<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Vege&Fork Market ゴミを減らしたい!

今週末のVege&Fork Market。いよいよ近づいてきて、ドキドキしています。
スタッフは確認と準備作業に追われています。出展者の方々も、もう仕込みに入られていますね。初めてお会いする方も多そうなので、お会いできるのを楽しみにしています!

みんなでつくりあげていくイベントです。そして私は、このイベントにとって、来場者の方々はお客様であるのはもちろんのこと、大切な仲間という気持ちでお迎えしたいと思っています。

これまでの開催で、「Vege&Fork Marketって、雰囲気いいよね〜」というお言葉をいただいてきました。

急行の停まらない柿生という駅、郊外の麻生環境センター並木道。

このゆったりとした環境も雰囲気づくりにかなり貢献してくれていますが、

想いを胸に手作りされたものを、大切に販売してくださる出展者の皆様、
上手にギャラリーを巻き込みながら、心地よい音楽を演奏してくださるアーティストの方々、
存分に味わってお買い物しておしゃべりして、と楽しんでくださっている来場者の方々、
そして気の置けないスタッフたち。

誰が欠けてもVege&Fork Marketではないのです。

柿生という土地で、このイベントが続けられるということ。
これはもう、とにかく、休日に(もしくはお休みをとってまで)足を運んでくださるたくさんの方々のおかげです。ありがとうございます。

もう6回目、まだ6回目。

私たちスタッフは、その都度フィードバックしあい、ご意見やご感想をもとに、前回より今回、今回より次回、と、少しずつではありますが、よりステキなイベントにするべく意見交換をしています。
d0236399_20413520.jpg

前回から導入したのが、ゴミを減らそうというキャンペーン。
新しくメンバー入りしたスタッフが、ap bankフェスに参加したことがあるとのことで、色々な情報が入ってきました。とにかく使い捨て食器などのゴミを限りなくゼロにするため、徹底しているのだそうです。参考になりました。

↓素晴らしい取り組みです。マイカトラリーは持参率100%を目指している。目指すところが高いですよね。ぜひ、ご覧ください。
ap bank fesのとりくみ
マイ食器・リユース食器

これらを受けて、私たちもひとまずお試しでやってみようと、
マイ食器持参を呼びかけたり、リユース食器の貸し出しを試みたり。
が、前回はPRが弱かったことと、私たち自身が半信半疑だったこともあり、正直、良い反応や成果が得られませんでした。

ゴミを減らしたいというメッセージや、
瓶や缶は購入したお店で回収しているということも、目につくように貼りました。
個人のゴミを持ち帰っていただくため、レジ袋ストッカーを設置したりもしました。
それでもイベント中、あっというまに溢れ返るゴミ箱、終了後の大量のゴミの山に、スタッフみんな、ため息。

その後、私たちが思ったことは。

ゴミは少ないのが良いに決まっている、そんなことはみんなわかっている。
でも、そのために不便さや食べづらさを感じて、我慢しているのは、なんか違うよね?
食器って、すごく大事なんだよね。
質感とか、色とか。それで料理の味も、コーヒーの味も変わる。
地球のため、ゴミを減らすため。
もちろんストレートに、そのために動ける人はすばらしい。
でもやっぱり、楽しくなくっちゃ、美味しく食べられなくっちゃ、わざわざ不便なことしようと思えない、という人のほうが多いんじゃない?


・・・そんな中見つけた、メイン素材にバンブーファイバーを使用して作られたエコ食器。

「これ、かわいい!!これ、いい!!」

スタッフ(とくに女子)のテンションが急上昇したその商品を、思い切って導入することにしました。貸し出しではなく、販売です。以下、商品詳細です。

・・・・・・・・・・・・・・
軽くて丈夫なバンブーファイバー素材、カラフルで豊富なカタチはデイリーユースはもちろん、ホームパーティーやアウトドアなど、みんなが集まるシーンで活躍すること間違いありません。
日本ではまだあまり馴染みはありませんが、パーティー好きでECO意識の高い欧米では人気の素材です。

【究極のECO】
竹のフローリングやカーペット等の製品の廃材や切り端を粉砕したパウダーは原料の一部です。

【安全・安心はあたりまえ】
バンブーファイバー(竹の繊維)を主な原料として作られています。竹を細かく粉砕し、パウダー状にしてからコーンパウダー等の添加物や色素を加え、熱と圧力で成型します。※食品、添加物等の規格基準」(厚生労働省告示第370号)による検査をクリアしております。
・・・・・・・・・・・・・・・
写真や詳細については、こちらをご覧ください♪

