<   2012年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

かぼちゃのおうちを、テントの中で!

11月3日(土)に出展する かぼちゃのおうち のブースディスプレイを、一ヶ月ほど考えてきました。
d0236399_1730457.jpg

私は、どんなものを作って出すかということは、どんなブースにするかがイメージできないと浮かんできません。

ところが、煮詰まっていた時に信頼できるステキな方が現れ、一緒に雑貨や家具のお店をウィンドーショッピングしながら、自分にはない物の見方、考え方、買い物の仕方、また、野外出展の特徴を踏まえた荷造りについてなど、いろいろと楽しく勉強させていただきました。

Vege&Fork Marketは野外のイベントで、並木道や芝生にテントが立ち並び、そのテントのひとつを借りて、お店を出させてもらうという形です。
私はこれまでそういう意味だけで、お店を出す=出店、という言葉をあてはめていました。
けれど、単にお店を出す、商品を売るということではなく、それぞれの世界観を小さなテントひとつの中で存分に表現し、伝えることを大切にしたいという自分の気持ちを確かめた時、私の中に、出店ではなく、出展するんだ、という思いが生まれました。

こうして、言葉ひとつとっても、丁寧に向き合っていく作業を一緒に続けました。
もやもやして、あれこれ現実逃避していた数日間があったのですが・・・
笑顔で話を聴いてくださり、不規則なリズムで食事がとれていなかった日には、おいしい手料理をごちそうになったりと、本当に助けていただいています!
d0236399_17445213.jpg

その日を境に、底を打って上昇気流になったのを感じました。

そして、
いよいよ当日まで一週間を切りました。

今日は自宅のリビングの一角をブースに見立てて、ディスプレイの予行練習。だいぶイメージができてきました。
実際に組み立ててみると、いると思っていたものがいらなかったり、逆に必要ないと思っていたものがやっぱり必要だったりと、発見が色々。なんて楽しいんでしょう!
本当に、誰にも文句言われずに、自分のやりたいように、やっていいんです。たくさんの中の1ブースが、本当に、かぼちゃのおうちになるんです。すごい!!ドキドキします。
もちろん、大好きな絵本も持って行きますよ♪

さあ。
あとはこの空間にスイーツたちが入ったら!!

かぼちゃのおうちのメインは、やはり生のオーダーケーキ。とはいえ、いつものような数千円のホールケーキをたくさん作って持って行くのは違います(笑)。
今回は色々な方に、植物性原材料のみで美味しくてかわいい生のスイーツをお気軽に試していただけたらいいな、と思っていますので、イベント会場内、もしくはお渡しして数時間以内に召し上がっていただくのを前提に、要保冷、生のスイーツ中心にお届けします。
もちろんメインは、今が旬のかぼちゃのスイーツです!


Vege&Fork限定メニューとして、プチサイズでなんと8種類のスイーツがお試しいただけるとってもお得なセットを、限定10セット、販売します♪
ひとりで全部!も、みんなで分け合いっこ♪も。
内容は、当日のお楽しみです。


※Vege&Fork Marketでは、今回よりエコステーションを設置し、リユース食器&カップのレンタルを試験的に行います。種類は各一種類のみです。
スプーン、フォーク、お箸、お皿やお椀など(お持ち帰りならお弁当箱でも!)、来場者の皆様にはできるだけご持参いただくようご協力をお願いしています。
このようなイベントはゴミがたくさん出るのですが、それを少しでも減らしたいのです。
かぼちゃのおうちに来てくださる方でお持ち帰りの方は、箱や保冷バッグを。
その場で召し上がる方は、ミニスプーンを。

どうぞ、お持ちくださいね。
(スプーンや保冷剤はこちらでもご用意しています。なお、生スイーツはリユース瓶を使用します。かぼちゃのおうちブースに瓶を返却していただくと50円バックとなります。)

by rapisblue2 | 2012-10-29 17:54 | お知らせ

内田悟さんの【やさい塾】

先日、築地御厨(つきじみくりや:飲食店専門で自然栽培中心の野菜をおろしている八百屋さんで、私も自由が丘のお店でお世話になった経験があります)、内田悟さんのやさい塾に参加してきました。
d0236399_10304489.jpg

※やさい塾プロジェクトから出ている『子どもと大人のやさいの本 やさいのことがよくわかる、やさいの見かた』より

よい意味で、ものすごく裏切られました。
野菜の目利き、栄養価や調理法のことなど、科学的な視点から具体的に教えていただくような講座なんだろうな、どっちかというとグルメ目線の方なんだろうなと、失礼ながら勝手に想像していたのですが、まったくちがいました!

