<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かぐや祭り 前半にぎゅぎゅっと

d0236399_21142974.jpg

かぐや祭り、無事に終了しました。二部に出演予定だったアーティストの方々も一部に集結して出演され、常に色々な音楽やパフォーマンスが行われている、賑やかであたたかい時間でした。

昨夜と今朝、別々の友人が、我が家にお手伝いに来てくれました。そして夫も忙しい合間を縫って、最大限のフォローをしてくれました。

それに、素材提供でご協力いただいた、親愛なる【きま畑】さんと 北海道ひびきの村の【ウィンディヒルズファーム】さん、遊びに来てくださった方々、色々な人にわたしのことを紹介してくれた友人、そして さんわーくかぐやの皆様、興味をもって足をとめ、話を聴いてくださったお客様・・・
心から、ありがとうございました。

まだまだ、まだまだなのですが、今までではいちばん落ち着いて段取りができて、自分の心をコントロールしながら楽しんで臨めたイベントでした。
同時に、反省点も色々ありました。
仕事が終わって駆けつけてくれた夫に帰りの運転はまかせ、爆睡。

でも落ち着いて食事がしたかったため寄ったお店で、今回感じたこと、考えたこと、これからの展望など、いろいろ話を聴いてもらって、うん、また色々やりたいことが見えてきて、さっそく次に向けて動き出す かぼちゃのおうち です。

そうそう、その、寄ったお店のスタッフの方たちが、みなさま笑顔で、すごくよく気にかけてくださるし、お店を出るときも最後の最後まで口々に「ありがとうございました」という声がおっかけてきました。
そんなことで感極まって、扉のところで一人、ウルウルしてしまいました。嬉しかったんです。ほんとに「ありがとう」っていう気持ちでお仕事している方々だなあって、背中で受け止めきれないほど感じてしまったのでした。
 
今日は、とくべつかぼちゃプディングと、かぼちゃたっぷりスチームパウンドは特に売れ行きスピードが早かったです。
ほか、しっかり生姜風味のさつまいもパウンド、茄子のコンポートとレーズン入りのココアスパイスケーキ、バナナとデーツ小豆のパウンド、自家製ケチャップを使ったオニオンナッツパウンドなど。
昨夜思い付いて、5食だけ販売した、いただきものを使った【いただきものありがとうプレート】も、やってみてよかったなあと思いました。

ほんの少しのことだけれど、誰かの優しい想いがあって私のもとにやってきた素材に対して、真摯に向き合いたいのです。伝えたいことを伝える、そういう当たり前のことを、忘れずに、いや、人間だから忘れちゃうこともあるかもしれないけど、そしたらまた思い出せばいいよね、そうやって、波はあっても「続けること」「信念を持つこと」大切にしたいなと思います。

今朝は、バースデーケーキのお渡しもあり、お客様にもイベント出店のためお時間調整などでご協力いただきました。

本当に、たくさんの方々に支えられてこそ、わたしは活動できていると感じます。

今夜は台風直撃で、時おり風圧で窓が大きな音をたてますが・・・
きのう徹夜のわたしは、熟睡してしまいそうです。

あたらしい明日が、楽しみ!!
by rapisblue2 | 2012-09-30 21:26 | お知らせ

さんわーくかぐや かぐや祭りに出店します

d0236399_9492422.jpg

明日、出店予定のお祭り【かぐや祭り】に向けて。
 ※藤沢市善行にある福祉施設 さんわーくかぐや にて開催されます。

明日の午後からは台風の影響がだいぶ出てきそうなので、午後の部はなくなるかもしれません。

でも今回は、自分が食べたいものを作って、美味しいものができたら、皆さんにお裾分けしに行く。
そんな気持ちを保ちながら仕込みをしているので、とても楽しいです。
ひらめきにまかせて、Maru。さん向けには作らないような、オトナの組み合わせ、ビター感のあるものなど、作っていますよ♪

ご挨拶を兼ねて、ひとまずテントをたてに行ってきます。

詳細はまたのちほど。
by rapisblue2 | 2012-09-29 09:44 | 彩り

ハロウィン先取り!ちょっぴり早めのお祝いケーキ

d0236399_15533749.jpg

この9月から韓国に留学する方からの、ちょっぴり早めのお誕生日ケーキのご依頼でした。
日本にいるうちに、卵、乳製品、白砂糖なしで、美味しくてかわいいケーキを食べたい!と、春にスイーツビュッフェを開催させていただいた読売ランド前のnatural stone cafe オーナー蜂谷様からのご紹介で、御連絡をいただきました。
(ご縁をつないでくださって、ありがとうございます!)