Vege&Fork Marketではマイ箸、マイ食器のご協力を呼びかけています。会場をみんなでクリーンに!
・・・・・・・・・・・・・・・

もちろん各自マイ食器をお持ちいただくのは大歓迎!ハギレや余っているレジ袋などもお持ちいただくことをおすすめします。

「お客様が増えたね。」
「でも、ゴミは減ったね!」
「みんな、いろんな器で食べてるね♪」
「みて、あの人のマイ食器かわいい〜!」

こんな会話ができるくらいになりたいものです。

いつかはap bankのように、すべての人が積極的に楽しんで「ゴミがでない気持ちよさ」を体感し、それこそがこのイベントの醍醐味♪くらいになれたら、ステキです。

一歩一歩、進んでいきます。
まずは今週末。

あなたもぜひ!
Vege&Forkの歴史をつくる、
仲間になりませんか。


会場でお会いしましょう!
by rapisblue2 | 2013-05-16 21:29 | お知らせ

5月27日(月)かさねて塗って、かざりましょうの会@ママカフェMaru。さん

約1年ぶりに、ママカフェMaru。さんにてケーキのイベントを開催させていただくことになりました♪
Maru。さんではすでにお申し込み受付が始まっていますが、こちらで告知していませんでしたので、改めてお知らせします。

ケーキデコレーションの会 改め
   かさねて塗って、かざりましょうの会

【日時】2013年5月27日(月)13時〜15時 以降フリー
(ケーキじたいは1時間ほどで仕上がります)

【参加費】Maru。さん特別価格 3,500円(当日おつりのないようご用意ください)

【持ち物】エプロン、三角巾(髪を束ねられるもの)、保冷剤

【定員】5組(大人一名でも、お子様連れでも)※5月24日、満席となりました。以降キャンセル待ちで受付いたします。

【お申込】件名に 【Maru。ケーキの会 ○○(お名前)】
    本文に 【お名前、人数(大人1、子ども1)、ひとこと(お子様の年齢、アレルギーの有無など)】をご記入の上 squashappy☆gmail.comまで(☆を@に)お申し込みください。

〜〜〜
内容は昨年とほぼ同じで、こちらでご用意したスポンジ生地、クリーム、フルーツを、くるくるケーキ屋さんみたいな回転台や、パレットナイフ(ナイフといっても、切れない道具です)などを使って組み立てていき、お好きな口金をつけた絞り袋でデコレーションし、クッキーを飾って完成!一台お持ち帰りいただくという、たのしい会です。

ちょっとしたポイントはお伝えしますし、ご質問があればお答えしますが、かぼちゃのおうちのレシピや細かい作り方をお教えするお教室ではなく、親子でその時間をめいっぱい楽しみましょう!という会です。

お菓子作り、ましてやデコレーションケーキなどは、ご自宅で小さなお子さんと二人きりで!というとかなりハードルが高いと思います。
この企画は、準備や後片付けもご心配なく。
エプロンをご持参いただくだけ♪
生ものなので、できるだけ短時間で仕上げます。

世界にひとつのケーキを箱に入れたあとは、お話タイム。

かぼちゃのおうちで使用している植物性のスイーツ原材料についてや、
なぜ私が生クリームやバターを使わないのか、その背景などなど。

実際に、原材料の一部をご紹介し、その場でテイスティングもしていただきます。
また、保育的視点からお子さんと一緒に楽しめる工夫などもお話します。
簡単なおすすめのレシピ本などの貸し出しも!お気に入りを見つけてくださいね♪

これまでの開催は…
その時集まった参加者の皆さんからのご質問などからお話が広がっていき、毎回それぞれの話題。盛り上がりました♪
気軽に楽しく、お話しましょう!

場所を快く提供してくださるMaru。丸岡さんに感謝です。

6月以降の開催は気温が上がることもあり未定なので、この機会にぜひご検討ください。
なお、当方自宅でのプライベートな開催もご希望があれば可能です。
(じつはこれまでに4回くらい?開催しています)
内容も、ご希望により組み立てていきます。大人だけ、親子2組など。お問い合わせください。

お申し込みをお待ちしています!

