<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ケーキデコレーションの会/親子11組お誕生日会のケーキ

1月23日(月)、ママカフェMaru。さんにて、ずっとやってみたかった、親子対象のケーキの会を開催させていただきました。
1歳半〜4歳までのお子さんの親子5組、詳細未決定のまま満員御礼。ありがとうございます!
d0236399_12445635.jpg

一組一台、4号サイズのボリュームたっぷりのケーキを作って、持ち帰り。
こちらでカット済みのスポンジ、シロップやクリーム、フルーツ、クッキー、道具、箱、袋までご用意!エプロンと布巾だけで身軽にご参加いただけるようにしました。

お子さんたちは、けっこう真剣!
パレットナイフも絞り袋も、ちゃんと使えていましたね。
行程も道具も材料もなるべくシンプルにした甲斐あって、どうしようもなくはちゃめちゃになることはありませんでした(笑)。

が!やはりお子さんの目の前がケーキなので、本能には勝てません・・・
ママが一生懸命塗り塗りしているその側面を、ほじほじしている子も!!
おもしろ可笑しいそのお写真は、ぜひこちらでどうぞ♪
大爆笑の渦でした!

ケーキを仕上げて箱に入れたあとは、原材料やポイントについて、少しお話させていただきました。皆さんのご質問にお答えしているうちに、だんだん食育のお話し会のようになってきて、そのままママさんたちも、私も、しゃべる、しゃべる!
皆さん食に対して意識の高い方々で、わたしも勉強になりました。
他にはない、かぼちゃのおうちオリジナルの会になったと思います。

そして、あー!こういうことがしたかった!!と、心底思いましたし、幸せな気持ちでいっぱいでした。

数年前、ご縁があって、初めて地域のママさん対象に個人名で食育講座をさせていただいた時の自分を思い出しました。まだ、身近な人たちだけにお菓子を作っていた頃です。
(当時、未熟な私を迎え入れてくださったママさんたちには、今でも感謝の気持ちでいっぱいです)
長年習ってきた、バターも生クリームも白砂糖もたっぷり使うお菓子と、そうでないお菓子との狭間で葛藤していた時期でもありました。

あれから色々なことがあって、ピンチをチャンスに、苦しみを喜びに変換し、心の筋トレ、自分が本当に望むものが何かを追求すること数年。
自然な流れの中で、実は当時から本当は願ってやまなかったことを、叶えることができました。
わたしは自分の人生のストーリーがとっても気に入っています。

2月24日(金)にも開催予定です。お申し込みはMaru。さんにどうぞ♪



さて、1月25日(水)には、1歳のお誕生日会でMaru。さん貸し切り。
そこで11組の親子のお祝いケーキのご依頼がありました。
【かぼちゃのおうち】いちばん人気のパンプキンクリーム×りんごのスペシャルケーキです。
d0236399_12482715.jpg

最後のクッキートッピングなどは、ママさんたちに託して!
d0236399_12493937.jpg

「まだかな〜」
d0236399_12514049.jpg

ひと皿ずつ、「1」のクッキーもご用意させていただきました。
d0236399_12503655.jpg

わたしはカフェ勤務の日だったので、朝お店にお持ちして、あとはおまかせ。
この写真や当日の様子は、ママさんたちからのメールでご報告いただきました。とっても盛り上がったようです!
詳しくは、こちらをご覧ください♪楽しさが、いっぱい伝わってきますね!!
ケーキを囲んだ集合写真を見て、なんだか色々な想いをめぐらせて、じーんとした私でした。


今回のご依頼の代表者の方は、年明けにご家族でのお誕生会のケーキもご注文いただいた方でした。11組もの親子の集まりということで、感謝の気持ちをこめて特別に、他のクリームのご試食スイーツもご用意させていただきました。
当日ご参加の方のご意見、ご感想などはまだまだ募集中です!お待ちしていますね。
by rapisblue2 | 2012-01-31 13:51 | お知らせ