それは、野菜というカテゴリー以前の、命の本質にせまる、熱い熱いお話だったのです。

野菜に関する学校や資格などがいろいろあるようですが、野菜は好きでも、それぞれの個体の栄養価についてはそれほどの興味をもっていません。そんな私にとって、まさに、ああ、そう!そういうことが聞きたかったの!!という感動の嵐で・・実はけっこう泣きそうになっていたほど揺さぶられた2時間でした。

いま危機的状況にある、種のこと。
有機栽培の定義やカラクリ。
自然栽培の畑についての誤解と事実。
食育の問題点。
水耕栽培のベールにつつまれた部分。
ブランド野菜の不思議。
情報の受け取り方。
これらをふまえた、野菜の選び方。

なによりも、内田さんが野菜のことを本当にいとおしそうにお話しされる姿に感銘を受けました。

「あの子たちはね、人間のために甘くなったり辛くなったりしているんじゃないんですよ。」

つい最近、種についての記事を書きました。
野菜たちは、わたしたちの食べ物である前に、ただ、自然の中で生きる植物なんだという思いを抱いていたところでした。強く願いながらも、背伸びせず素直に流れに身を任せ、学び続けていれば、ちゃんと会いたい人に会える、そしてどんどん昇華されていくんだということを実感しました。


以下、とくに印象的だった言葉たちです。

「裏の真実ではなく事実をただ伝えたいと思っていますので」

「野菜って女性的だと思うんです」

「旬のものは、かならず味わいという形で返してくれます」

「(手で持ち上げて)こうやってとって見るんじゃなくて、(腰を折って野菜に顔を近づけて)野菜に自分から近づいて見てあげてくださいね」



・・・この道33年、内田悟さん。
メディアでもひっぱりだこ、話題の本の執筆者。
でも月一回のやさい塾は、こういう野菜のとらえ方を広げていきたいという強い想いから、無料で行っているということを知り、ますます感動しました。

わたしも、こういう人になりたい。
野菜に好かれる人。

また憧れの人が、増えました。

築地での野菜塾や料理教室は、いつも定員オーバーで抽選という状況だそうです。
今回、若松河田の野菜料理レストラン、ポアンさん3周年記念の企画で開催されることを知り、スケジュールみっちりなのを承知で、すぐに申し込みをしました。
やっぱり時間的には厳しい中での参加だったけれど、ほんっっっっっっとうに、行って良かったです!!!!!

ぜったいに、また会いたい人。
料理教室も、行きたい。
皆さんも是非、応募してみてください。そしてもし当選したら、どんな用事よりも優先して参加していただきたいなと思います。お子さんを預けてでも。それくらい価値のあることだと、わたしは感じまました。

この記事を読んで、ひとりでも多くの方が、内田さんのやさい塾に関心を持って、
一人でもいい、実際に申し込みをしてくれたら。

ほんのすこしだけれど、確実に、内田さんの思いを広めるお手伝いができたことになるのかなと、思っています。

築地御厨 内田悟のやさい塾
http://www.yasaijyuku.com
by rapisblue2 | 2012-10-29 10:59 | まじめなお話

ふくろうの森ケーキ

1年前、まだ、かぼちゃのおうちとして動き出したばかりだった頃に、Maru。さんをきっかけにご縁をいただいたお客様です。
昨年、お子様ではなくご自身のお誕生日ケーキとして、パンプキンクリームのロールケーキをお渡ししたのですが、今回も特別に作成させていただきました。(通常は丸いホールケーキが基本となります。)
いただいたテーマは「ふくろうの森」。
ロールケーキの木にふくろうがとまっているイメージや、
ご自身の好みのイラスト、雑貨のお写真などをメールで送ってくださいました。
d0236399_19265520.jpg

※お客様より、ケーキを召し上がった時のご様子を丁寧にご報告いただきました。ご了承を得て、全文掲載させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『昨夜、家に帰ってから早速、箱から出して見させて頂きました。
フクロウさん、私のイメージそのままを表現していて、第一声「かわいい!」と
とても興奮しました。
顔やお腹、細かいところまでこだわって作って頂いたのが、すごく嬉しかったです☆
フクロウの森をステキに表現して頂いてありがとうございます!
一緒に見た夫も、フクロウさんかわいいねぇ、食べるのもったいないねぇと話していました。

そして、今日。
ハッピーバースデーの歌を夫が歌いながら、ケーキを持ってくると、、、
娘はすぐさまケーキを見て「パン!(←食べ物はほとんどパンと言います)」と反応。
食べる前に私達がケーキの写真を撮っていると、娘はテーブルの上にのって
一生懸命ケーキを見ようとしていました。
フクロウにも気づいた様子で、フクロウを指差して「あ!」と言っていました。
すると、、、フクロウを手に取り、主役の私よりも先にパクっと食べられちゃいました笑
娘は自分が気に入らない食べ物は、ほとんど口に入れません。
今回作って頂いたケーキはとても気に入った様子で、スポンジもかぼちゃクリームもリンゴもバナナも全部食べて、おかわりまで要求していました。
もちろん、私も夫もとても美味しく頂きました。
かぼちゃクリームって結構、お腹にずっしりくるんですね。
しばらくお腹いっぱいで動けなかったです笑

今回のテーマ、家族3人でお祝いする。怜子さんのおかげで、私も夫も娘もみんな楽しくお祝いできました。
楽しいお誕生会をありがとうございます。
2年連続、怜子さんのケーキでお祝いできたこと感謝しています。
またぜひ来年もお願いできたらなぁと思っています。

それでは、また怜子さんにお会いできる日を楽しみにしています。
この度は本当にありがとうございました。』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のスケジュール上、ご希望のお日にちでどうしても都合がつかなかったため、前日、お子様がおやすみになってからの夜間のお渡しにご協力いただきました。

この秋から、ちらほらと、お誕生日ケーキぜひ今年もお願いします、下の子のお祝いで以前お願いしたけれど、今回上の子のお祝いでお願いします、など、嬉しいメールが入ってきていていて、本当にありがたく思います。