昨年のレポート記事はこちら(昨年は1月から全5回開催。以下は一部です)
http://squashappy.exblog.jp/15355798/
http://squashappy.exblog.jp/15482718/

Maru。さんもいつもたくさん撮影してくださっていました!
http://ameblo.jp/norinori47/entry-11232639908.html

by rapisblue2 | 2013-05-15 16:58 | お知らせ

お花は知っていたのかな

とある人から、数年前に株分けしてもらった多肉植物。仲間は他にもいたのだけれど、枯らしてしまったりして。これはなんとか残って生き延びたもの。
一ヶ月前くらいでしょうか。にょきにょきっと一本だけのびてきて、その先に初めて小さな蕾ができて。
今朝、気づいたらめいっぱい開花していました。
d0236399_2032996.jpg

おもわず「あらあ〜!ひらいてたの!」と、ひとりで話しかけちゃいました。

この多肉くんを分けてくれた彼女、つい先日、めでたく入籍したのです。

ありがとう♪

おめでとう!!
by rapisblue2 | 2013-05-13 20:41 | 彩り

エネルギッシュな仲間たち!Wish&Personとコラボです

さあ〜♪
いよいよ今週末にせまったVege&Fork Market!
スタッフの自分が言うのも何ですが、佳境に入って来ましたよ。

一週間前の5月10日(金)には、出展者さんや出演アーティストさん、ご興味のある方々などにご参加いただいた『前週祭』が無事に終了しました。

『ベジコンVol.4×Vege&Fork Market〜前週祭〜』満員御礼、ありがとうございました!
※主催の戸田耕一郎氏のブログです

そして今日は、今回初めてご協力いただくことになった、芸能プロダクションWish&Personの皆様とお会いしてきました。
役者、モデルなど様々な才能をもったメンバーが、世界の珍しいオーガニックビールの販売、会場デコレーション 、ステージプログラムのプロデュースをしてくださいます!

初めてのコラボレーション。
どんな方たちなんだろう。
どんな関わり方になるのかな。
ちょっぴりドキドキしながら、事務所に向いました。
自己紹介をぐるっと終え、お話を伺ってみて、ほんとうに真剣に、お忙しい合間を縫って準備してくださっていることが伝わってきて。感動しました!!
Vege&Forkスタッフとカラーはちがうけれど、それがまたおもしろいのです。
一気に仲間が増えたような気持ち。心強く、ありがたい存在です。

以下は、メンバーの小林桃子さんより、当日のステージについてのご紹介です。

ゲストのアーティスト様は・・・
土曜日>佐野観さん
日曜日>poetoricaさん、りぽあのぴっち+さん
の出演が決まっています。

Wish&Personからは・・・
BAR班のビールを選んだ西澤毎育、
広告班でCMにも出演した大塚義明、
CM班チーフで頑張っている真木菜穂、
ステージ班並びに全体の統括をしているリーダー吉原友作、
そして、広告班チーフの私、小林桃子
がステージに立たせていただきます☆

ゲスト様のライブはもちろんのこと、私たちも最高のパフォーマンスが出来るように現在頑張っていますので、どうぞお楽しみに❤


上記のメンバーの皆様のプロフィールも掲載されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

http://wish-person.com/wordpress/


ホームページより
Wish&Personは、「個性を活かし、願いを叶える」をテーマに、エンターテイメントを幅広く発信していきます。世界のどこかで願いを持ち続けている人がいる限り、私達のエンターテイメントへの追求は続いていきます。『For Wish,For Person.』

...すてきだ!!


〜〜〜

さてさて、
5月5日の子どもの日には、麻生区の地域情報満載の情報配信番組、麻生.TVに出演。
今回もヘアメイクしてくださった美容室earchさんのブログでもご紹介いただきました!ありがとうございます。
アクセスしたその時にご覧いただける麻生.TV、お時間ありましたらぜひご覧ください。

前回出演した時よりも余裕があった、落ち着いていた!
と仲間から感想をもらいましたが、実は3月に、MCのおさむさんとは麻生区周辺のことや食のことについて、ミカンをお供にたっぷりとお話をさせていただいたのです。
そんなわけで、すっかりリラックスして(しすぎ?!)たのしい時間でした。