アンケートについて※一部のお客様へのお知らせです

※1月25日(水)Maru。さんにて、かぼちゃのおうちのケーキ、お試しセットを召し上がっていただいたお客様へのご案内です。

本日はありがとうございました。
都合によりアンケート用紙がご用意できませんでしたので、この記事のコメント欄(こちらで承認しなければ、画面上には表示されません。お返事を希望されない方向け)か、以下のメールアドレスまで ご意見、ご感想などお待ちしております。
なお、おかげさまで、かぼちゃのおうちへの各種お問い合わせが増えていますので、件名【1月25日ケーキについて】で送っていただけると大変助かります。

メールアドレス→ squashappy☆gmail.com(お手数ですが、☆を@に変換してください)

※記述スタイルは自由で構いません。本日のお写真がある方は、差し支えなければ添付していただけたら嬉しいです。

メールのお返事は、お時間をいただきますが必ずいたしますので、ご協力いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
by rapisblue2 | 2012-01-25 17:09 | お知らせ

朝イチ雪さんぽ

今朝、夫が出勤するとき玄関で
「おー快晴!朝イチ散歩でも行ってきたら?」と私に。
d0236399_10273942.jpg

「うん!いってらっしゃい」と見送った直後、
「はっ、そうか、それならば!」と超高速で着込み、すっぴんのまま大急ぎで家を出ました。

頭の中は「デート、デート♪」

足元は雪道もOKなお気に入りあったかブーツ!
腹筋に力を入れながら、なるべく雪のあるところをザクザク、革靴のお父さんやヒールのお姉さんを小走りで追い越し、息があがってきたところで・・・

50m先に夫を発見!!

でも、そこからが遠い(笑)
見えているのに、いつものようには走れません。

でもぜったいに追いつくんだ!がんばれ!ほら、車来ない!渡ってしまえ!

・・・なんでしょう。
すごい青春している人になっていました。
でも楽しくて仕方ない感じです。

さらに息があがってきて、夫が見えなければ諦めてペースダウンしそうなところを、
時にぴょこぴょこ跳ねながら、時にざくざく駆け上り、ちょこまか慎重に進み、
ようやく夫の背後に到着!!

ちょっと大きめの足音をたててみたら、ほどなく振り返った夫、
笑顔で「おー、よく追いついたね」。

(わたし、時々こういうことをするので、そんなには驚いていませんでした笑)


そして駅まで残り7分くらいの道を、並んで歩きました。
私はそこで大満足、ほくほくでした。

最近こうやって並んでお散歩することがなかったのです。


ちょうど真正面に富士山が見えるところ。
空気中のチリがみんな落ちて澄みきっているせいか、いつもより山々が近くに感じます。

朝日に照らされて、きらめく雫たちは天然のイルミネーションみたいでした。


駅の改札で見送って、携帯ひとつだけ持って出てきたわたしはそのまま引き返しました。

途中、「ガガガガッガッ!ガッ!ガッ!」とすごい音がしたので見ると、
向こうからなんと、お父さんが必死でベビーカーを押しながら坂を下ってきます。
ベビーカーはでこぼこ道を縦に横にすごい揺れようで、コート姿のお父さんはどこか困ったような笑っているような顔。
コント見ているみたいで、可笑しくなってしまったけれど・・・
赤ちゃん、あんなに頭揺れちゃって大丈夫かしら??と心配になりつつ、駅まであと少し、と心の中で応援してすれ違いました。


それから向かったのは、ご近所一のパワースポーット(と勝手に思っている)弘法の松公園。
新百合ケ丘の街、富士山を含めた山々がずーっと見渡せます。
もうだいぶ溶けかけてはいましたが、街も、公園の中も、爽快な美しさでした。