※お知らせ※
オーダーケーキのご注文につきまして、12月6日(木)までは、現在いただいているご予約でいったん受付を終了させていただきます。ご予約は週末から埋まりやすいです。12月8日(日)はすでにご予約をいただいております。どうしてもという方はお問い合わせ、ご相談ください。なお、お問い合わせのメールは順番に返信させていただいております。大変恐縮ですが、3日以内に返信がない場合は再度御連絡いただければ幸いです。
クリスマスケーキについては11月下旬にお知らせ予定です。

by rapisblue2 | 2012-10-28 21:13 | 彩り

グレイスフルスイーツ

昨日は午後の予定がキャンセルになり、ぽっかり時間が空いたので、久しぶりにお菓子の街・自由が丘に行って来ました。

11月3日(土)のVege&Fork Market出展に向けて、1年間、技術的にも精神的にも私を育ててくれた母校のようなお店に行って、初心を思い出したい、できれば後輩や店長とお話をしたい・・・と考えていたのですが、どう見てもスケジュールに隙はなく、あきらめかけていた時の突然の時間のプレゼント!!
これは行くしかない。導かれるように、毎日通い続けた懐かしい路線へ。


久しぶりに降り立った自由が丘。
毎日確かに来てはいたけれど、外に出るのは何かが不足した時の買い物や、銀行での両替くらいだったので、街をゆったり歩くなんてしたことがありません。
なんだか不思議な気分です。

お店に近づくと胸が高鳴る感覚がありました。

いざ入店してみると、退職前3日間だけ一緒に働き、引き継ぎをした後輩や、新しいスタッフ、そして店長も、にこにこ笑顔で迎え入れてくれました。
新スタッフは私が勤めていた当時、お教室の生徒さんとして通っていた方だったそうで、なんと私のことを憶えていてくれました。
こんな形で返ってくるなんて・・・感動のひと言です。

本来なら、スクール開講中でイートインはお休みの日だったのですが、特別に端の席に座らせてもらうことができました。
そして、出て来たのがこちら!!
d0236399_7402973.jpg

かわいい苺ちゃんに、名前まで・・・!!
ここしばらく、自分が作り手としてこういった演出をする側になっているので、思いがけずこんなサプライズをしてもらい、感激してしまいました。

実は私は、外食先で食事の写真を撮ることは、できるだけ控えています。
料理やスイーツの美味しそうな写真は大好きなので、人が撮ったものは喜んで見ているのですが・・・(苦笑)
小さい音であっても、シャッター音でお店の雰囲気、その場の空気感を壊してしまうことがあるし、出したてをすぐに食べてほしいというお店の方の想いを感じたりすると、できないことが多いです。
彩り、香り、盛りつけの立体感など感覚で味わって、手を合わせ「いただきます」、しっかり目に焼き付けてからいただきます。
そんな私が、「ああ〜どうしても撮りたいから許してっ!!」と思ってしまった一皿です。
(後輩たち本当にありがとう♡)
本当に嬉しくて、微笑みながらありがたくいただきました。
イートイン限定パンプキンブリュレ、まだ商品化していない、開発されたばかりのベイクドチーズケーキ、教室限定のレモンティーゼリー。
これらすべて、純植物性のスイーツです。

一緒にいただいたのは、お気に入りだったオーガニックソイアッサムティー。

しみじみとあたたかい気持ちに浸りながらも、手帳を開き、ためこんでいた仕事にとりかかると・・・
ここ最近では一番の集中力を発揮することができ、イメージがどんどん湧き出て、とってもはかどりました。また、店長には近況や考えていることなどを伝え、フィードバックをもらうことができました。
実際は2時間ないくらいだったのですが、思っていた以上に濃密な時間で、大満足です。

また、ちらっと寄った製菓道具店グランシェフさんで、探していた型をなんと半額で購入できたり、製菓材料店、雑貨店など、今度のVege&Fork Marketのブース作りに活かせそうな、イメージぴったりのものやステキな絵本を見つけたりと、今日、予定が変わって自由が丘に来られてよかった!と心から思える半日になりました。

そして、この本のことをふと、思い出しました。シンプルでとてもわかりやすくて、おススメです。
優しさを、注ぎ合おう。
d0236399_8231323.jpg

by rapisblue2 | 2012-10-23 08:36 | お気に入りのおみせ

かぼちゃの発芽から広がる種のおはなし

先日、パンプキンクリームのケーキを作るときに使った、【ベジタリアンフレンドリーファームきまた】さんの南瓜。なんと、発芽していました!!すごい生命力、繁栄力です。
d0236399_3582265.jpg

ご主人がもともと環境デザインのお仕事をされていた、きまたさんでは、景観が美しくないからという理由で、マルチなどビニールの類いを畑で使いません。循環しないものは使わない。
そして農薬はもちろん、遺伝子組み換え作物や合成飼料、投薬など、不自然な形で育ったことが懸念される動物の糞なども一切使わず、手作り堆肥だけの土からベジタリアンの畑です。