・・・ご一緒させていただいた、たまりのクメタマリさんのお話も、とってもありがたかったです。

動物性食品を使わない料理というのは、ハードルが高かったけれど、今回色々なタイミングが合わさって、出展に踏みこめたとのこと。
確かに、食品を提供する以上、アレルギーの問題は人ごとではありません。「何かあったら」という不安と緊張感と向き合って、それでも「出る」という決意をされ、私たちに歩み寄ってくださったのです。
私はこのことに感激しました。

たまりさんのような感性、意気込みで、ベジメニューにトライする飲食店が増えていったら、素敵ですよね。
海外のように、「ベジメニュー?あって当たり前でしょ〜!」に、いきなりならなくてもいいんです。もちろん、それは理想だけれど、本当は、ゼロから1になる過程には、すごく色んなことがあるはずで。気持ちの整理だったり、最低限、食材や調理法の知識だったり、とにかく、色々。
それらをポンと飛び越して、「まあとにかく、動物性使わなければOK。」というやり方も可能ではあるのですが、できあがった食べものは、きっとその味わいと、カラダに取り入れたときの感覚で、何かが違うだろうなと想像します。

番組中にも言っていますが、わたしたちVege&Forkスタッフは、
主義主張を広げようということではなく、小難しいことを頭で考えながら買い物してほしいわけでもなく、ベジと言うと狭まって窮屈に感じがちな食事やライフスタイルが、じつはこんなに楽しくて、らくちんで、面白い!というところが伝わったらいいな♪と思って、それぞれのスタイルで、ほっこりゆるゆる〜と関わっています。
意外かもしれませんが、スタッフの中にストイックなベジタリアンが一人もいないというのも、このチームの特性なんです。
なお、アレルギーの方のご来場を踏まえ、出展者の方々には重ね重ね、コンセプトへの理解を求めていますし、原材料について注意喚起をしています。

 アナフィラキシーとは?食物アレルギーを持つ乳幼児は5%〜10%はいるのではないだろうか

※主催の戸田耕一郎氏のブログです


〜〜〜

ほんとうにたくさんの方々に支えられているVege&Fork Marketは、今回で6回目を迎えます。
その間、結婚したり、子どもが生まれたりと、新しい家族ができたメンバーもいます。私たち夫婦の暮らしも戸田夫妻とのご縁によって、色々な出逢い、気付きとともに彩られていきました。

今日、皆で改めて確かめ合ったこと。

Vege&Fork の最大の強みは「人」そして、「つながり」。

ぜひ、この魅力を感じに、いらしてくださいね!

〜〜〜

今回わたしは、かぼちゃのおうちとしての出展はせず、ほぼスタッフとして動きますので、会場でスタッフTシャツを着た、トールサイズのショートカットを見かけましたら、ぜひお声がけください。「かぼちゃ」という単語には敏感なので、とっさの時は「か、かぼちゃさんっ!」と言っていただければたぶん振り返ります・・・(笑)。

ただ、これまで、Maru。さんのお菓子の会やイベント等でお会いした方、CAFE KIRAKIRAでおもてなしさせていただいた方、オーダーケーキをお渡しさせていただいた方、VegeYogaの託児でお会いした方など・・・ほんとうにたくさんの方と出逢う機会をいただき、お顔は憶えているのですが、失礼ながらお名前がパッと出てこないことがありそうなのです。
もしお会いした瞬間、わたしが「あっ!うっ、えーと・・・」となっていましたら、たいへん恐縮ですが、お会いした時のことや、お渡ししたケーキのことなど少しお話いただけたら、うれしいです!よろしくお願いいたします♡
d0236399_23421761.jpg

by rapisblue2 | 2013-05-12 23:42 | ステキなおともだち

聴きカフェ@かぼちゃのおうちレポート

高橋ライチさんの聴きカフェ@かぼちゃのおうち。

ライチさん、早速ブログにUPしてくださいました!
聴きカフェ@新百合ケ丘「かぼちゃのおうち」ありがとうございました!