弘法の松。
d0236399_1035363.jpg

石畳の溝の雪がきれい。奥に見える塊は誰かが作った雪だるま。
d0236399_10363269.jpg

新百合ケ丘の駅方面。いちばん高くて白いのが富士山。
d0236399_1037102.jpg

藤棚の蔓がいい味を出しています。
d0236399_10385568.jpg

鳩が一羽だけ、ずっとこのベンチ周辺にいました。
d0236399_1042151.jpg

みんなきれいだよ〜。
d0236399_11125065.jpg

この公園でいちばん高いところに、石の椅子と机があるのです。
風が通り抜けていき、とにかく気持ちがいいところ!
d0236399_10531539.jpg


充実の朝でした!
by rapisblue2 | 2012-01-24 11:16 | 彩り

料理の楽しさ

先週末、CAFE KIRAKIRAでお世話になっているTOMOKAさん宅で レシピのない料理教室 が開催されました。
d0236399_17275171.jpg

あるのは元気でおいしいお野菜と、とってもおいしい本物の調味料。動物性食品や乾物は一切なし。
イメージを膨らませて、その場でお互いに相談しながら自由に作っていくという楽しい時間。

私は、皆さんが組み立てや仕上げにとりかかる頃に到着して時間が限られていたのと
前日に落ち込む出来事があったのを引きずっていたのとで
頭がまわらず、食材を前にしばし固まりました(笑)。

でも、小松菜がわたしを呼んでいるのはなんとなくわかったので
ひとまず茎だけ切って、葉っぱは残して
炒めはじめました。

作業が終わった方から「何かお手伝いしましょうか?」「次は?」「何作っているんですか?」
と聞かれるも、
「うーん、わからないんです・・・」と繰り返すのみ(笑)。

小松菜の茎、たまねぎ、大根など(詳細は忘れてしまいました)のみじん切りをよく炒めて、調味料と出汁で煮て、最後に残しておいた葉っぱをあえて、玄米のフィットチーネと和えたもの。
(パスタと合わせるのはTOMOKAさんの案!)

ああ、今確かにこういうのが食べたかったなあと思う味でした。


我が家はキッチンが広くないので難しいですが、友人たちとこんなふうに自由にワイワイお料理したら、とっても楽しいだろうなあ!!

時々、「お料理教えて!」と声をかけていただくことがあるのですが、
私は一般的なお料理の腕はごく普通かそれ以下だと思っていて、
「教えるなんてとてもじゃないけどできないの」と言ったりします。

ただ、発想力やとっさの対応力はあるほうなので、
目の前に起きることを一緒に楽しみながら、頭だけでなく感性主導で進めていくライブ感のあるお料理会なら、やってみたいなと思っていたところ。
今回はまさにそれが実現されたお教室で、純粋に楽しめただけでなく講師側の参加者の方への介入の仕方など、とっても勉強になりました。

逆に、発想力だけでも限界があるということも感じます。
やはり安定した技術や知識があればもっともっと楽しく、より自由にお料理ができるにちがいありません。

今年は、ケーキはもちろんですが、お料理に関してももう一歩踏み込んで、経験値を増やしたいなあと思いました。


皆さんが帰られたあと、一緒に片付けをしたら、TOMOKAさんが美味しくてやさしいチャイを淹れてくださいました。
和紅茶とスパイス、豆乳、甘みは羅漢果。
じんわーり優しくひろがって、思わず笑顔。何より、ひとりじゃなく、ふたりで一緒に飲むチャイってなんだかすごく幸せです。
前日からひきずっていたことも聴いていただき、
思わぬところで大爆笑もあり、とっても癒された時間でした。
こんなに近くに、こんなにステキな先輩がいて、幸せ!



・・・チャイといえば、先日、雪の寒い日にMaru。さんにお持ちしたスイーツは、チャイスパイスのマフィンでした。カシューナッツとレーズン入り。
d0236399_18173586.jpg


今日は、ずっとやってみたかった、親子向けのケーキの会をMaru。さんで開催させていただきました。とても楽しい時間でした。
店長丸岡さんが写真を撮ってくださっていたので、それをお借りして、後日レポートupします。
by rapisblue2 | 2012-01-23 18:30 | おいしい!