夏にご夫婦の畑にお邪魔してお話を伺ってきましたが、何よりも、おふたりの大地への感謝、野菜への愛情、野菜を信じる力に、わたしは、子どもと関わる時の自分のスタンスと同じものを感じ感動しました。
教えこみ、修正したり誘導したりしてこちらの都合で育てるのではなくて、
まずその存在に畏敬の念を持ち、感謝し、唯一無二の個性を愛し、楽しむこと。見守ること。受け止め、信じて待つこと。


もちろん農家さんは、天候に左右され収穫ができないと、それがそのまま暮らしに響くというシビアな部分があるので、単純に同じとは言えない、悠長でいられない部分もあるかもしれません。
けれど、きまたさんのところのお野菜たちは、急かされることなく、自然のままに育つことができて、もし「心」があるとしたら幸せだろうなあ、と思わずにいられないのです。

今回の発芽した南瓜を目の前にして・・・
まず、「生きている」っていうことを感じました。
そして「ああ、この命をいただくんだ」、と。これは写真では伝わり切らないものかもしれません。
「種なんだから、発芽するのは当たり前なんじゃないの?」
と、以前のわたしなら思っていました。
でも、それが当たり前ではない時代がもう始まっています。

遺伝子組み換えにより、
次世代の収穫ができない、子孫を残せない(自動的に翌年また種を買わなければいけない)ように、種がプログラムされているものがあることを知りました。
他にも、特定の農薬にだけ耐性を持つ種(その農薬とセットで購入する流れになる)など、人間都合での遺伝子組み換えは平然と行われていて、今後それらが認可され続けると在来種が消えてしまう恐れがあるとして、今、いっしょうけんめい、種を守る活動をしている方々がいらっしゃることも知りました。

南瓜に関しては、「庭に埋めた生ゴミのところから芽が出て勝手に育って実がなった」というエピソードをよく聞くくらい、もともと繁栄力の高いことで知られる野菜ですが、
それにしても、上記のように種がおかされていることを知ると、今回の発芽の件は強いメッセージを感じました。

人間の遺伝子への影響も懸念されている遺伝子組替え作物や、種についてのドキュメンタリー映画も国内外で制作されていて、想いのある方々が自主上映会や勉強会をひらいたり・・・
わたしの周りでは、問題に気付き、行動を変えていく人たちが増え、そのうねりがどんどん広がっています。

※近々公開される映画【よみがえりのレシピ】について、紹介されているサイトはこちらです。
      在来作物が農を地域をよみがえらせる!映画『よみがえりのレシピ』10/20より渋谷で上映!



すこし話がずれましたが・・・

色々な考え方があると思うのです。

たとえばお肉を食べない理由に「動物がかわいそうだから」「動物を守るため」を挙げる方がいます。
これについてここではノーコメントとさせていただきますが、
ただ言えるのは、野菜も私たちの食べ物である前に、それぞれが自然界で育まれる命だということです。
わたしは正直、この南瓜と向き合って、感情が揺さぶられました。それだけの力が、野菜にもあります。それを感じさせてくれる、きまたさんのもとで育った野菜たちが、わたしは大好きなのです。
ダンボールいっぱいで送られてきたお野菜たちを前に、かわいいかわいいと思わずしゃべりかけてしまうくらいです(笑)。

【ベジタリアンフレンドリーファームきまた】さんのお野菜は、宅配が基本ですが、今週末に代々木公園のNHKホール前、ケヤキ並木で開催される【東京ベジフードフェスタ】で21日のみ、出展されるとのことです。
この機会にぜひ、きまた夫妻に、そしてエネルギッシュなお野菜に触れてみてください。


※きまたさんとの出逢いは、私が週2日スタッフをしている野菜料理CAFE KIRAKIRAでした。
オーナーのTOMOKAさんが、きまたさんのお野菜は全然違うの!!と絶賛し、それこそ本当に幸せそうに料理をしていたことから関心を持ち、この夏念願かなって二人で訪問してきました。
CAFE KIRAKIRAでは、その週届いたお野菜でメニューを決めています。

最後に、先日の CAFE 一周年感謝祭についてのTOMOKAさんのブログをご紹介します。
すこしでも多くの方に、この想いが届きますように・・・。
http://ameblo.jp/cafekirakira/entry-11375911493.html
by rapisblue2 | 2012-10-18 05:34 | まじめなお話

女の子らしく可愛い世界で♪キティちゃんと一緒のケーキ

2歳になるお子様がキティーちゃんにはまっているとのことで、「キティーちゃんを入れていただけると嬉しいです。またピンク系やお花、女の子らしい可愛い世界が好みのようです。」というメールをいただいていました。
d0236399_18402847.jpg

フルーツ大好きと伺っていましたので、桃、ぶどう、バナナ、苺(この時期には珍しく、たまたま手に入ったのです!)と、中にも上にもたっぷり使用させていただきました。

お客様より:「お忙しい中、素敵なケーキをありがとうございました。娘も大好きなキティちゃんと果物いっぱいのケーキにとても喜びました。
誕生日ケーキは特別なものです。2歳の娘に安心して食べさせることのできる素敵なケーキ☆大人も大満足で美味しくいただきました。
11月に柿生で開催されるVege&Fork Marketぜひ楽しみにしています。」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ママカフェMaru。さんをきっかけに、これまでも「ありがとうセット」を購入していただいたり、ブログをチェックしてくださったりと、応援してくださっている大切なお客様。
お子様のお誕生日ケーキを是非、と、なんと2ヶ月ほど前にスケジュール確認の御連絡をいただきました。
その後で、かぐや祭り出展のお話をいただき、日にちが重なってしまったのですが、出展当日の出発前、早朝のお渡しということで快くご了承いただきました。
お祭り前日と当日こそ、袋詰めや試食、荷物運びなど友人に手伝ってもらいましたが、製造に関してはすべて一人でやっているので、こんなわがままもお願いしなければならないことがあります。

