6日働いていて、もちろん土日はお休みできません。
第一回目のVege&Fork Marketは、自分の勤めるお店にフライヤーを置かせてもらい・・・興味を持って手にとられたお客様にすかさずお声をかける、という程度のことをしていました。
それが、当時のわたしにできる精一杯の広報活動でした。

マーケット開催の二日前。
そのカップルは初めて来店しました。

とても興味深そうにフライヤーを見ている彼女に、わたしは声をかけました。

自分の友人が主宰していること、はじめてだけれどきっと素敵なマーケットになること、当日のボランティアをまだ募集していること。

話をすると、彼女は目をキラキラ輝かせて、「行きます!連絡してみます!」と嬉しそうに答えてくれました。


そしてマーケット当日。
本当に彼女は現地に行き、オープニングで来場者にクッキーを配るなど、マーケットを盛り上げるお手伝いをしてくれたのだそうです。

そこには、わたしたち夫婦の共通の友人(女性)が、やはりボランティアに来てくれていました。

驚いたことに、パティスリーで逢った彼女と、もともとの友人が、私不在のところで意気投合。

ふたりはその日にとっても仲良くなって、その後もちょくちょく会う仲間となり、そこから人間関係がずいぶん広がったようです。
数ヶ月後にやっと私が合流した時には、大きな輪が広がっていました。
奈良、大阪が本拠地の彼女は、わたしとの出逢いで東京ライフが動き出した、とまで言ってくれました。

わたしがしたのは、マーケットの紹介をしたことだけだったのに・・・
知らないところで、自分の行動が発端となって想像以上に物事が動くんだなあと驚きです。

やがて、かつて一緒にパティスリーに来てくれた彼との結婚が決まり、友人と夫と一緒にみんなで引っ越しの手伝いにも行きました。
真夏のうだるような暑さの中、たくさんの品物を詰め込み、運び込み、夜は皆でたらたらと線路沿いを歩いてお蕎麦屋さんへ。
おいしい引っ越し蕎麦をごちそうになりました。
楽しい思い出です。


彼女自身、もともとマクロビオティックの飲食店にいて、現在も自然食品のお店で働いています。
披露宴のお食事を植物性のメニューにできるけどどうする?と聞いてくれたので、お願いしてみました。これが、とっても美味しくて大満足!!

前菜からデザートまで、どれもとても丁寧に料理され盛りつけられて、「はい、かわりのものです」という感じが全くしないメニューでした。
特に感動した炊き合わせ&野菜寿司の写真が消えてしまいショック!!
・・・ですが一部、ご紹介です。

栗と紫芋と長芋、甘すぎず、しみじみしました。
d0236399_13572065.jpg

生麩や大根に、胡桃かな?とても濃厚なコクの豆腐ディップが添えられていました。
d0236399_13564511.jpg

つるんと柔らかな豆乳の茶碗蒸し。もっちりとした生麩などが入っています。昆布出汁がきいていました。
d0236399_1358616.jpg

デザートはフルーツ。通常メニューはいちじくにバニラアイスクリームがのっていましたが、こちらは炊いた小豆。ところが、お砂糖の甘みではなかったんです!デーツかな?ドライフルーツで甘みがついている餡でした。ここまでしてくれるなんて、良い意味で裏切られました!
d0236399_13583657.jpg


お見せできなくて残念なのですが、野菜寿司がとってもきれいで美味しかったです。
一瞬、サーモンかな?と思ったら、きちんと仕込まれた人参さん。
柔らかさはちょうど良いし、味も酢飯とぴったりで、感動ものでした。
他に、焼き茄子?をおぼろ昆布で巻いたものや、ミョウガの酢漬けなど。
シンプルでも、ごちそうです。
最後にハート型で抜かれたお赤飯と赤だしのお味噌汁で、ホッとしました。


結婚披露宴のお食事は、いつもとても素敵で印象に残っていますが、こんなに満足しても全くもたれず最後まで美味しくいただけて、食後感が軽く、いつまでも心地よかった・・・というのは初めてかもしれません。

新郎新婦のふたりも、同じテープルでマクロビオティック関係のお仕事をされている方も同じお食事だったので、特に気がねなくいただけました。

ベジタリアン対応、って言われるととても一般の日本人からかけ離れているような特別な人のような印象で、わたしはあまり好きではないのです。
野菜が好きな人向けのメニューとして選べるようになって、もっと広まったらいいのになあと思う今日このごろです。

メルパルクのコックさん(板前さん?)、きっと研究していらっしゃるんだろうなあ。
ごちそうさまでした!
by rapisblue2 | 2011-11-19 14:38 | ステキなおともだち

ありがたい一日

今日はvegeyogaの託児に行ってきました。
体操部時代の後輩(元幼稚園教諭)を誘ったら、お休みのところ喜んで来てくれて。
ともに小さな子どもたちをみて、あやしたり、一緒に大笑いしたり、幸せを共有できた時間。


今日は1歳前後の子たち5人でした。
ほとんどママと離れたことのない子たちで、前半は号泣の嵐!