好きな絵本の共通点

わたしは絵本が大好きですが、
最近になって、特に好きな絵本には共通点があることに気づきました。
つまり、それぞれの絵本の一体何に惹かれていて何が好きなのか、という点を掘り下げてみたら同じだったということです。
d0236399_2154686.jpg

気づいた瞬間、衝撃的で、快感で、そしてとても感動しました。

それはまさに自分の価値観そのものだったからです。
d0236399_216284.jpg


「相反するキャラクターがいる」

「どちらが良いとか悪いとか、優れているとか劣っているとかではない」

「怒ったり指摘したりして相手を変えようとするのでもなく、違いを認め合っている」

「どちらもかけがえのない大切な存在である」

「両方いるからおもしろい、両方あるから世界は成り立つ、それが自然」

というメッセージ。


これはわたしの中に常にある意識です。

自分とちがうルールを持つ人に対するものでもあり、
自分自身に存在する両極に対しても同じように考えています。
d0236399_217159.jpg


親しくさせていただいている方は感じていらっしゃると思いますが、

いい加減なようで細かかったり、
几帳面なようでいておおらかだったり、
優しいようで厳しかったり、
カタいようで緩かったり、
おろおろしていたかと思えば一人で大胆な行動に出たり、
どんなに一つのことを守っていたとしても、心を動かすことがあればあっさり変えてしまったり、

自分でも不思議だなあと思うくらい、多様性に満ちています(笑)。

「これはこう」
「こうするべき」

という信念を持ち続ける人には、残念ながら理解されがたいかもしれません。

長い間、自分を二つに分けてしまっていて、
どっちが本物なのかしら???と悩んだりもしたのですが、
答えはとってもシンプル。

どちらも自分でした!

わたしのような人を
【変化の大きさに周りは驚かされるが、結局はどちらの態度も「自分にウソがない」という一貫性で貫かれている】
と言った方がいて、深ーく納得です。

自分の気持ちにウソをついているのは、正直とってもたいへんです!!


わたしの大好きな友人がよく言う言葉で、
「自分に貢献!」という言葉があります。

初めて聞いたときに、ハッとさせられました。

誰かのために、
家族のために、
チームのために、
地域のために、
社会のために、
日本のために、
世界のために、
地球のために。

響きはかっこいいのだけれど、
じゃあ、自分のためには、誰が何をしてくれるの?

・・・誰も何もしてくれません(笑)。

何かのために行動する動機が、実は見返りを求める気持ちなのであれば、
何も返ってこなかった時に、それはもうキツいです。

だからこそ最初から、自分で自分に貢献!!
やりたいことをやる。
いいと思ったら選ぶ。

とってもシンプル。
とってもさわやか。

自分が満たされていると、周りの人のステキなところもたくさん感じることができて、
嬉しくて笑顔がはりついてしまうことも。

特に小さな子どもたちの、「その子だけの才能」を見つけた瞬間は、もう大興奮です。

もちろん反対に、満たされていない時は愚痴や文句が自然と出てきます。
それが悪いということではなくて、そうなっている自分に気づければもう9割は自分に貢献できていますよね。



金子みすゞの【みんなちがって、みんないい】

なぜこの言葉が大切にされるのか。

それは、どんなに社会の常識やルールに従順な人であっても、本質的には皆、そう思える部分があるからではないでしょうか。


絵本の世界は、大人のわたしたちにも素晴らしい気づきをもたらしてくれます。
by rapisblue2 | 2012-01-21 22:07 | 絵本のせかい

お豆腐とじゃがいもの南瓜クリームグラタン

d0236399_9394555.jpg

先日の外食ランチで、お豆腐と南瓜のグラタンというのが出てきて。
わたし流でさっそく再現。

椎茸昆布出汁で煮切ったじゃがいもと、おいしいお豆腐に、
豆乳と米粉と南瓜で作ったクリームソースをかけて、オーブンで焼きました。

お店のはスイーツのようにかぼちゃの甘みが出ていてそれも美味しかったのですが、
お塩しっかりめで、ハーブや胡椒でちょっと大人の味に。
夫にはカマンベールチーズをとろんとのせて出しました。
by rapisblue2 | 2012-01-20 16:59 | おいしい!