かぼちゃのおうちは、本当に素敵な、あたたかいお客様に支えられているのです。

お客様にとっては1年に一度の大切なお祝い。
できる限り、お応えしたいと思っています。

・・・そういえば、かぼちゃのおうちでジンクスになりつつあることが、ひとつ。

私は、ご予約いただいているケーキ作成のスケジュールは公開していません。
それなのに、不思議なことに、一件お渡しが終わると、その日か数日中に、ご新規のお問い合わせをいただくのです。

一件一件に、かなり気持ちをこめてエネルギーを注いでいますので、このようなペースはとても助かっています♪


※お知らせ※
オーダーケーキのご注文につきまして、12月6日(木)までは、現在いただいているご予約でいったん受付を終了させていただきます。ご予約は週末から埋まりやすいです。12月8日(日)はすでにご予約をいただいております。どうしてもという方はお問い合わせ、ご相談ください。なお、お問い合わせのメールは順番に返信させていただいております。大変恐縮ですが、3日以内に返信がない場合は再度御連絡いただければ幸いです。

by rapisblue2 | 2012-10-17 19:01 | 彩り

Vege&Fork Market、さあ、次へ!

※お知らせ※
オーダーケーキのご注文につきまして、12月6日(木)までは、現在いただいているご予約でいったん受付を終了させていただきます。ご予約は週末から埋まりやすいです。12月8日(日)はすでにご予約をいただいております。どうしてもという方はお問い合わせ、ご相談ください。なお、お問い合わせのメールは順番に返信させていただいております。大変恐縮ですが、3日以内に返信がない場合は再度御連絡いただければ幸いです。


週末、ハウスクエア横浜でのVege&Fork Marketは無事に終了しました。
子どもブース、一日目は【まりこ☆みゅーじあむ】。
d0236399_757581.jpg

夏のような強い日差しで、特に前半、子どもブースは立ちくらみがするくらいの暑さ。急遽、布を使ってカーテンを作りました。
紙皿を使って、ゆらゆら揺れる鳥さんや、クルクルまわるコマを作る工作。ペンやシール、色紙、モールなど、色々な素材が揃いました。

また、数々の朗読劇、演劇、ナレーション、子ども遊び場プロデュースなどでご活躍されている まりりんさんが、無料でたくさんの絵本の読み聞かせ、紙芝居などを披露してくださいました。ミニ太鼓で効果的に音を出しながら、声の抑揚、表現の幅の広さなど、さすがプロですね!!

赤ちゃんから小学生まで、その子その子にあわせた本を選んでくださっていました。
サポートで入ってくれた【ひなたぼっこ】のメンバー(保育士の卵、小学校で特別支援学級に携わっている現役教諭)も目をまんまるくして、感動していました。
5ヶ月の赤ちゃんも、すばらしい反応を示し、その場のみんなが笑顔になっていましたね。

にぎわっている様子は撮影したものの、お顔が写っているお子さんの保護者の方にブログ掲載についてお話できなかったので、遠慮させていただきます。お天気も良くほんわかムードで、素敵な一日になりました。

まりりんさんは、毎月第4月曜日10時半〜11時、横浜市の幸ケ谷コミュニティハウスにて、乳幼児親子を対象のおはなし会【おはなしころころ】を開催されています。次回は10月22日(月)、お近くの方は是非、体験してみてくださいね。(参加無料、当日受付です。)

また、11月16日(金)〜18日(日)には、横浜の相鉄本多劇場にて、
11月24日(土)には神奈川芸術劇場大スタジオにて、それぞれ舞台に出演されます。楽しみです!!


さて、二日目は【ひなたぼっこ】。オープン前のミーティング風景です。
この日は全員、現場でプロとして働いて4年以上、子どもたちのどんなことも大らかに受け止められる、どーんと安定感のあるメンバーでした。
現役保育士、元/現役幼稚園教諭、現役養護学校教諭などです。
d0236399_863742.jpg

柿生ではバムボム作りなどを行いますが、今回は完全無料の遊び場のみにしました。
この日は、通り過がりの方に「ひなたぼっこだって〜」と失笑されるくらい、どんより曇っていて、午後からは雨も降り、とても寒くなってしまいましたが(笑)。
それでも、ひなたぼっこブースは一日通して明るい笑い声がいっぱいで、ゆったりしていて、お客様は少なかったけれど、やって良かったなあと心から思っています。前日の残りの紙皿に加え、紙コップ、楽器(ミニ太鼓、カホン、アサラト、リコーダー等)などを用意し、その時いる子どもたち、ひなたぼっこメンバーとで、自由に遊びを展開していきました。
前半は特に、紙コップタワーのチャレンジが人気でしたね!