1時間たつとだいぶ慣れて落ち着いてきて、1時間半たった頃に、ようやくみんながニコニコ顔。
もともとお友達どうしの5人だからでしょうか。早かったな〜と思いました。
さっきは「つられ泣き」が延々と、だったのに、「つられ笑い」が始まって、まあ〜なんてほのぼのなんでしょう!
それはそれは、かわいかったです。

でも2時間たつ頃にはさすがにおっぱいが恋しくなった子がちらほら。
出ないおっぱいをたくさんせがまれました。
もう、服の上からはもちろん、手をつっこまれたり色々(笑)。
本当に切なそうにするので、ママじゃなくてごめんねえ、おっぱい出なくてごめんねえと思いました。
おるすばんパパの気持ちってこんな感じかな?(笑)

でもみんな、よくがんばりました!!!!
子どもたちの純真な姿、そしてそれぞれの個性が尊くて、ほんの少しの時間ですがこのお役目をとてもありがたく思っています。

楽しかったです。
今日の5人に、またいつか会えるといいな。

ヨガの里佳先生から、このメンバーさんに、とホールケーキのご依頼をいただき、お持ちしました。
d0236399_20155183.jpg
というのも、今日のお母様方は妊娠前からずっと里佳先生のヨガに来られている方たちで、マタニティヨガでインナーを鍛えて出産にのぞみ、産後ヨガにも子どもたちとずっと通われている方々だったのだそうです。
子どもたちがみんな1歳くらいになったので、一度お祝いをしてあげたいということでした。

わたしは、皆さんがケーキを召し上がる時間までいられず先においとましましたが、後から、
歓声があがったこと、とても喜んでいただけたことなど、その時の様子を教えていただきました。
心の底からほっとしました。


嬉しかったことがもうひとつ・・・。

数年前。
まだvegeyogaが始まって間もない頃に、わたしは一人の参加者としてここに来ていました。
その時にお話した方と再会できたのです!

初めて参加した日(里佳先生とも戸田希さんとも初対面)に、心地よい空間とヨガ&食事のとても素晴らしいコラボレーションに感動していたわたしの中には、仲間になりたい!という想いが強くわき上がり、気づいたら自己アピールをしていました。
これからは託児をしてお母さんたちに参加していただく機会を増やせたらいいな、という話題のときに、自分が子どもに関わる仕事をしていることを伝え、いつでもお手伝いしますのでよかったらつかってください、なんて言ったのです。

あの時わたしは結婚して確か1年もたっていなくて、新しい土地で、似たような食事やお菓子を作る、気の合う友人がほしいと思っていました。

あれから時がたって、わたしたちはすっかり仲良し、そして同志に。

今日再会した方に、「あの時、託児のお手伝いの話されてましたよね。本当に、しているんですね。こうして実際に見たら感動しました。」とお声をかけていただき、改めて時の重みを感じて自分でも感動です。
彼女自身も、2人のお子さんのママになられていました。
それに、Maru。さんのことも、CAFE KIRAKIRAのこともご存知でした。
この数年間、彼女とわたしには接点がないままだったけれど、実はちゃんとつながっていたんだなあと、嬉しかったです。


vegeyogaという場から、本当にたくさんの出逢い、幸せが生み出されていると思います。
これがもし開催されていなかったら、里佳先生とものんちゃんとも出逢っていなくて、どこかで出逢っていたとしてもここまで親しくなれていなかっただろうし、もちろんvege&forkで名刺なんて作っていないだろうし、ohanaでコラム書くなんてことにもなっていない。
とすると一体今頃この街で、どんな暮らしをしていたんだろう?
少なくともわたしの人生にとっては、すでにかけがえのない存在です。

何かを始めるということ、そこに人が出入りするということ。
その豊かさを、わたしは戸田家からたくさん教えてもらいました。
大きなビジネスなんかじゃなくていいから、雇われているだけじゃなくて、自分で何かやるということ。
その自由の苦しさと気持ちよさを、わたしも今、味わっています。

CAFE KIRAKIRAのTOMOKAさんも、一緒にいるだけでいつも学びがある、ほんとうにキラキラかっこいい憧れの先輩です。
Maru。の丸岡さんも、ほがらかで包み込むようなお人柄でいつもたくさんのお母様方の支えになっていて、ユーモアたっぷりのブログは実はけっこう深くてじーん。尊敬しています。

CAFE UTOKUの熊谷さんcafe AKARIのようこさんM's natural foods studioの清美さんBlue AngelsのさおりさんYurigaoka English Clubの藤澤さんaCcoBerryのあきちゃんたねまきの真紀子さん切り絵のあきこさんaimainaのちえちゃん・・・

ほら、ほら、ぱっと思いつくだけでも、身近に才能を活かして楽しんでいるステキな女性がいっぱい!!!!