お菓子から始まる調味料のはなし

Maru。さんに火曜、水曜にお持ちしたスイーツです。
かぼちゃプリンに、クッキークランチ、カシューナッツ、焙煎玄米パウダーをトッピング。
d0236399_18573292.jpg

紫芋クッキーに、デーツ餡、デーツ餡クリーム、ラフランスのコンフィチュール。
d0236399_18571453.jpg


デーツは馴染みのない方も多いかもしれませんが、とーっても甘みの強いフルーツです。
レーズンのようにドライになって売っていて、少し煮て柔らかくしたものをピュレ状にし、ほんの少しのお塩だけで炊いた小豆と混ぜるだけの、ノンシュガー餡。
驚くほど簡単なのに、濃厚な甘みは満足感があります。

小豆は腎臓に良いとされていますが、お砂糖たっぷりだとその効能はなくなってしまうそうです。
本気で「腎臓を治すぞ!」の時は少量のお塩だけで炊いた小豆(お豆本来の甘みを感じられます)、でもスイーツとしていただく時には物足りない。

そんな時に、果物(果汁、ドライフルーツ等)やお米(甘酒、米飴等)の甘みを借りています。

お砂糖はお砂糖であって、「甘い」と味覚だけで完結してしまうけれど、
果物は生でかじったりジュースとして飲んだり、お料理やお菓子の甘みとして使ったりすることができるという点、
お米も、炊いて食べたり、お餅やおせんべいにしたり、お味噌やお酒、飴にもなって、やはりそれぞれ色々な方法で使ったり食べたりすることができ、身体への+の影響もたくさん秘めているという点が素晴らしいなあと思っています。

私はスイーツで玄米甘酒を使った後、残ったものにはよく醤油、味噌、練り胡麻などを混ぜてドレッシングにします。
煮物に、みりんやお砂糖のかわりに使ったりもします。
シンプルにお醤油だけ混ぜたものは、玄米の皮の食感が、なぜか「おかか醤油」みたい!
もともと栄養たっぷりで深みのある味の発酵食品なので、出汁さえ必要なく、もうそれだけで充分美味しい調味料なのです。

塩、醤油、味噌、オイルなど基本のものは自然食品店で、本物を。
それだけの値段は確かに一般的なものに比べて高いのですが、
本当に美味しいお醤油が一本あるだけで、とーっても幸せな食卓です。
色々な味のドレッシングや不思議な?(笑)ソース類はもう何年も買っていません。

何よりも、本物に誇りを持って、混ぜ物一切なしで、きちんと作っているメーカーさんを応援したい気持ち!
夫婦ともに、その気持ちがいちばんです。

我が家のお気に入りのお醤油は、井上古式醤油。(写真はHPより)
d0236399_19565450.jpg

美味しいお醤油は他にもたくさんありますが、どうしてもこれに戻ります。
これを使えばシンプルなものも、みんな御馳走になる!というくらい大好きです。

ただの磯部焼きも、うっとりしてしまう美味しさ。
私は、ふっくら炊けた玄米ごはんとこれだけで、2杯はいけてしまいます(笑)。

・・・美味しさの裏側?のご紹介でした。



日本は世界一の発酵食品大国。
ヨーグルトを食べなくても、普段使う調味料を「本物」にしてお砂糖を控えるだけで、身体の中もお肌もかわってきます、これ本当!
なぜなら、人間の身体も「本物」だから♡

うーん、本当?!
気になる!!
という方、ぜひ一度お試しくださいね♪



CAFE KIRAKIRAも、日本古来の伝統的な製法で作られた調味料を使った、野菜料理をお出ししています。
時々お客様から、美味しいのね〜、これはどうやって作るの?何が入っているの?とご質問をいただき、
「お塩と、お醤油ほんの少しだけです」
などとお答えすると、とっても驚かれることがあります。

驚いて、後日、あるいはその場で、TOMOKAさんのお料理教室にお申し込みされたお客様が、何人もいらっしゃったのです。
それを知って、なんだか自分のことのように嬉しい私でした!