そういえば、ひなたぼっこブースにいらしたお客様の中で、驚くべき再会がありました。
なんと3年前、パルシステムの食育リーダー養成講座で同期として共に学び、プログラム最後のプレゼンテーションも同じチームだった方が、お子様連れでいらっしゃったのです。お互い、あれ以来連絡が途絶えていたものの、とても大切な仲間という気持ちはありました。こんなところで会えるとは思ってもおらず、本当にびっくり、そして感激です。
彼女は今、体質改善のためにお子様と一緒に食事療法をされていて、Vege&Fork のことを知り、わざわざこのイベントのために足を運んでくださったとのことでした。

こういうことがあると、本当に本当に嬉しいです。
最近やっと20代から色々やってきたことがつながってきて、自分の中に揺るぎないものができつつあります。

思えば、食育という言葉が流行り始める少し前、施設勤務時代に、通信教育で食育について学んだのが始まりでした。それでも当時は、体力勝負の仕事に身体がついていくので精一杯。介助しながらの食事なので、自分がどんなに空腹でも介助が優先、満たされることはなかなかなく、勤務終了後に厨房で残り物の果物や唐揚げ、ハンバーグなどいわゆる「がっつり系」のおかずをもらって、エネルギー補給をするという生活。
疲れたといっては、チョコレートを平気でどっさり食べていました。
高校時代から自然食に興味はあったものの、それどころではないという感じで。
マクロビオティックなんていう言葉も知りませんでした。

でも結婚後、それを埋めるかのように、様々な出逢いがあり、学ぶ機会が与えられました。
国がすすめる食育(主に西洋の栄養学がベースの考え方)からの視点、日本の伝統的な食や哲学を基本としたマクロビオティックからの視点、ベジタリアンという生き方(健康のため、環境のため、動物愛護のためetc)からの視点、農家さんからの視点、飲食業からの視点。
東日本大震災の後からは、放射能汚染を踏まえた危険、安全という視点。

それぞれ個性があり、違うけれど、でも本当はどれも、自分や誰かが幸せであるために始まったもののはず。対立したり、いがみあったり、否定したり、ということがあるとしたら、何かがずれているのだと思います。
本来、食は、頭で食べるものではありません。

私はこれからも、何かに限定することなく、視野を幅広く持っていたいと思っています。
Vege&Fork Marketに携わっているのは、何よりも、こうした思いを理解しあえるリーダー、戸田夫妻の人間性が好きだからです。

長くなりましたが、11月3日(土)、4日(日)、いよいよ本拠地、麻生環境センターでのVege&Fork Marketを開催します!!
d0236399_9191077.jpg

今回、私も【かぼちゃのおうち】として、初出店することにしました。
色々な方に、「出たらいいのに〜」「出ないの?」と言われ続けて1年。
やっと覚悟ができました(笑)。
【かぼちゃのおうち】の出店は、11月3日(土)のみです。
メニュー内容など、詳細決まり次第、UPしていきます。

なお、今回子どもブース【ひなたぼっこ】は、ニューフェイスも入り人数が増えたことと、数回イベントを経験してくれている心強いメンバーがいることなどを考え、夫を中心にお任せすることにしました。こちらも静かに準備が始まっています。

どうぞお楽しみに!!
by rapisblue2 | 2012-10-16 09:40 | お知らせ

今週末はVege&Fork Market@ハウスクエア横浜

明日、あさっての土日、横浜市都筑区中川の住宅展示場【ハウスクエア横浜】にて、中規模のVege&Fork Marketを開催します。
d0236399_04868.jpg

私は今回も子どもブースの担当(コーディネート)です。

13日(土)は、一時期、私が朗読を習っていた先生が来てくださることになりました!
まりこ☆みゅーじあむの、まりりんさん こと川井眞理子さんです。
(川井眞理子さんのプロフィールをご紹介)
2004年にまりこ☆みゅーじあむを設立。「あらしのよるに」「やまなし」他上演。乳幼児~大人までを対象に、音楽やことば遊びを取り入れ小さな読み聞かせ~劇場公演まで、幅広い表現活動を展開中。本読み会「桃」も開催。2010年神奈川演劇連盟に加盟し、2011年春神奈川芸術劇場中小スタジオにて「あそびば」企画構成を担当する。数多くの朗読公演の他、中越地震復興支援ミュージカル出演・人形の家プロデュース公演・劇団だるま座舞台出演など様々な舞台の経験あり。みなと横浜演劇祭実行委員13年継続。TV・CM・映画出演。
私達は、大人も子供も楽しめるお話をたくさんの方に知ってもらいたいと思い、本が好きな仲間で集まったグループです。小さな読み聞かせから、劇場公演、幼稚園~中学校公演等、地域に関わりながら、対象年齢やジャンルを問わない、言葉遊びや生演奏を取り入れた楽しいお話をお届けします。


今回は主に工作のご用意をしています。
そして、ある時突然?! まりりんさんの絵本の読み聞かせが始まりますよ。
まりこ☆みゅーじあむ のブースで、まりりんさんをサポートする形で参加します。
まりりんさんとご一緒するのは数年ぶり!! どんな一日になるかな?とっても楽しみです。

14日(日)は、柿生でも大盛況だった、おなじみ ひなたぼっこです。
ひなたぼっこは、主に教育や福祉の仕事を目指す学生、現職教員などの才能あふれる仲間たちの集まり。何が起きるかな? どんなことしようかな? 来てのお楽しみです!