彼女たちに日々刺激をいただいています。

と、書いているそばから、また次々と浮かんできます・・・。


そして、ついに。

今月末、我が家も初めての試み。
夫婦でワークショップを企画しています。

これは8月の初めに受けたブライトリスニングの講座であぶり出された【わたしの心からの願い】でした。
ある重大なことに気づき、涙、涙、涙のあと、すっきりとした笑顔で「年内に必ずやりたい、やります」と宣言したこと。
着実に、実現に向かっています。

楽しみです!というか、準備段階からかなり楽しんでいます。
by rapisblue2 | 2011-11-12 22:15 | お知らせ

大好きよ♡/お知らせいろいろ

書きながら、こんなメッセージ書くの初めてだ!!と思いました。
d0236399_13594723.jpg

先日ご注文いただいたお誕生日ケーキです。

考えてみたら、かぼちゃのおうちでは都合上、基本的にメールでのやりとりにさせていただいていますが、お店でお誕生日ケーキの予約を受けるのは、店頭かお電話のどちらかでした。
おひとりだけ、とっても恥ずかしそうに、恋人にロマンティックなメッセージをご依頼いただいた男性の方がいらしてとてもよく憶えていますが、皆さんやはり初対面のパティシエに向かって「愛してる、で、ハートつけてください」とか、なかなか、言えませんよね!

でも、いいんです。全然恥ずかしくありません。少なくともわたしは、そのお気持ちをかわりに書かせていただくなんて、とっても光栄なことだと思っています。
人生に一度くらい、冒険してみるのはいかがですか?(笑)


今回ご依頼いただいたのはお友達のため。でも集まる1歳のお子さんたちも一緒に食べられるようにと、かぼちゃのおうちを選んでくださいました。
先日、Maru。さんでハロウィンのケーキを召し上がった上でのご依頼で、とても嬉しく思いました。

お祝いする方への想いを、とても気持ちのこもったメールでシェアしていただき、お会いしたこともないのにその場に集まる皆さんと一緒に当日を楽しみにしてしまうような、ドキドキ、キラキラした気持ちで作りました。

フルーツは梨とぶどうご希望。
ぶどうは種の多い品種だったので、1歳さん用にいちごをサービスさせていただきました。

ありがとうございました。



さて、いくつかお知らせです。

★最近Maru。さんにお持ちしたスイーツ。写真がないのですが、ほんのりジンジャーのおいもマフィン おいもココナッツクリームでおめかし、だとか、おいもココナッツクリームとふわふわスポンジとナッツとソイクリームのトライフル風、だとか。
そして今日は、柿とりんごと栗のハーバルチャイスパイスケーキでした。サンフラワーシードも入っています。風味づけにモラセスや赤ワインを使いました。(アルコールは抜けています)
これ、かなり自分好みです。
d0236399_14562593.jpg

昨年、お店でバニラチャイというスコーンを焼いていて大好きだったのですが、それによく似た風味の、バニラ入りのオーガニックチャイを見つけたので購入してしまいました!
でもこの手のケーキは苦手な方もいらっしゃると思うので、しょっちゅうは作らないようにします(笑)。
来週はどんなスイーツにしようかな。と、やはり秋は焼き菓子が楽しくなってきますね。


★来月12月4日(日)ですが、コラムを掲載させていただいているohana制作のリフォームプロさんの工房【むくむくはうす】にて、こじんまりと、三周年の創業祭が開催されます。
d0236399_14512566.jpg
※画像はHPよりお借りしました。
そこに、かぼちゃのおうちが出店させていただけることになりました。
リアルかぼちゃのおうち、第二段です。
対面販売ってやっぱり楽しいので、お話いただいたときはとっても嬉しかったです。
お近くの方、ぜひぜひいらしてくださいね。小田急読売ランド前駅から徒歩1分です!

この日は、【むくむくはうす】でアロマ講座を開催されている久保田泉さんもご参加が決まっています。
わたしも泉さんの講座を受講させていただいていますが、本当に魅力的で楽しく、そしてためになる講座です。ひなたぼっこで精油を扱うようになったのと、泉さんとの出逢いはほぼ同じタイミングでした。シュタイナーの哲学がベースになっている、アロマテラピーの学校というところで講師を勤めていらっしゃいます。
また、今週末の13日(日)には、泉さんが司会を務める、ホリスティック医学についてのシンポジウムも開催されます。
ぎりぎりのお知らせになってしまいましたが、ご興味おありになる方はぜひ足をお運びくださいね。


★今週のCAFE KIRAKIRA、タウン誌に掲載していただいたこともあり、お問い合わせも多く、おかげさまで大盛況でした。一升のお米があっというまになくなってしまってびっくり!!
TOMOKAさんもわたしも、くるくるくるくる動き回っていました!でも相変わらずとっても楽しかったし、どのデリもカレーも本当に美味しくて幸せです。
和室はお子様連れのお客様優先でご予約を承っています。ころころしたり、眠ったり起きたり、赤ちゃんとママたちもとーってもゆっくりしていかれました。

お店のとってもステキなHPもできました。ぜひご覧ください。http://cafekirakira.com/


★明日は久しぶりにvegeyogaに、託児でおじゃまします。
ケーキのご注文もいただいているので、さあこれから仕込みです。
みなさまステキな週末をお過ごしください。
by rapisblue2 | 2011-11-11 15:07 | お知らせ