音楽会に続き、初めての試みでした。
ハプニングあり時間が押してしまったりと、バタバタしたものの、皆さんゆっくりするつもりでご参加いただいていて、穏やかにお待ちくださり本当にありがたかったです。
20分聴いてもらう体験。ここ新百合ケ丘でもライチさんをご紹介できて感無量。
10名の枠をご用意し、最終的には9名の方に体験していただけました。

急遽、町田でロミリフレのサロンをしているaccoberyのakiちゃんも参加してくれて、ご希望の方にリフレも体験していただけたのが嬉しかったです♪ もちろん夫も私も、ライチさんも〜^^ ますます癒し空間になりましたね♪

ここで出逢った人たち、再会した人たち。セッションを待つ人、終えた人。スイーツ食べながら、お茶飲みながら。みんなが円卓囲んで和やかにおしゃべりしていて。かぼちゃのおうち図書の一部を置いておいたら、自然に手にとって読んでくださっていたり、大人が子どもに読んであげていたり…

そうそう、子どもたちの遊び相手と送迎を一手に引き受けてくれた夫がいなければ、成り立ちませんでした。キッチンから見ていて、本当に幸せな光景でした。ありがとう。ありがとう。

こちらは、今日きてくれた年長さんの女の子から手渡された妖精さんです。
d0236399_1292632.jpg

なんと、今朝思いついて自分で縫い始めたのだそうです。ママがセッションしている間も、ちくちく縫っていて・・・まさか私への贈り物だったなんて。渡されたとき、泣いちゃいそうでした。うれしくてぎゅーってしてしまいました☆
手作りのぬいぐるみをプレゼントされるなんて…生まれて初めてかもしれません。宝物です。

かぼちゃのおうちスイーツは写真を撮るのを忘れてしまいました!ライチさん、accoberyのakiちゃんのブログをぜひ。
(クランベリー入り米粉のしっとりケーキ、ほろにが抹茶ケーキ、苺のさわやかクリーム、トーフクリーム、甘夏とみかんのゼリー、デーツ&アーモンドのキャロブトリュフ)

今回は私も輪の中入ってしゃべったり遊んだりするつもりで【プチスイーツ500円】という設定だったのですが、やっぱり自分が食いしん坊なので・・・結局いろいろ作ってしまい、あれ?おかしいな?大サービスでした、今日の皆様、ラッキーでした!
…というか、かぼちゃのおうち、そんなことばっかりですが(笑)。

そんなわけで、ほとんどキッチンにいて12時間以上立ちっぱなしでも、ただうれしくてありがたくて、楽しかったです!

:::
いつかライチさんと…
いつかakiちゃんと…

遠い「いつか」を想像していたのに、突然チャンスがきて、両方一気に叶ってしまうというミラクルでした。しかもライチさんとakiちゃんは、以前からブログを読み合っていて今日が初対面だったと伺い、またまた、じ〜ん。

誰かと誰かがつながっていることを感じられること。その中に自分もいたんだ、と知る瞬間。

生きていると、こういうことが増えていく。

求めれば、地球の向こう側の人とだって瞬時に出逢い、無料でいくらでもやりとりできる時代。私たちが子どもの頃には考えられなかったようなスピードで、ご縁は広がっていきます。
このスピードの中で、あっという間に見失われ淘汰されていくものも当然あるでしょうし、その勢いと同じように強い絆がどんどん太くなっていくものもあるでしょう。

これは感覚的なものなので、すべての人に言えることではないかもしれませんが。

取捨選択が速まることで、喜怒哀楽(に含まれるたくさんの微細な感情、違和感)たちも置き去りになっていくことも増えていく(それ自体に気づかない)のかもしれません。

けれど、
どんなに便利になったとしても、私たちは生態系の中に生きる「人間」であって、
「便利なものを使う」ことはできても「便利な生き物」にはなり得ないのですよね。
自然界はいつでも美しく、最初からとってもうまくできている。私たちはその中の一部にすぎない、とも言えるけれど、でも実はこのことが既にどれだけ素晴らしいことなのか、を考えたときには、感動をおぼえます。

過去、現在、未来。複雑に絡み合う感情を持ち続け、不器用に、当たって砕けてを繰り返す。
周りから心配されることも多いけれど、やっぱりこういう生き方がしたいなあ。

そんな私は「自分の望みとつながること」で、人生が動き出しました。その大きなきっかけをいただいたのが、ライチさんのワークショップ@長野川上村でした。(懐かしい〜!)