そして、個人的に特にご紹介したいのが、横浜シュタイナー学園保護者有志の会、おひさまカフェの出展です。いつか出ていただけたらいいなあと思っていたので、出展を知った時は感激してしまいました。
まだこのブログに書けていないのですが、今年、シュタイナー教育に触れる機会を比較的多く持つことができ、結果としてとてもステキな出逢いとつながりができたことをとても嬉しく思っています。
このストーリーは、また改めて。

また、世田谷でも、暑い中 出展してくださった、マタニティ雑貨、ベビー、キッズ用品など、思わず立ち止まってしまう良質な品揃え、MOPLEさんが来てくださいます!
私は前回、竹布製品、オーガニックコットン製品のアウトレットを購入しました。どちらもさすがの使い心地で、大満足しています。他にも気になるもの(自然塗料のみを使用し、職人の手磨きでつやつやに仕上げられた美しいおもちゃ等)たくさんあったので、今回もお店の前でうろうろしてしまいそうです。

もちろん他にも、魅力的なお店がいっぱいです!
出展店舗のご紹介やリンク、詳しいアクセスなどは、こちらをご覧ください。

楽しい週末を、ご一緒に過ごしましょう♪
by rapisblue2 | 2012-10-12 20:49 | お知らせ

麻生.TVにゲスト出演させていただきました

先日、新百合ケ丘アートセンター前で公開生放送された麻生.TVに、来月開催するVege&Fork MarketのPRで、スタッフとしてゲスト出演させていただきました。
d0236399_11481720.jpg

主催者であり大切な仲間である戸田希さんも一緒で、途中から飛び入りで夫も参加。
自分が何を伝えたいのかという思考整理はしたものの、きちんとした台本は特に用意しませんでした。それでも思ったほど緊張もせず、つっかえつっかえではありますが、自分らしくお話できたかなと思います。とても楽しい30分間でした。
(間を待ってくれる、ローカル番組の ゆるさ が、ありがたかったです。)

第五回Vege&Fork Marketが開催される麻生環境センターは、新百合ケ丘のお隣、小田急線柿生(かきお)駅から少し歩いたところ。

その柿生駅前ひろばで、10月21日(日)には、禅師丸柿祭りが開催されます。
(柿の詰め放題、柿の種とばし、太鼓、ダンスなど盛りだくさん!)

柿祭りの実行委員代表 西村さんもご一緒させていただきましたが、そのお話が、とってもステキで、たくさんたくさん、うなづいてしまいました。
別のイベントなのですが、想いは一緒だなあと・・・。
本当にあたたかい気持ちになりました。

柿生は、歴史ある商店街がありますが、最近は若手が中心となって 柿生なう。という地域活性化コミュニティを立ち上げるなど、今後がとても楽しみな街です。
ゴミ拾い、挨拶、ラジオ体操など、いいと思うことを笑顔で続けていく姿に励まされます。

駅前通りのパンとお菓子のお店、ミツバチの2代目店長も、同世代でとっても朗らかでステキな方なのですが、実は前回のVege&Fork Marketでは、彼が駐車場の誘導などでめいっぱい動いて、影でイベントを支えてくれました。
彼のお店は、Vege&Fork Marketでは使用しない卵、乳製品、白砂糖などを使うパンやお菓子のお店です。キレイ事は嫌なので正直に言うと、マクロビオティックがベースとなった食生活をしている私にとって、毎日は食べられないものもあります。
けれど、自分のお店や商品に愛情を持ち、地域のため人のために一生懸命に働く彼のことを、私は心から応援したいと思っています。
彼がいるから、彼が作っているから、お店に行く。
同じ200円というお金を出すのなら、彼のお店で出したい。
そういう気持ちにさせてくれる店長さんです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2ヶ月ほど前、映画『happy〜しあわせをさがすあなたへ』を観てきました。
心理学や脳医学の世界的権威が科学的に「幸せ」を考察しています。とても興味深い映画でした。

例えば、カリフォルニア大学の心理学教授・リュボミアスキー博士によれば
「人間の幸福の約50%は遺伝に左右される。一方、財産や社会的地位を含めた生活環境は人の幸福に10%程度しか貢献せず、残りの40%は意識的に日常の行動やふるまいを変えることで最大化できる」のだそうです。

また、地域のコミュニティに属している人ほど健康で幸せな人生を楽しんでいるというレポートもありました。
柿生の皆さんの笑顔がステキな理由が、わかった気がしました。

皆が親しくなる必要なんてないし、そんなことはできないし、強要されるべきでもないと思います。
(私は本来、集団行動、群れるのが苦手なタイプです。)
ただ、一人一人が、自分だけで生きているのではなく、自分の暮らしのためにどこかで誰かが動いてくれていることを意識することは大切ですよね。
そして、もし余裕があったら(もしくは自分で余裕を作って)自分なりの形で参加したり、協力したりすればいいと思っています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、話を戻しますが、麻生.TV放送前は、プロの方に時間をかけてヘアメイクをしていただき、こんなことは自分の結婚式以来?!せっかくだからと写真撮影までしていただきました!

わたしは普段、美容にお金も時間もほとんどかけておらず、メイクは数分ですませ、服も夫と共有していたりするくらいなのですが、やはりきれいにしていただくのって、嬉しいものですね。
いい記念になりました。
(ちなみに、私のヘアセットをしてくださったのは西村さんです!)