今週も大盛況で、デリ、スイーツともに気持ちよく完売。
ありがとうございました!

かぼちゃのおうちクリスマスケーキのお客様がママ友さんたちと赤ちゃん連れで来てくださったりMaru。さんを通して、マクロビオティックの教室をされている清美さんを通して、などクチコミでのお客様がたくさんいらっしゃいました。(清美さん、先日ブログでKIRAKIRAのことをご紹介いただきました。記事はこちらです→
こんなふうに、地域のつながりが広がって行くのは本当に嬉しいことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
番外編♪

日本のものではありませんが、お気に入りのオリーブオイルをご紹介します。
パレスチナオリーブオイル(写真はHPより)
d0236399_2034024.jpg

これは大好きなCAFE UTOKUさんで出合いました。
一般的に安価で売られている油がどのように作られているのか、私はそこで初めて知りました。
やはりこれも、身体にとって良いものを、という以前の部分をどう選択していくか、という意識を持つきっかけとなった、大切な商品です。

使おう、とフタに手をかける瞬間に、毎回かわらず感謝の気持ちを感じることのできる、オリーブオイルです。
UTOKUさんでは、このオリーブオイルを塗った、最高に美味しいカンパーニュのトーストをいただくことができます。
by rapisblue2 | 2012-01-19 20:14 | おいしい!

フクロウさん♪のケーキ

お子様とおばあちゃま、ダブルバースデーのケーキ。
おばあちゃまにはサプライズだったそうです!
d0236399_18111039.jpg

ゆなちゃんは最近、「フクロウさん」と声をかけると「ほーほー」と返してくるのだとか。
そしてお歌も大好きということで、フクロウと音符のモチーフをとのご希望でした。

フクロウのクッキーは初めてだったので、今ある道具(色々なクッキー型の一部分や、口金や竹串など)を駆使して色んな顔を作って・・・私自身もかなり楽しみました。
(上にふたつ、あとは別にお渡ししました!)

フルーツはゆなちゃんが好きなバナナがメインで苺を少々、無糖ブルーベリージャムを使用したケーキです。

口のまわりにいっぱいクリームをつけてフクロウクッキーをかじるお子様のお写真を送っていただきました。すくすく、大きくなってね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日から、百合丘のママカフェMaru。さんが営業再開しています。
さっそくランチスイーツのご注文をいただきました。

今日は、苺と葡萄のソース×ソイクリーム×レーズン入りスポンジのグラスデザートでした。
d0236399_18255842.jpg


Maru。さん、イベントいっぱいでいつも楽しそうです。
0歳からのクラシックコンサート、リフレクソロジー、英語あそび、フラワーアレンジメント、骨盤整体などなど。

来週は、かぼちゃのおうちでケーキトッピングの会を開催させていただくことになっています。ご参加の皆様、4号(12センチ)のホールケーキをお持ち帰りいただけますので、お楽しみに♪
by rapisblue2 | 2012-01-16 18:34 | お知らせ

おひさまのようなケーキ/クリームお試しのお知らせ

今週からCAFE KIRAKIRAの営業が始まりました。
年はじめということで、今日と明日はお重のごはんです。
酢の物、煮物、揚げ物、和え物、蒸し物など色々なものがいっぱい!
わたしは特に、はなびら餅仕立てのきれいなお椀に感動しました。明日もお重のセットと、たまねぎなどお野菜いっぱいお豆いっぱいの絶品カレーもご用意してお待ちしています。

CAFE KIRAKIRAは、青葉台発・地元のエコ発見メディア森ノオトで詳しく紹介していただきました。

今年も楽しく元気に、TOMOKAさんのおしゃれで美味しい野菜料理やヘルシーなスイーツをお届けしていきますので、よろしくお願いいたします!