今年も、子連れok企画がありそうで…おすすめです!!(空気がおいしい自然のなかで、ママの勉強中、子どもも楽しい!)
気になる方はぜひ、今後の告知をチェックしてみてくださいね。
d0236399_2503398.jpg

聴きカフェ終了後の談話中、ライチさんがお話を聴いているときの感覚を「川岸に座っているようなかんじ」とご自身で表現されていて、一同「ほお〜っ!」と。
アドバイスしようとか、何か気づかせようとか、一生懸命聴いてあげているよとか、そういう「我」を一切感じないのです。まさに、さらさらさらーっと流れているような。なのに、聴いてもらっているうちに、自分のなかに何かが生まれるのを感じる。(私の場合。)
これが、本当の意味で相手を尊重することなんだなと思うのです。

写真は、先月末に訪れた安曇野での一枚♪
どこまでも澄んで、清らかな川でした!


まいた野菜の種から芽が出たり、
6回目の結婚記念日に大きな気づきを得たり、
家族でゆったりお食事したり、
地元のUstream番組【麻生.TV】に夫婦で出演したり。

楽しかったGWも終了。
さあ、また新たな気持ちで、進みます!
by rapisblue2 | 2013-05-07 03:20 | ステキなおともだち

冬〜春のケーキ勢ぞろい(2)〜ありがとう〜

d0236399_15215924.jpg

私が今年からたいへんお世話になっているメンターのサプライズバースデーパーティで、作らせていただきました。渋谷のサプライズ現場まで、電車に乗って大きなケーキを持っていくのがいちばんドキドキしました(笑)。サプライズは大成功!この日にむけて、仲間たちでこっそり連絡をとりあい、絆ができました。たのしい企画でした♪


d0236399_152873.jpg

ご主人のお誕生日に、奥様からのオーダー。おまかせで、大人おふたりで召し上がるということだったので、普段なかなか使用しない素材も使って、スペシャルケーキを作らせていただきました。ケーキと一緒の写真を送ってくださり、うれしかったです。


d0236399_15314419.jpg

はらぺこあおむしの絵本が大好きという男の子。絵本のイメージで、思わず手づかみで食べたくなるようなモチーフを意識してみました。


d0236399_15335668.jpg

お友達みんなでお誕生日会。電車好きな男の子たちと、キティちゃん好きの女の子!会場にお持ちしたのですが、開けて見せた瞬間「でんしゃ!」と指差してくれてホッとしました(笑)。パンプキンクリームとりんごの組み合わせは、みんな大好きですね!(※南瓜が旬でないので、今はお休みです)


d0236399_1537451.jpg

すてきな夢をお持ちの大人の女性のお誕生日なので、大人っぽく。でも、裏にはお子様が大好きなくまさんを♪ケーキを見せると、お子様は自分のためのもののように喜んで、くまさんもケーキも無心で食べていたそうです。「スポンジとクリームとフルーツが絶妙で、来年の誕生日も同じケーキがまた食べたい気分ですw」なんて、うれしいコメントありがとうございました!


d0236399_15471150.jpg

ご自身のお誕生日、だけど家族みんながうれしいような、家族のイメージで…
笑顔あふれる、あたたかいご家族写真をたくさん送っていただき、どんなケーキにしよう!!とイメージするのが楽しかったです。自然を愛するご家族の様子が伝わってきたので、大地、川、光などをベースに、お写真にあった、クライミングや川下りのイメージを盛り込みました。


d0236399_15535134.jpg

いわずと知れた大人気キャラ、初めて挑戦しました。主役のお子様、興奮してちゃんと認識してくれたようで、うれしいです。丸みをおびた形で、線路も描きました。お姉ちゃんはまわりの丸いスポンジがお気に入りだったそうです♪


d0236399_155651100.jpg

百合丘の母に、感謝の想いをこめて♪


d0236399_1602775.jpg

赤ちゃんの時からお友達。3歳のお祝いと、お引っ越しする親子のお見送り会。ちょっぴりさびしいけど、また思い出してね。裏側は、HAPPY BIRTHDAYの文字。クッキーには「みんな」「仲良し」「3さい」「おめでとう」と、それぞれのお名前。大きかったけれど、みんなすごい勢いで食べてあっというまに、なくなっちゃったそうです(笑)。

※この日のことは、百合丘の母がブログにのせてくださっています♪


d0236399_164456.jpg

お名前のイメージでデザインしました。ケーキの半分はバニラクリーム、もう半分はショコラクリーム使用で、ミックスソフトクリームみたい。場所によって味わいがちがいます。小さなお子様はバニラのところだけ、大人はどちらも楽しめるように♪


d0236399_16154647.jpg

小さいサイズなのもあり、切り分けやすいデザインでとのご要望で、ごくシンプルにかわいらしくまとめました。大好きなキャラクターは、はずさずに♪カットするとボリュームたっぷり、フルーツもクリームもいっぱい!