はじめは、サツマイモが大好きなのでサツマイモのモンブラン風で・・・とのご希望だったのですが、まだ信頼できるところから美味しいサツマイモを仕入れることができなかったので、真っ盛りの南瓜を使ったケーキをご提案、制作させていただきました。

ハロウィンのような楽しい感じで、秋らしいイメージも。こんなケーキになりました。
韓国語でのプレートは初挑戦でした。

お客様より:「とおっても可愛く食べるのがもったいなかったですが、家族で美味しく頂きました♡ 今まで食べた誕生日ケーキの中で1番美味しかったです。最高の前祝い?になりました!これで留学バッチリ頑張れそうです!」

ケーキと交換に、お手紙もくださって、中には「ケーキずっと前から楽しみにしていました!」と書かれていました。
お手紙は今も、キッチンに貼ってあります。

どうぞお体にお気をつけて、素敵な1年を・・・☆
by rapisblue2 | 2012-09-21 16:07 | 彩り

ピンクと赤!ポップでかわいいケーキ

d0236399_15194854.jpg

テーマカラーはピンクや赤、ポップで可愛いイメージのケーキを、とのご依頼でした。
クリームはソイクリームですが、ビーツのコンポートをミックスし、一部ピンク色でデコレーションしました。

夏の暑い暑い日、電車に乗ってご依頼の方の妹さんが受け取りに来てくださったのですが、お仕事のこと、以前新百合ケ丘にお住まいだったことなど、暑さも忘れるくらいお話が弾み、お会いできた感動とともにキラリと美しい時間でした。

お客様より:「箱を開けた瞬間、思わず「きゃー」と叫んでしまいました。当日、受け取りに行ったのは私ではなく妹でしたが、妹からとても素敵な方でお会いできてよかったと申していました。暑い中にも関わらず、熱心に話を聞いてくださり、最後に握手してくださったことに妹がとても感動したみたいです。直接、お会いしてお礼を言えなかったのが心残りです。嬉しくて、両親や友達にもメールしてしまいましたが、皆、喜んでいました。
また、是非お願いしたいと思っています。
しっかりとした食に対する考えをお持ちの方にこの様な記念のケーキを作っていただけて感謝の気持ちで一杯です。お忙しい中ありがとうございました。
また、ぜひぜひお願いします。」

本当に幸せなお仕事をいただいています。

ありがとうございました!!
by rapisblue2 | 2012-09-21 15:27 | 彩り

種まき記念日

d0236399_2119487.jpg

この種はずっと前に購入していたのだけれど。

やっとこの日が来ました。

ベランダのプランターでのお花や野菜栽培をパタリとやめたのは、もう2年前。

3.11以降、私自身も周囲でも色々な変化があって、

野菜と、畑と、種と、生き方が自分の中でつながってきて、

とらわれていたものを手放し、

物の本質ー形にないけれど感じるものーを見ることができるようになってきて、

遺伝子組替えも消毒もされていない種をまく、その覚悟ができました。

うまく育ってくれるかはわからないけれど、
この種は自家採取すれば、また来年も健康な作物ができる(当たり前に思えるけれど今や必死で守らないと消えてしまうところまで来てしまった)、次へ命をつないでいく力を持った種です。

今年の前半は、自然栽培の畑に足を運ぶ機会をできるだけ持つようにしました。
知る必要があると感じたし、純粋に土や野菜に触れたかったというのもあります。そして畑を職場とする人たちにも直接お会いして、お話を伺ってみたかったのです。自分が何に、どこに向っているのはわかりませんでしたが、このわき起こるような行動から生まれた出逢いやそこで得たものは、肉体的にも精神的にも、当初まったく考えてもいなかったところに、私を連れていってくれました。