さて、先日作らせていただいたお誕生日ケーキをご紹介します。
【おひさまのようなケーキ】
d0236399_17214895.jpg

ひなたちゃんは、寒い日が続く中、めずらしく暖かな日を選んで生まれてきた女の子だそうです。
すてきなお名前ですね。
ソイクリームかパンプキンクリーム、おまかせします、ということだったのですが、このエピソードを伺って、やさしい黄色のパンプキンクリームで作らせていただきたいなと思いました。
酸味のある紅玉りんご(生、半生、ジャム状)と、かぼちゃペーストをあえたクリームもたっぷり入っています。
側面にアルファベットのスポンジをひとつずつつけて、HAPPYBIRTHDAY。
作っていてもぽかぽかしてくるようなケーキでした。

かぼちゃのおうちでのホールケーキは先月から、
ソイクリーム
バニラクリーム
ショコラクリーム
パンプキンクリーム
の4種類からお選びいただいています。

ご注文はソイクリーム、ショコラクリームが多いのですが、
小さなお子様にはこのパンプキンクリームが断然おすすめです。
事前にMaru。さんでご試食、またはお持ち帰りしていただくことも可能なので、お誕生日ケーキご検討の方は一度お問い合わせいただければ幸いです。
なお今月は25日(水)にクリーム4種お試しセットをご用意させていただくことにしました。
内容や購入方法など詳細につきましてはお問い合わせの方にお知らせいたします。

squashappy☆gmail.com(恐れ入りますが☆を@に変更してください)

まで、お待ちしております。
by rapisblue2 | 2012-01-11 17:56 | お知らせ

2012年のはじまり

新年5日目の空は、すかっとすーっと抜けるような青空でした。

かぼちゃのおうちは、今日から少しずつ、いただいたメールのお返事を書いています。
お誕生日ケーキは9日からスタートです。

年賀状をいただいた皆様、ありがとうございました。
今年は新年のご挨拶を控えさせていただきましたが、これから寒中お見舞いをお送りします。


クリスマス後はホッとしたのもつかの間、大晦日、お正月にかけて、暮らしのペースも食べるものも見るものも、非日常のオンパレード!
ふだんは置物と化しているテレビをつけて、夫と並んで座って観たりもしました。

思いもよらず、心が揺さぶられることも盛りだくさん・・・。

おかげで年始早々に、本当に大切なものや個人的な課題がはっきりとわかったのはありがたかったです。

いつになく身体と心にズレが生じているのを感じ、味わい、今日はやっと心(あたま?)静かに過ごしています。
こういう時に、ゆっくりと動いているものを見つめ、もとに戻っていくのを包み込むように見守れる自分でありたいと思います。



新しい年を迎え、ここに何を書こうかと考えましたが、とくべつかっこいいことも、ステキなことも思い当たりませんでした。
そこで、このお休み期間に出会った、あるいは出会い直した読み物を、個人的なコメントとともにご紹介します。すこし長くなります。お時間ある方は、どうぞおつきあいください。
d0236399_22362137.jpg

手前左から時計まわりに。
ベジマニア
・・・レシピ本なのですが、「にせベジタリアンの告白」という最初のコラムが面白いのです。とてもオープンで、さっぱりきびきびした潔い文章で。
まだレシピをみて料理はしていないけれど、きっと味も、潔くてくっきり美味しいのだと思います。
制限食ではなくて、こんなに楽しくて無限大で美味しいの!と伝わってきます。
何より、「これはこうやって料理して!こうやって食べて!」と決めつけていないところが好きです。レシピには卵、乳製品、お肉、お魚、どこにも使っていません。でも、チーズ入れたいなら入れればいい、魚や肉と合わせるのも自由、と書いてある(笑)。
その未知数の可能性こそが料理の楽しさだと思っているわたしは、そう、そう!とにんまりしてしまうのです。