関係者の皆様、このような機会をいただき本当にありがとうございました。

番組は、番組のサイトからいつでも観ることができますので、お時間ありましたらぜひご覧ください♪        →→→麻生.TV

こちらでは来月の柿生のVege&Fork MarketのPRでしたが、今週末は「あなたの街でVege&Fork Market」、横浜市都筑区中川の住宅展示場、ハウスクエア横浜にて開催します!詳細は改めてUPします!
d0236399_12563938.jpg

by rapisblue2 | 2012-10-09 13:06 | ステキなおともだち

子どもといっしょに読みたい詩

朝がくると 

         まど・みちお


朝がくると とび起きて
ぼくが作ったのでもない
水道で 顔をあらうと
ぼくが作ったのでもない
洋服を きて
ぼくが作ったのでもない
ごはんを むしゃむしゃたべる
それから ぼくが作ったのでもない
本やノートを
ぼくが作ったのでもない 
ランドセルに つめて
せなかに しょって
さて ぼくが作ったのでもない
靴を はくと
たったか たったか でかけていく
ぼくが作ったのでもない
道路を
ぼくが作ったのでもない
学校へと
ああ なんのために

今に おとなになったなら
ぼくだって ぼくだって
なにかを 作ることが
できるように なるために

d0236399_15331458.jpg


ある場所で、ちょっとした問題が起きて、それについて夫婦で話をしました。
問題そのものは我が家のことではないのですが、
大人、子ども、それぞれの立場や、かかわりについて、本質的なことを考える必要があったためです。

話している中で、

「なぜそうするのか」
「何のために動くのか」

という背景について、はっきり、くっきりと出て来ました。

「想い」です。簡単に言ってしまえば、「やりたいか、やりたくないか」です。


それを踏まえて大人である自分たちは、子どもに対し、同じ大人に対し、どのようなアプローチをするのか。

・・・これは職業柄というか、お互いにもう趣味とも言えるくらい、よく話す内容でもあります。


たとえば「ルールを守る」ということについて、言葉や理論で教え込まれて「周りに迷惑だからこうするべき」で動くのもひとつだけれど、その「周りに迷惑」というのは一体どういうことなのか、自分を含め、本当に理解している人ってどのくらいいるのだろう、とふと思うことがあるのです。

こうで、こうで、こうだから迷惑。だからしてはいけない。
こうで、こうで、こうだから喜ばれる。だからきちんとしよう。

その「こう」は、実際はだれか別の人の経験や思いの刷り込みだったり、
逆に自分の価値観の中だけでの思い込みだったり・・・。

その子、その人が心から「守りたい」と思うこと、
その思いから行動することこそが、人の心を打ち、響かせ、自然と広がっていき、ルールなんて忘れ去られるくらいの愛ある関係ができていくのでしょう。
私は自分の歩みをふりかえって、損得勘定などの思考よりも何よりも結局は「やりたいか、やりたくないか」「気持ちが良いかそうでないか」で動いたことが、明るい未来や豊かさにつながったという実感を持っています。それは今では、確信となっています。


上でご紹介した まど・みちお さんの詩の中の

「ああ なんのために」

は、とっても大きな問いかけですよね。

子どもだけでなく、大人にとっても。



最近、いじめに関するニュースが多いです。
いじめを防止する条例まで、できました。

新聞では、子ども時代に母親を自死で亡くした経験から、
命の大切さを伝えるための命の授業をしている、27歳の女性がいることを知りました。

これらを受けてわたしは、思ったのです。

たとえば、この『朝がくると』というひとつの詩を題材に、何週間もかけて丁寧に丁寧に、ひとりひとりの言葉を汲み取ったり、意見交換したり、ひろい社会のことを学び考える授業をしたら、いじめみたいな ちっぽけなことになんて、興味がなくなるんじゃないだろうかって。


せかいは、ひろい。

日本から出て海外に!、もちろんそれも素晴らしい。でも、そういうことではなくて。

いろんな人がいるっていうこと。

いろんな仕事があるっていうこと。

たくさんの人を好きになって、嬉しい気持ち、さびしい気持ちを感じること。

なにも、みんなと親しくなんてならなくていい。そんなの無理だもの。

誰かひとりでも、かっこいいなあ、魅力的だなあ、好きだなあ、優しくしたいなあと思える人がいて、同じように自分のことを大切にしてくれる人がいたら(恋や愛に限らず)、その感覚はどこにいっても通用する才能。それで、充分だと思うのです。



家族や友達と一緒に、きれいな日本語をたくさん、使ってほしい。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あいしてる

     谷川俊太郎

あいしてるって どういうかんじ?
ならんですわって うっとりみつめ
あくびもくしゃみも すてきにみえて
ぺろっとなめたく なっちゃうかんじ

あいしてるって どういうかんじ?
みせびらかして やりたいけれど
だれにもさわって ほしくなくって
どこかへしまって おきたいかんじ

あいしてるって どういうかんじ?
いちばんだいじな ぷらもをあげて
つぎにだいじな きってもあげて
おまけにまんがも つけたいかんじ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by rapisblue2 | 2012-10-05 15:52 | まじめなお話