・・・畑でのことは、追々書くこととして。


とにかく今日は、種まき記念日です。
by rapisblue2 | 2012-09-08 22:16 | まじめなお話

確実じゃないが、確信だけは持つ

昨日、夫宛てに届いた、アウトドアウェアメーカーのフリー冊子に、タイトルの言葉(意訳)がありました。
d0236399_8474740.jpg

山登りや自然の中に身を置くことはもともと好きですが、結婚してからは夫にもかなり影響を受けたように思います。
夫は仕事柄、様々な状況に適応するアウトドアウェアや装備をけっこう持っています。
身長がほとんど変わらずふたりとも170センチ前後、夫は細身で私は平均的。私はむしろ女性ものが窮屈なこともあるので、何かとよく借りています。とても便利です(笑)。

そんなわけで季節ごとに数社から、新作の案内DMやフリーペーパーが届くと、私も目を通すようになりました。「山ガール」というほど、実際はウェアのおしゃれに気を使っていないしお金もかけていないけれど、かわいかったり、かっこよかったり、なるほどねー!と驚きがあったり、なかなか楽しめます。

そして、もうひとつ楽しみなのはアウトドアで活躍する人のインタビュー記事。
自然と向き合い過酷な環境に挑みながら、根底には自然への深い愛情と敬意を持っている人たちの言葉は、とても説得力があります。
今朝、私がハッとしたのは、シーカヤックとスキーを組み合わせ、世界中の辺境を漕いで滑る新井場隆雄さんのインタビュー記事の中の言葉。厳冬期の知床、右側に波がかかれば右側だけすべて凍る、そんな中も漕ぎ抜いた方です。

「知床半島は海抜0から1600m級連山がそびえたっている地形だから、風は猛烈に強いし、波や天候を判断するのも難しい。いつだって自分の判断に自信は持てないでいるけど、確実じゃないからこそおもしろいんですよね。ただ、確信だけは持つようにしています」


・・・これはもう、読んだ瞬間にスーッとするような感覚でした。
何度も何度も読み返し、頷きました。

新井場さんに共感するなんてことはとても言えないレベルの話ですが、
私自身なかなかのアドベンチャー人生で、リスクを伴う決断も多々してきました。実際、苦労も多かったです。(たぶんこれからも 笑)
そういう時は大抵、「どうなるかは、わからない。でも今はこれだ。来年じゃなくて今だ。」という確信、「他の人じゃなくて私だ」という根拠のない確信は、なぜか持っていて、突き進んできました。もちろん周囲の方の支えがあってこそですし、誤った判断だったなあ・・・と感じなくなったのはここ数年のことですが。


新井場さんのスタンスがなんだかとても嬉しくて、頼もしくて。

やはり最後には「自分を信じられるかどうか」、それが「家族、友人を信じられるかどうか」。

謙遜する日本人らしさも大切だけれど、裏で愚痴や悪口を言っていたら、なんか違う。
私はそれよりも、自分に良い意味で確信を持てる人が世の中に増えたらいいなあ、と思うのです。

一時的にご依頼を受けて託児をしたり、子どもと関わったりする時間をいただくことがあります。
ほんの1時間、2時間で、子どもたちに私の考えていることを言葉で説明することなんてできないし、しません。
でも、自分が人生を楽しんでいることや、「あなたを信じているよ」のメッセージは、いくらでも、惜しみなく、直接の関わりと自分の生き様で見せていける人でありたい。

なんか口下手でドジで頼りなくてめちゃくちゃだけど、いつも楽しそうで幸せそうで、へんな人だな〜、なんて子どもから思われたら、本望かもしれません。
by rapisblue2 | 2012-09-08 09:50 | まじめなお話

おひさまと虹のケーキ

お子様のお名前のようなケーキ!太陽と虹のモチーフご希望でした。
d0236399_8171063.jpg

虹といっても七色を表現することは最初から目指していませんでした。
色が7つあるということよりも「グラデーションの美しさ」、そしてもちろん美味しさが伴っていなければなりません。
私にとっても大きな挑戦、そして前進になりました。お渡しして以下のメッセージをいただいた時にはとてもホッとしました。