くらし中心
・・・良品計画から出ているフリーペーパーで、リンク先からデータをダウンロードしてバックナンバーなども読むことができます。
今出ているNO.6の【手渡すこころ】は心に沁みる内容で、薄いのですが思ったよりも読み応えがありました。
贈り物って何だろう。贈るってどういうことだろう。最近ちょうど考えていたテーマでした。
回数とか金額じゃなくて、単に使うかどうかでもなくて。
「喜んでもらえるもの」「困るもの」ってひとことで言うけれど、何を喜んでもらいたいのか、喜びの頂点がいつどこであってほしいのか、人によって全然ちがうと思うからです。
わたしは今回「居場所を贈る」という言葉に、目が釘付けになりました。


魚座
・・・子どもの頃、星占いが好きでした。好きな男の子との相性が良いかどうかで一喜一憂したものです。大人の世界でも、女性誌の後ろのほうには必ずと言ってよいほど「今月の運勢」があったり、朝のテレビ番組に「今日の星占いの順位」があったり。だからこそどこか、お遊びとか、俗っぽい印象を持っている人も少なくないかもしれません。
けれどこの本は、他とは一線を画しています。当たる当たらない、相性がどうのこうの、ではなく、ひとつの読み物として本当に好きだなと思う本です。
とてもやわらかく、優しく、いちばん手にとり読むであろう魚座の人たちとその周りの人たちのために、選びに選び抜かれた言葉たちであることがわかります。
わたしは今までに、ここまで自分にしっくりとくる星座の本を読んだことがありません。まさに自分のことが書かれていて、人にはなかなかうまく伝えられない深い部分も代弁してくれているので、驚きました。
12星座、すべて違う装丁と内容で出版されています。
夫の牡牛座も、ちらと立ち読みしたらやはり、あまりにも彼のことなので面白くて、一緒に購入しました。

だいこん
・・・リンク先のように、これまでたくさんのテーマで出版されています。
書店にたくさん並んでいるとそうも気にならなかったのですが、古本屋の料理本コーナーに一冊だけまぎれこんでいたのを手にとったら、それはそれは中身が濃くて圧倒されました。
大根って素晴らしい!!!!と唸ってしまいます。そして、おでんでハフハフ、厚切りのが食べたくなること間違いなし。あと、丸揚げ大根と、いぶりがっこもね。
バックナンバーに「かぼちゃ」もありました。これは要チェックです。

南の島の星の砂
・・・ただ絵が美しく、圧倒されました。
「仲間たちは体を洗い 島のがじゅまるの木は おいしいお水をたくさんのみました」
「ポチャン ポチャン 星はのこらず海に落ちてしまいました」
「洗いたての 東の空に ポカポカのお日様が生まれる頃 星は島の岸辺に打ち上げられていました」
のくだりに心が動きました。
正直、歌手としてのcoccoのことを、あまりよく知りません。彼女の大ヒット曲も、当時は歌詞の意味を理解していませんでした。でも今改めて聴き、読み、観て、また聴くと、表現者としての彼女の意思、その世界観にのめりこむ人たちの感覚に、以前より触れることができる自分になれている気がします。

くまとやまねこ
・・・湯本香樹実作、酒井絢子絵、というのが目にとびこんできて、そうきたら嫌いなはずがない、という視点でたまたま手にとった絵本です。
そんな軽い気持ちだったので、開いてみたらテーマが、死、喪失であることに一瞬戸惑いを憶えました。本当に、「えっ・・・」という感じでした。気持ちを切り替えて、まっすぐに読み進めました。
深い悲しみ、気づき、再生が、少ない言葉で淡々と、でも丁寧に綴られています。大切にしたい絵本がまたひとつ。



こんなふうに、このブログはこれからも、ケーキに関係ないこともたくさん書きますが・・・
今年もよろしくお願いいたします!
by rapisblue2 | 2012-01-05 23:40 | お知らせ