d0236399_1620592.jpg

フルーツよりも、お豆が好き!昨年に引き続き、虹とひこうきのデザインを主役のお子様が希望してくれたと伺い、うれしくなりました。中は、米飴で炊いた小豆どっしり、パンプキンクリームも、煮て甘くなったりんごもぎっしり。いろんな好きなものがどんどん出て来て、楽しんでいただけたようです♪

d0236399_16351173.jpg

すべて世界にひとつですが、これは特に、他にはない!と言えるかもしれません。おじいさまとお孫さんが、同じお誕生日で同じ丑年ということで、牛コンビのお祝い、牛のモチーフをご希望。そして、ゴルフ好きなおじいさまなので、クラブやボールを・・・と、難題と思われましたが(笑)ふと思いつき、こんなケーキができました。ゴルフボールのクッキーは全部お孫さんが召し上がったそうです!

d0236399_16394075.jpg

「仕事でもプライベートでも、現在あるさまざまなご縁をしっかり紡いで、育てて、ステキな30代を過ごせたら」「グングンと太陽に向かって伸びるイメージで、双葉のデザイン」「1人1人へむけた‘ありがとう’。人生へのめいっぱいの愛をこめたい♪」「いろんな人とのつながり、ご縁っていう大地にめいっぱい感謝して、これからの人生芽吹いていけたら」・・・こんな想いのこもったメールをいただき、(他にも、昨年までのエピソードなど)胸に響きました。心から、応援しています。

:::
オーダーケーキを召し上がっていただいた方から、色んなメッセージをいただきます。
一部、ご紹介させていただきます。

「全体が何だかキラキラした雰囲気だし、お味はまったく重たくなくて、まるでフルーツをそのまま食べているようなフレッシュな感覚。何度でも食べたくなるお味でした。」

「誰かに気にかけてもらう、想ってもらうって、嬉しいものですよね。
こころが温まります^^
かぼちゃのおうちさんのケーキ、受け取って、開けて見て、口にして、その度にそんな温かさを感じられる素敵なケーキです☆」


「ケーキを見て感動して泣いたのは初めて!」


・・・じ〜ん。

ああ。うれしい!!

こういうメッセージをいただくと、ほんとうに励みになります。
お一人おひとりと響き合ったハーモニーを、ケーキに表現できたら、と思っています。
これからも、色々なことを見過ごさず、丁寧に感じたい。
お祝いすること、されること。どちらも、たっぷり味わっていたい!

これは、2月の誕生日に、サプライズで友人たちが集まってくれた時に、用意されていたタルト。私は、あまりにびっくり、感激してしまって、泣きました。大好きな友人、のんちゃん。彼女のタルトはやっぱり極上の美味しさでした。ありがとう!!
d0236399_171435.jpg



こちらも、サプライズ。ケーキをお届けした時に「おあがりください♪」とのことで、上がらせていただいたところ、なんと数日前だった私の誕生日をご存知で、お子様と一緒に作ったというマフィンを用意して待っていてくださいました。まだホカホカあたたかくて、小豆やレーズンの入った、ふんわりじんわり優しいマフィン。こういうものを、誰かに作ってもらうということがないのです。感動しました。(かわいいRちゃん。ありがとうネ♪)
d0236399_17113324.jpg


「ありがとう」は、めぐっていきますね。
いつもキラキラハッピーに!!は、ステキだけれど、私はとても言えません。グダグダすることも、メソメソすることも、やる気が出ない時もあります。でも「ありがとう」の気持ちだけは、いつでも新鮮さをもって感じていたいし、伝えられる人でいたいです。


〜〜〜
いよいよ、ライチさんがやってきます!!
5月6日(月)GW最終日に、コラボ企画!!
聴きカフェ@かぼちゃのおうち
ワンコインで20分聴きますby高橋ライチ、プチスイーツbyかぼちゃのおうち

後半にまだ空きがあります♪ 前日、当日のお申し込みもOKです♪
30分だけ、時間ができた!
・・・もし、そんなことがあったら、ぜひ御連絡くださいね^^
もちろん一人でふらりと、もOK。お子様連れもOK。新百合ケ丘〜送迎可能です。
by rapisblue2 | 2013-05-02 17:25 | 彩り