「早速、家に帰ってケーキを見させて頂きました!とても温かかい気持ちになりました。太陽がにこにこパワーを皆に出していて、陽色も私達にとってそんな存在です☆
そして、これからは周りの人にとってもそんな存在になってくれたら嬉しいです!!
そして、食べるのがもったいない気持ちにもなりました。陽色にとって初めてのケーキが、藤樫様の心のこもったケーキで嬉しいです!」
「先日は息子に世界に一つだけのケーキを作って下さり本当にありがとうございました。息子は、おなかがとてもすいていて、切り分ける前に・・・にょきっと手を伸ばして、鳥のクッキーを掴むと一口で「ぱくっ!!」と食べ、次はブルーベリーと。。。その後も止まりませんでした。その中でもクッキーがお気に入りでした。おいしく、楽しく頂きました。記念に残るケーキをありがとうございました。」

使用した材料はかぼちゃ、にんじん、バナナなど離乳食でもおなじみのものを意識し、りんごジュース、にんじんジュース、スポンジのクラム、クリームなどを使って、まさに絵を描くように色を調合しあらかじめ用意した上で、一気に仕上げました。

とても楽しかったです!
ありがとうございました。
by rapisblue2 | 2012-09-08 08:33 | 彩り

マーケット無事終了しました/ブルーベリーの森のお話

新百合ケ丘で新規オープン、住宅展示場でのマーケットが無事に終了しました。
二日間とも数回のスコールに見舞われてしまいましたが、二日目はおかげさまでほとんどの店舗が完売。
応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

※写真はMaru。さんのランチスイーツ。マーケットで購入した、千葉佐倉農園の無農薬・大粒の甘くて美味しいブルーベリーをたっぷりトッピングして焼き込んだケーキです。あっさりめの生地にしたので、無糖ながらすっきり甘いミックスベリージャムを添えて召し上がっていただきました。
d0236399_18145369.jpg


私は最近、髪の毛をショートにし、マーケット当日は夫のポロシャツに動きやすいクライミングパンツを拝借、スコールが来てもOKなゴツい靴という出で立ちで、知り合いのはずの方々に気付いていただくのに時間がかかりました。
そのまま部活行けそうな・・・(笑)
(こういう格好でいると、私ほんとうにケーキとか作る人?と不思議な気持ちになりますね。)

でもテントの片付けなどは、結局ほとんど展示場スタッフの方が動いてくださいました。
(悪天候の中、本当に本当に、お疲れ様でした!!)


やはりママカフェMaru。さんで顔見知りの方、お誕生日ケーキを作らせていただいた方、柿生のVege&Forkに来てくださっている方、FIKAやあんこときなこのファンの方、いつもお世話になっている方々にお会いすることができ、ここがホームだなあという感じがして、嬉しかったです。

いちばんのサプライズは「どこかでお会いした気がする」と声をかけてくださって、私も目が合った瞬間そう感じたので一緒に辿って行ったら、1年勤めた自由が丘のお店のお客様だったということ!!
以前にも同じように「絶対に会ったことある」と言われたことがあり、やはり以前お店で接客させていただいていた方だった、ということがありました。

私のお店での仕事は数字とか具体的な実績という形では残っていないけれど、自分の働くお店、自分が作ったスイーツに誇りを持って、ひとりひとりのお客様に心をこめて接客していたことが、こうして戻って来てくれたのだと思うと、幸せです。

人間ーお客様と自分ー
 にしか残らない、わからないもの。

当人がこの世からいなくなれば、自然に風化されていく。

でも、その儚い記憶や想いが誰かを支え、励まし、認め、平穏をもたらすようなもの。

いいですよね、そういうの。好きです。


これを受けて、こんなことを言ってくださった方がいました。

【受け取る側が本当に感じているのは、他人に親切にする気持ちを楽しく表現していること】

・・・まさに!!!!

そうなんです、私が本来したいこと、得意なことは

「職人としてケーキを作る」
「保育のプロとして子どもと関わる」
「接客プロとしてお客様と接する」

そのものではないのです。

逆に言うと、できるかぎり表現することができ、それが伝われば実は仕事は何でも良いと思っています。(雑な言い方かもしれませんが・・・)
絵を描くのも、文章を書くのも、お菓子作りや料理も、接客も子どもと関わるのも好き。
特に自分の感受性と想像力、表現力を生かすことができた瞬間が好き。

接する人にとって魅力的な表現者でありたいという気持ちが、今はいちばん大きいです。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

そんなわけで、誰に頼まれたわけでもないのですが、マーケット当日、ブルーベリーの販売テントに、個人的に「これは秀逸!」と感動した絵本を置かせてもらいました。
d0236399_19545100.jpg

『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』
エルサ・ベスコフ 作/絵 
おのでらゆりこ訳

表紙絵はちょっとグロテスク?
蜘蛛やしゃくとり虫やカタツムリ・・・

ですが、読み進んでいくと写真のような可愛らしい場面が出て来ます。
ベスコフ独特の世界観。

何よりこの絵本の良さは、大人がひとりで読む時も、子どもに読んであげる時も、【目線】がうろうろせず、とてもスムーズに物語の流れに乗れるように製本されていることです。

すべてのページが、めくると左側は真っ白で、文字と絵が右側のページだけに統一されています。
そのため、めくる動作に惑わされたり気持ちが現実に引き戻されたりといったことがなく、
お話の世界に集中することができます。

さらには紙に上質感が漂い、紙がシュッとこすれる音も、たわみながら空気を切る時の音も、とても心地が良いのです。

購入した時は単に絵に惹かれたのですが、
持ち帰って開けば開くほど気付きがあり、絵本としての芸術性に感動しています。

お話そのものは、すごく面白いとか、とくべつ目新しいとかいうものではありません。
スキップでもなく小走りでもなくよちよち歩きでもなく、
とても安定したわかりやすい日本語で、それがまた良さだなあと思います。

最近の一番のお気に入りです。
by rapisblue2 | 2012-09-06 19:07 | お知らせ

新百合ケ丘でVege&Fork Market♪

昨日はブルームーンでした。
とても明るくて、きれいな月でしたね。
私は夕方から思い立って、リビングの模様替えをしていました。

暗くなって、ふと外を見たらまん丸のお月様。
ああ、きれいだなあとベランダに出たら・・・天井にヤモリが!
ヤモリは家守。
まだ小さな赤ちゃんで、突然の人間の登場にドキッとしたのか、そのまましばらく動きませんでしたが、なんだか縁起がいいな♪なんて思った夜でした。

そして、今日から9月。

この夏は、CAFE KIRAKIRAもママカフェMaru。さんも、しっかりまるまる夏休み。
オーダーケーキもほんの少しだったので、まとまった時間があり、普段できないことを、とことんやってきました。

Facebookではリアルタイムで投稿しているのですが、不特定の読者の皆様に向けたブログでは、改めて情報を整理して、推敲しながらアップしていきたいと思います。

今言えることは、この一ヶ月で、確実に価値観が変化したということです。
生きていくために必要なものは、本当にシンプルなのだと感じ、
ここ数年抱えていたいくつかの大きな悩みのうち2つを、あっさりと手放すことに成功しました。

これからどのように生きて行きたいか。

そのために、具体的にどうすればいいか。

そんなことを自問自答しています。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

さて、今日はお知らせです。

新百合ケ丘 北口のイトマンスイミングスクールすぐ裏手にオープンした、住宅展示場。
この週末のオープニングイベントで、Vege&Fork Market をミニサイズで開催しています。
d0236399_21204993.jpg

展示場は10時〜、マーケットは11時からです♪


自然栽培のお野菜や果物、厳選された調味料、それらを使った加工品
(珍しいもの、いろいろ出会えます)

●野菜のジャム
(こんなものまで、ジャムに?!離乳食や介護食にも需要があるそうです)

ローフードのカレー
(私、ずっと気になっていたの、明日ついに食べちゃう!)にフレッシュスムージー

植物性のスイーツやパン
(バターや卵なしでも、いえ、使わないからこそ美味しいのです。なんと久々、戸田希ちゃんのFIKAも出店!!)

ハンドメイド雑貨
(ドライフラワーやガーゼリボンを使ったステキなミニリース、ポストカード、ラッピングセット、アクセサリーなど、とにかく可愛い・・・)

釜焼き焼きたてピザ
(V&Fのために自家製豆乳チーズを使用、生地はパリパリもちもち)

こだわり自家焙煎珈琲
(地元百合丘の珈琲屋さん!ミルクはソイで用意してくださっています)

無農薬の朝摘みブルーベリー
(千葉の佐倉から。大粒で皮も柔らかくてやさしい甘さ・・・北海道で食べたのと似ていました。これはなかなか出逢えないかも。)

などなど、詳しくは こちらをご覧ください。


トーマスのSLが走っていたり、ピエロがいてバルーンアートしていたりと、
平和〜な空気、流れていました。

今日は激しいスコールもありましたが・・・明日はどうでしょう。
いいお店が揃っているのと、アクセスもとってもいい場所なので、ぜひお気軽に足をお運びください。


♪駐車場あります。

♪新百合ケ丘(ロマンスカー、快速急行とまります♪)からのアクセス

北口を出て信号を渡り正面に続く坂道を下り、アートセンターと小田急オーエックスのある交差点に出たら、オーエックスに向って信号を渡り、オーエックスと「ファースト歯科」を左手に見ながら大通り(世田谷通り)をまっすぐ上り方面に進みます。左手は大規模マンション。
数分歩くと、住宅展示場の案内看板が見えますので左折してください。右手が会場です。

もし迷われたら、御連絡くださいね。
子連れで雨だと嫌だし・・・という方は、手があいていれば送迎しますのでご遠慮なく、おっしゃってください。(今日も、ママカフェつながりのママさん、ご一緒しました)
雨宿りはテントか、モデルハウスでどうぞ(笑)

ふつうのスーパーなどでは出会えない、食べられない。
たのしくて、おいしい時間。
せっかくステキなお店が新百合丘に集まってくださっているので、ぜひご紹介したいなって心から思っています。
想いのある人たちと、会話しながらお買い物するって、いいものですよ♪


皆さんとお会いできるのを、楽しみにしています。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

【おまけ】

〜Facebookのノートより〜


今日ね、青果ミコト屋さんのブースにいた時に、ざばーっ!!!!と、スコールが来たんです。テント布に雨があたって、それはもうすごい音で。


間近にいるミコト屋さんの声も、聞こえなくなるくらい。


あちゃーって、思いました。


今日、何度かスコールがあって、それでさーってお客様がひいてしまったっていう話も聞いていたし。また来ちゃったなーって。


でもね、


ふと見ると、小さな4歳の女の子が、すごく楽しそうなの。


白地にピンクやグリーンの夏らしい花柄のノースリーブワンピースなんだけど、右肩だけずれて、丸出しになっちゃってて、それでもそんなの関係ないって感じで、


お気に入りの長靴でピチャピチャ音をたてたり、


テントの端っこから、まとまってダーダー流れ落ちる滝のような雨を傘で受けて、その振動と音を味わって、今この瞬間を生きてるって顔してました。すごくいい顔してました。


そのうち横殴りの風まで吹いてきて、もう傘なんて役立たず。ワンピースは上から下、前から後ろまでびっしょり。大人と目が合うと、ふわっと笑顔。美しい一瞬でした。


わたしその姿を見て、この子は、このこと・・・この感覚、忘れないだろうなって思いました。


「ひどい雨の時に外に出したことないから、こんなことは初めてで」と、あきらめ顔だったけれど、大人の都合で叱らなかったママに拍手したかったです。



お茶室の水屋で、正座をして静かにお客様を待っている時間。今日みたいにどしゃ降りの雨の日がありました。


これじゃあお客さんは来ないだろうな、どうせ来ないのだからもう片付けて次の仕事に行きたいなと思っていたところ、今は亡き先生がおっしゃいました。


「こうして水屋の屋根に当たる雨の音を聴いた日のことを、きっと思い出す時が来るでしょう。
それも風情があって良いですねえ。」



・・・先生、わたし今日、思い出しました。


雨の日の思い出、皆さんにはいくつありますか。
by rapisblue2 | 2012-09-01 21:31 | お知らせ